USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jul 30, 2020 2:05 AM ET

上流は、セキュリティで保護されたコネクテッド車両ソリューションを提供するために、マイクロソフトと協力します


上流は、セキュリティで保護されたコネクテッド車両ソリューションを提供するために、マイクロソフトと協力します

iCrowd Newswire - Jul 30, 2020

クラウドベースの自動車サイバーセキュリティのリーダーであるアップストリームセキュリティは本日、マイクロソフトコネクテッドビークルプラットフォーム(MCVP)を通じてマイクロソフトとのコラボレーションを拡大し、マイクロソフトインテリジェントセキュリティ協会に加盟したことを発表しました。

アップストリームは、MCVPとの詳細な統合を提供する最初のクラウドベースの自動車サイバーセキュリティプラットフォームの1つです。MCVPは、車両内インフォテインメント、高度なナビゲーション、自動運転、テレマティクス、予測サービス、および空中アップデート(OTA)を含む、顧客向けのソリューションを構築できるデジタルシナリオ全体で、一貫したクラウド接続の水平プラットフォームを提供します。これには、Microsoft Azure に付属するエンタープライズ グレードのグローバルな可用性と規模が含まれています。

Upstreamのソリューションは、自動車メーカーに、車両、ドライバー、乗客の安全とセキュリティを確保するコネクテッドカー用のターンキーソリューションを提供します。

この統合には、アップストリーム プラットフォームによる MCVP コンポーネントを使用した自動車データ取り込みのための複数のオプション、および上流と Azure Sentinel の統合を活用した一連の実際のプレイブック、および複数のサイバーセキュリティ検出シナリオの調査、封じ込め、および修復のための MCVP が含まれます。さらに、このソリューションは、MCVP 環境で実行されているアップストリームの AutoStream アプリケーションを使用して、OEM および接続されたフリート セキュリティ オペレータに、複数の事前構築済みシナリオとユーザー定義シナリオのシミュレーション機能を提供します。

Upstreamの共同創業者兼CEOであるYoav Levy氏は、「新しい自動車サイバーセキュリティ規制と基準が要求される中、OEMはサイバーセキュリティを業務に統合する追加の方法を見つける必要があります」と述べています。「MCVPとの統合により、自動車メーカーは、流暢でシームレスに統合されたサイバーセキュリティソリューションを企業に構築することができます。

「ソフトウェア定義車のこの世界では、セキュリティは自動車メーカーやドライバーにとって最も重要です」と、マイクロソフトのゼネラルマネージャーであるAzure MobilityとMCVPのタラ・プラクリヤは言います。「上流のMCVPとAzure Sentinelとの統合により、自動車メーカーやフリートオーナーはサイバー脅威を検出、分析、対応することができ、最終的には道路利用者の安全を確保するのに役立ちます」

Upstreamのサイバーセキュリティソリューションは、自動車自体、テレマティクスサーバー、モバイルアプリケーションにまたがるコネクテッド車両インフラストラクチャに対するサイバー脅威を検出するために、OEMが使用するために現在利用可能です。お客様は、アップストリームまたはマイクロソフトの担当者に連絡して、コネクテッド カーのサイバーセキュリティ ソリューションのデモを詳しく知ることができます。

アップストリーム セキュリティについて:

アップストリーム セキュリティは、コネクテッド カーおよびスマート モビリティ サービス向けに構築されたクラウドベースのデータ プラットフォームです。Upstreamのプラットフォームは、機械学習、データ正規化、デジタルツインプロファイリング技術を融合し、既存の自動車データフィードを使用してリアルタイムで異常を検出します。その結果、比類のないサイバーセキュリティ、品質保証、予測メンテナンスの洞察が得られ、すぐに利用でき、顧客クラウドにシームレスに統合されます。上流はアライアンス・ベンチャーズ(ルノー、日産、三菱)、ボルボ・グループ、ヒュンダイ、全国保険、セールスフォース・ベンチャーズ、CRV、グリロット・キャピタル・パートナーズ、マニヴ・モビリティが民間で出資しています。

メディア連絡先: media@upstream.auto

Contact Information:

Media contact: media@upstream.auto



Tags:    Japanese, United States, Wire