USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
May 4, 2020 2:25 AM ET

クラリオは、インターネットの安全性、セキュリティ、プライバシーに関する無料の支援を提供します。24時間365日のサイバーセキュリティヘルプラインを発表


iCrowd Newswire - May 4, 2020

デジタルプライバシーおよびセキュリティ企業であるClario Tech Ltdは本日、プライバシーやサイバーセキュリティの課題の拡大に対してデジタルライフを保護する人々を支援するために、24時間365日無料のヘルプラインを立ち上げることを発表しました。専門家と消費者が同様に、主に家に閉じ込められているという新しい正常に取り組むにつれて、このヘルプラインは重要な助けになるでしょう。

世界中の人々は、staysafetogether@weareclario.comに電子メールを送信するか、ヘルプラインページを介してサイバーセキュリティまたはオンラインプライバシー関連のトピックに関するアドバイスのためにクラリオのヘルプライン24時間365日連絡することができます。

「パンデミックは私たちの日常生活に多くの不確実性を生み出しました。4月21日の時点で、FBIのインターネット犯罪苦情センターはCOVID-19詐欺に関連する3,600件以上の苦情を受け取っています」と、クラリオテック株式会社のアラン・ベイカー最高経営責任者(CEO)は述べています。日々のルーチンをオンラインで移行することで、人々がより快適に感じるのを助けたいと考えています。

多くの人々は、デバイス、ソフトウェア、オンラインサービスによって提示される課題に苦しんでいます。実際、最近の調査1では、アメリカ人の3分の1近くが、自分の個人データが第三者に販売されているかどうかを知らないことが明らかになった。アメリカ人の40%がオンラインクイズや調査で喜んで個人データを共有しており、平均してアメリカ人は14のアカウントで同じパスワードを使用しています。

クラリオのヘルプラインは、これらの課題を克服する人々を支援する便利な手段として役立ちます。600人以上のテレサイバーセキュリティの専門家がスタッフを配置し、オンラインワークスペースの保護、オンラインショッピングの安全な支払い、遅いインターネットの修理、デジタルウォレットサービスの設定など、オンラインプライバシーとセキュリティに関連するほぼすべてのトピックに関するアドバイスやガイダンスをいつでも求めることができます。さらに、プライバシーやセキュリティ侵害の標的になっていると疑う人、またはCOVID-19関連の詐欺は、Clarioのサイバーセキュリティ専門家チームが脅威をナビゲートし、被害者になるのを防ぐのを助けることができるように、直ちにヘルプラインに連絡することをお勧めします。

クラリオは今年6月にオープンベータ版で発売され、包括的で直感的なマルチプラットフォームサイバーセキュリティアプリになります。それは手持ちの24時間365日のセキュリティ専門家を統合する1つの簡単なインターフェイスのすべての保護の必要性をカバーする。デジタル脅威(マルウェア、ランサムウェア、スパイウェア)、お金の損失、個人情報の侵害、個人情報の盗難、デバイスのセキュリティ、データのプライバシーなど、リアルタイムで保護を提供します。クラリオはまた、BitDefenderやNordVPNを含む世界で最も洗練された信頼できるセキュリティプロバイダの一部を搭載した専門用語のない、ユーザーフレンドリーな体験を提供しています。

クラリオについて

クラリオテックリミテッドは、ロンドンに拠点を置くサイバーセキュリティ企業です。2019年に設立され、サイバーセキュリティに対する人間的で顧客に焦点を当てたアプローチで人々のデジタル生活を保護し、消費者チャンピオンとして行動することで、セキュリティソフトウェア業界を混乱させました。CEOのアラン・バーカーが率いるクラリオは、多数のApple認定技術専門家を含む800人以上の従業員を雇用し、2020年第2四半期に新製品を発売する。

ノート

1. クラリオとOnePollは、米国全土で18-55歳以上の2,000人を対象にオンライン調査を実施しました。データは、性別、官庁地域、労働状況内の年齢に関する既知のオフライン人口比率に重み付けされています。パーセンテージは、最も近い全体のパーセンテージに丸められます。

メディア連絡先:ジョセフ・ミルホランド、joseph@lightspeedpr.com

Contact Information:

Media Contact: Joseph Milholland, joseph@lightspeedpr.com



Tags:    Japanese, United States, Wire