USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jul 29, 2020 12:40 AM ET

2025年までの世界のデータ流出産業見通し – 主要市場シェアを維持する中華企業、アジア太平洋地域が全地域で最も急速に成長


2025年までの世界のデータ流出産業見通し - 主要市場シェアを維持する中華企業、アジア太平洋地域が全地域で最も急速に成長

iCrowd Newswire - Jul 29, 2020

「データ流出市場 – 成長、動向、予測(2020-2025)」レポートがResearchAndMarkets.comの提供に追加されました。

世界のデータ流出市場は、2020-2025年の予測期間中に12%のCAGRを登録する見込みです。

長年にわたり、企業が電子データやコンピュータネットワークに頼って日常業務を行い始めるにつれて、金融データと個人データのプールがクラウドに保存され、個人や企業組織がセキュリティ侵害の下で潜在的な負債にさらされるようになりました。例えば、2019年のアイデンティティ・セフト・リソース・センターの報告によると、セキュリティ侵害の件数は1,473件で、2018年の1,257件から17%増加し、ビジネス部門は44%、644件を占めています。

また、2019年は、Zynga、Facebook、アドビクリエイティブクラウド、キャピタルワンファイナンシャルコーポレーションを含む様々な業界の主要プレーヤーからの違反の一部を占め、2億1,800万件のデータレコードの漏洩を報告しています。

基本的に、コンピュータとネットワークセキュリティの機能は、不正な当事者がアクセスできない機密データを保護することですが、データの盗難は組織に影響を与え続けており、攻撃の性質は過去3年間で進化しています。例えば、最近のDNSセキュリティの調査によると、回答者の46%がデータ流出の犠牲者であり、45%がDNSポート53を通じてしばしばデータを流出させるDNSトンネリングの対象であったことが示されました。

悪意のある敵対者などの事例は、盗難の増加の主な理由であり、明らかに公開に伴う侵害の増加を説明し、偶発的な盗難はセキュリティトレーニングの重要性を活用し、それによって市場の成長に伴う増加したと報告されています。

さらに、クラウド サービスを活用したビジネス運用により、管理者によるクラウド サイト機能のセキュリティ保護されたアクセスを含む新しいカテゴリのデータ流出リスクが企業に公開されると、従業員はハッカーが仮想マシンを要求し、悪意のあるコードを展開し、機密データの送信を開始できます。

Futhermore、一般データ保護規則(GDR)、連邦情報セキュリティ管理法などの規制行為の遵守は、企業が知的財産の盗難をより懸念する傾向があります。

例えば、英国政府によるサイバーセキュリティ侵害調査2019によると、企業の合計11%と慈善団体の6%が特定のサイバーセキュリティ保険に加入しており、中小企業が31%、大企業が35%を占めています。また、企業の49%と慈善団体の32%が外部のサイバーセキュリティプロバイダーを持っているか、明らかに市場の成長とhackeroneなどのオープンプラットフォームの採用を促進するサイバーセキュリティのアウトソーシングを好みます。

主な市場動向


中小企業が主要な市場シェアを維持

アジア太平洋地域は、すべての地域の中で最も速く成長すると推定

競争環境

市場は、マカフィー社、ジュニパーネットワークス社、シスコシテムス社、および企業のセキュリティを強化する上で重要な役割を果たす他の巨人のようなプレーヤーの存在のために非常に断片化しています。市場志向は競争の激しい環境につながります。

主なトピック

1 はじめに
1.1 成果物の研究
1.2 研究の前提
1.3 研究の範囲

2 研究方法論

3 エグゼクティブサマリー

4 市場ダイナミクス
4.1 市場概要
4.2 市場の推進力
4.3 市場の制約
4.4 業界価値チェーン分析
4.5 ポーターズ 5 フォース分析
4.6 COVID-19産業への影響評価

5 市場セグメンテーション
5.1 組織規模
5.1.1 中小企業
5.1.2 大企業
5.2 コンコーン

Nt
5.2.1 ソリューション (暗号化、ウイルス対策、ファイアウォール、侵入検知システム、データ損失防止など)
5.2.2 サービス(ペネトレーションテストサービス、サポート&メンテナンス、統合サービス、サポート&メンテナンス、コンサルティングサービス)
5.3 エンドユーザーの垂直
5.3.1 銀行、金融サービス、保険(BFSI)
5.3.2 ITおよびテレコム
5.3.3 ヘルスケア・ライフサイエンス
5.3.4 政府と防衛
5.3.5 小売および電子商取引
5.3.6 製造業
5.3.7 その他のエンドユーザの垂直
5.4 地理
5.4.1北米
5.4.2ヨーロッパ
5.4.3アジア太平洋地域
5.4.4ラテンアメリカ
5.4.5中東アフリカ

6 競争環境
6.1 会社プロファイル
6.1.1 ノートンライフロック
6.1.2 マカフィー LLC
6.1.3 パロアルトネットワークス
6.1.4 グーグルLLC
6.1.5 フォルティネ
6.1.6 HP株式会社
6.1.7 シスコ システムズ 株式会社
6.1.8 GTBテクノロジー
6.1.9 チェックポイントソフトウェア技術
6.1.10ジュニパーネットワークス
6.1.11ハッカーロン株式会社
6.1.12バラクーダネットワークス
6.1.13ソフォスグループ plc
6.1.14ズスケーラー
6.2 投資分析

7 市場機会と今後の動向

このレポートの詳細については、https://www.researchandmarkets.com/r/q7j788

リサーチとマーケットはまた、集中的で包括的でカスタマイズされた研究を提供するカスタムリサーチサービスを提供しています。

メディア連絡先:

調査と市場
ローラ・ウッド、シニアマネージャー
press@researchandmarkets.com

E.S.Tオフィスアワーコール+1-917-300-0470
米国/CANフリーダイヤル+1-800-526-8630の場合
GMT営業時間コールの場合 +353-1-416-8900

米国ファックス:646-607-1907
ファックス(米国外): +353-1-481-1716

Contact Information:

Research and Markets
Laura Wood, Senior Manager
press@researchandmarkets.com




Tags:    Japanese, United States, Wire