USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
May 1, 2020 1:14 AM ET

クアルコムは、COVID-19のために電話出荷が来四半期に30%減少すると予想しています


iCrowd Newswire - May 1, 2020

イラスト/アレックス・カストロ/ザ・バージ

クアルコムは、コロナウイルス大流行により、スマートフォンの出荷は今後数ヶ月で30%減少すると予想している、と同社は本日述べ、次四半期の以前の予測を削減した。

これは、同社が過去四半期に指摘した携帯電話の需要の21%の減少に加えて、今日の午後の決算発表で報告しました。クアルコムは、需要の減少にもかかわらず、第2四半期の収益は52億ドル(予想50億2000万ドルと比較して)にもかかわらず、Q2の収益予想を上回りましたが、純利益は劇的に減少し、前年同期比29%減少して4億6,800万ドルとなりました。

クアルコムは、今後数ヶ月間の売上に影響を与える可能性のあるコロナウイルス関連の要因が3つあると述べています。

同社はまた、ファーウェイとのライセンス紛争、ネットワーク展開、および「少数の顧客とライセンサイザー」と市場のプレミアムティアデバイスセグメントへの依存など、同社の四半期の収益に影響を与える可能性のある他の非コロナウイルス関連の要因を挙げています。

新しいデバイスの需要が減少すると予想されているにもかかわらず、Qualcommは2020年に出荷された5Gデバイスの当初の見積もりに固執しており、同社は今年1億7,500万台と2億2,500万台の5G電話出荷を見込んでいます。新興の5G市場はクアルコムのビジネスの大きな部分を占めており、同社のモデムはデバイスメーカーが次世代ネットワークをサポートするための唯一の実行可能なオプションの一部として機能し、Appleが今後の5G iPhone用のモデムにアクセスするために同社との継続的な紛争を解決せざるを得なかった。

Contact Information:

Chaim Gartenberg



Tags:    Japanese, United States, Wire