USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
May 4, 2020 1:58 AM ET

アップルは「少数の」米国の小売店が5月に再開する可能性があると言う


iCrowd Newswire - May 4, 2020
写真:アメリア・ホロワティ・クラレス/ザ・ヴェルジュ

アップルは、コロナウイルスのパンデミックのために中国国外の場所を閉鎖した後、5月に多くの店舗の再開を開始する予定です。オーストラリアとオーストリアの店舗は今後2週間以内に再開する可能性があると、アップルのティム・クックCEOブルームバーグに語った。「いくつかの」店舗は5月前半にも米国で再開する可能性がある、とクックは付け加えたが、「多くはない」と付け加えた。

決定は「その特定の場所の状況に応じて」場所によって行われます」と、クックが言いました。ブルームバーグによると、アップルは中国国外に458店舗を展開している。

アップルは3月に大中華圏以外のすべての店舗を閉鎖し、それ以来、店舗は「さらなる通知まで」閉鎖されると述べている。アップルは4月中旬に韓国に単一の店舗をリニューアルしたが、それ以上の具体的な再開計画を以前に発表していなかった。

ブルームバーグによると、今週初め、アップルの小売責任者ディアドレ・オブライエンは、5月に「さらに多くの」店舗を再開する見込みだと述べた。アップルは当初、パンデミックが先にヒットした中国のすべての小売店を2月に閉鎖したが、3月中旬にそれらの店舗を再開することができた

店舗閉鎖は、アップルとその顧客にとって明らかな問題を提示している。売り上げの不足を超えて、Appleの主要な顧客サービスの1つ、つまり顧客が修理やデバイスを設定できる場所、通常はかなり迅速に混乱しています。当分の間、一部のお客様は、閉鎖のために取り出すことができない店舗内で立ち往生しているデバイスを修理しています。

店舗閉鎖はアップルのApple Care事業にも打撃を与えており、クック氏はより多くの顧客がオンラインショッピングを開始したと述べた。しかし、彼はオンラインショッピングへの移行が続くかどうか確信が持てない。「それが恒久的なシフトであろうと、私はそこまで行くことを躊躇します」と、クックは今日の午後の収益の呼び出しで言いました。「私は人々が外出するのが好きだと思う、彼らはちょうど今それを行う時ではないことを知っている。

アップルはまた、クパチーノ本社を少なくとも6月上旬まで閉鎖し続ける見込みだ、とクックはブルームバーグに語った。再開すると、同社は温度チェック、社会的な離脱とマスクの要件、および従業員のテストの可能性を計画しています。

Contact Information:

Jacob Kastrenakes



Tags:    Japanese, United States, Wire