USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jul 30, 2020 1:37 AM ET

まろやかなあなたは月額料金を支払わない限り、その「スマートな」スーヴィードマシンダムを作った


まろやかなあなたは月額料金を支払わない限り、その「スマートな」スーヴィードマシンダムを作った

iCrowd Newswire - Jul 30, 2020

2014年、Mellow社はメロウを399ドルでリリースし、指定された食品を自動的に計量して加熱し、冷却して完璧なスロークックの結果を得ることを約束した「世界初のスマートスーヴィードマシン」として請求しました。しかし今、同社は月額6ドル、年間サブスクリプションで48ドルを支払わない限り、既存の所有者からこれらのスマートを奪っています。

SlashGearのクリス・デイヴィスが報告しているように、メロウのオーナーは、アプリを更新するまで今週食事を調理できないことに驚きました。

すべてがペイウォールの後ろにロックされているわけではありません:Mellowのマニュアルモードでは、まだリモートであなたの携帯電話から調理器具の温度を設定することができますが、あなたは比較的愚かなスーヴィードガジェットを購入することができます – Anova Nanoのようなよくレビューされたものでも – $ 129で。Mellowはもともと399ドルの新しい費用がかかり、現在149ドルで販売されていますが、ほとんどのバイヤーは典型的な提示価格$200-$300を支払って1つを得る可能性が高いです。

月曜日の夜遅く、メロウはInstagramで声明を発表し、コロナウイルスのパンデミックをきっかけに財政的苦難を引き合いに出し、同社に興味を持つ多くの潜在的な投資家や買収者が立ち去ったと主張し、調理者のスマート機能を担当するサーバーは運営するにはあまりにも多くの費用がかかると主張しました。その後、Instagramの投稿は消えましたが、SlashGearは最初にそのテキストのコピーを保存しました:

メロウは2014年にポルトガルのリスボンから2人の創業者によって立ち上げられました。残念ながら、これらの創設者は、彼らがメロウV1を構築したときの未来を考えませんでした。MellowはWiFiのみで構築され、外部のサーバーを使用してシステムとソフトウェアを実行しています。彼らの[シック]は後戻りできません。これらのサーバーとシステムは毎月多額の費用がかかり、請求書はすべてのメロウの使用に基づいています。創業者は300万ドル以上の投資家のお金を失っただけでなく、メロウを売却した後に将来の手形を支払う計画も持っていませんでした。2018年にメローは閉鎖される予定でした。会社が人々の家にあったメロウのすべてをシャットダウンした場合、役に立たないだろう。会社を救うために、初期の投資家の一人は、彼ができる限りのことをしようと踏み込んだ。

2年後、同社は再び閉鎖の危機に瀕していた。多くの進歩が見られましたが、COVIDが、同社が話していた潜在的な投資家や買収者を襲うと、立ち去りました。新しい所有者は、会社を救う方法を試してみて、見つけるために深く掘りました。製品に情熱を注ぎ、すべてがなくなったのを見たくないと、新しいチームは唯一の解決策を思いつきました。その解決策は、アプリを使用するために毎月のサブスクリプションの課金を開始することでした。最初は、すべての機能を充電するつもりだったが、いくつかの前後の後、それは無料の手動モードを維持し、他の機能のために充電することにしました。そして、それは行われたものです。

私たちは、あなたの何人かが本当に怒っていることを知っていて、私たちは理解しています。私たちは皆さんも理解していることを知っており、とても感謝しています。私たちは、あなたがこれらの試み時に私たちを許し、私たちをサポートすることを期待しています。聞いてくれてありがとう[シック]。

確かに、他のスマートホームガジェット会社は、製品を実行し続けるのではなく、製品を完全に放棄しています。ロジクールのAlexa搭載ハーモニーエクスプレスリモコンは、最新の例の1つに過ぎませんが、その場合Logitechは取引所と全額払い戻しを提供しました。

更新後、一部のユーザーは、新しい有料サービスの軽蔑を表現するためにApp StoreとGoogle Play上のアプリの否定的なレビューを残しています。あるユーザーは、新しいプレミアムプランは「餌とスイッチ」であると書いています。メロウのスーヴィードガジェットの第二世代をクラウドファンディングするために欠けたいくつかのKickstarterの支持者は、発表に続いて払い戻しを要求しました。メロウチームは、パンデミック旅行の禁止と制限は、同様に6ヶ月でその第二世代製品のリリースを遅らせることを余儀なくされていると言います。

メロウは、もともと無料であるはずだったもののためにより多くのお金を求めようとする唯一のスマートホームテック企業ではありません。5月、Winkは、パンデミックの財政的緊張を再び理由として、以前は無料だったスマートホーム機能にアクセスするために、顧客に月額5ドルの手数料を支払うことを要求すると発表しました。今月初め、スマートホーム企業Wyzeは、AI搭載の人検出機能にアクセスする有料モデルを発表しました。

Contact Information:

Taylor Lyles



Tags:    Japanese, United States, Wire