USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
May 4, 2020 1:39 AM ET

アップルのサービス事業は史上最高記録を更新し、コロナウイルスの影響を軽減するのに役立ちます


iCrowd Newswire - May 4, 2020
イラスト/アレックス・カストロ/ザ・バージ

アップルは本日、第2四半期の利益を報告し、COVID-19パンデミックがサプライチェーンと小売事業に与えた影響にもかかわらず、同社の回復力のある成長を示した。アップルの売上高は583億ドルで、昨年のこの時期に比べ1%増加し、1株当たり利益は2.55ドルでした。ブルームバーグによると、アナリストは538億ドルの収益と1株当たり利益2.23ドルを予想していた。

「COVID-19の前例のない世界的な影響にもかかわらず、我々はアップルがサービスの史上最高記録とウェアラブルの四半期記録によって駆動され、四半期のために成長したことを報告することを誇りに思います」と、CEOティム・クックがプレスリリースで言いました。「このような困難な環境の中で、当社のユーザーは、Apple製品に依存して、接続、情報提供、クリエイティブ、生産性を維持する新たな方法を提供しています。

2月、アップルは投資家に対し、世界中のiPhone供給の制約と、発生時の中国での製品需要の減少により、第2四半期の収益ガイダンスを満たさないと警告した。クックが指摘したように、ウェアラブルを除く第2四半期のハードウェア販売は全面的に減少した。AirPodsとApple Watchは、アップルのビジネスのその一部を前年比23%の成長に導いた。

</img src=”https://cdn.vox-cdn.com/thumbor/e37haloKvYNBqjIkmQm7bTowlak=/0x0:2040×1360/1200×0/filters:focal(0x0:2040×1360):no_upscale()/cdn.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/19336099/cwelch_191031_3763_0003.jpg” sizes=”(min-width: 1221px) 846px, (min-width: 880px) calc(100vw – 334px), 100vw” srcset=”https://cdn.vox-cdn.com/thumbor/aOTFtHBAVAraDYEYb5p_GWwLPEY=/0x0:2040×1360/320×0/filters:focal(0x0:2040×1360):no_upscale()/cdn.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/19336099/cwelch_191031_3763_0003.jpg 320w, https://cdn.vox-cdn.com/thumbor/WCDTn37NtY0cjYB4EBk1l-hLwpQ=/0x0:2040×1360/520×0/filters:focal(0x0:2040×1360):no_upscale()/cdn.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/19336099/cwelch_191031_3763_0003.jpg 520w, https://cdn.vox-cdn.com/thumbor/QZ4VTh8vOkR1zDiUWvmM_gQB0qI=/0x0:2040×1360/720×0/filters:focal(0x0:2040×1360):no_upscale()/cdn.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/19336099/cwelch_191031_3763_0003.jpg 720w, https://cdn.vox-cdn.com/thumbor/70mberZCI3J9q9Tfi4qljuB4zGA=/0x0:2040×1360/920×0/filters:focal(0x0:2040×1360):no_upscale()/cdn.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/19336099/cwelch_191031_3763_0003.jpg 920w, https://cdn.vox-cdn.com/thumbor/-bFb_mogn8AmlsTJSgao0iG6_D8=/0x0:2040×1360/1120×0/filters:focal(0x0:2040×1360):no_upscale()/cdn.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/19336099/cwelch_191031_3763_0003.jpg 1120w, https://cdn.vox-cdn.com/thumbor/GvPvcYE8rUGuQ2EwKRkDZf7FLOI=/0x0:2040×1360/1320×0/filters:focal(0x0:2040×1360):no_upscale()/cdn.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/19336099/cwelch_191031_3763_0003.jpg 1320w, https://cdn.vox-cdn.com/thumbor/QdoqSkANNuI4cWFJLLdUQ3uOTZk=/0x0:2040×1360/1520×0/filters:focal(0x0:2040×1360):no_upscale()/cdn.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/19336099/cwelch_191031_3763_0003.jpg 1520w, https://cdn.vox-cdn.com/thumbor/Ezb0nIOCrYDnXvmauV4EWP71M88=/0x0:2040×1360/1720×0/filters:focal(0x0:2040×1360):no_upscale()/cdn.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/19336099/cwelch_191031_3763_0003.jpg 1720w, https://cdn.vox-cdn.com/thumbor/aS8eDuMHMstwPNQ7dxB8S677DQo=/0x0:2040×1360/1920×0/filters:focal>

(0x0:2040×1360):no_upscale()/cdn.vox-cdn.com/アップロード/chorus_asset/ファイル/19336099/cwelch_191031_3763_0003.jpg 1920w”alt=”””データアップロード幅=”2040″/>写真:クリス・ウェルチ/ザ・バージ

ほとんどのハードウェアの売上が減少したため、Appleは、多くの人々が自宅で時間の大部分を過ごしているので、そのサービス事業(Apple TV Plus、Apple Arcade、Apple Musicなどを含む)が今四半期に明るいスポットになることを望んでいました。そして、サービスは133億ドルの史上最高の収益に達し、それは本当であることが判明しました。1年前、その数は115億ドルでした。

アップルの小売店は米国などで、中国本土と韓国の1つを除く。彼らはすでに再開しました – 保健当局が社会的な混乱のガイドラインに従い、可能な限り密度を減らすために人々を暗示し続けるので、3月中旬から閉鎖されています。しかし、クックは今日ブルームバーグ、オーストリアとオーストラリアの場所は今後2週間にわたって再び門戸を開き始めると語った。アップルは、「その特定の場所の状況に応じて、都市、郡別の都市」をさらに小売り決定します。

パンデミックはアップルが新製品をリリースすることを妨げていない。ここ数週間、私たちは新しいMacBookAir、iPad Pro(マジックキーボード付き)を見て、399ドルの第二世代のiPhone SEが消費者に道を開きました。同社は、毎年6月に毎年恒例のワールドワイド開発者会議のオンラインのみのバージョンを開催すると述べており、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVなどで次の主要機能が提供されることを期待できます。

アップルはGoogleと協力して、一部の地域が自宅での注文を解除し、正常な感覚を回復し始めるにつれて、ウイルスの拡散を遅らせるのに役立つことを期待して、連絡先トレースに利用されるAndroidとiOSの間の共同システムを作成しました。保健機関向けのアプリを作成する開発者は、今後のソフトウェアアップデートの一環としてiOSとAndroidに到着するように、より深い連絡先トレースが設定され、5月にシステムの使用を開始することができます

噂によると、アップルは今年のiPhoneラインナップのコロナウイルス関連の製造の遅れに直面している。同社の最初の5Gデバイスは、この秋に発表された後、通常の時間枠よりも遅く出荷される可能性があります。

クックはまた、アップルの従業員は少なくとも6月上旬までクパチーノ本社に戻らないとブルームバーグに語り、同社は温度チェックと継続的な社会的離脱を組み込む驚異的なアプローチを計画していると語った。

Contact Information:

Chris Welch



Tags:    Japanese, United States, Wire