USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Aug 2, 2020 2:27 AM ET

ファイザーとバイオンテック、BNT162 mRNAベースワクチン候補1億2,000万回の日本との供給契約を発表


ファイザーとバイオンテック、BNT162 mRNAベースワクチン候補1億2,000万回の日本との供給契約を発表

iCrowd Newswire - Aug 2, 2020

ファイザー社とバイオンテック社は、日本の厚生労働省(MHLW)との間で、SARS-CoV-2に対するmRNAベースのワクチン候補BNT162の1億2000万回の納入を発表したと発表した。規制当局の承認または承認を受けて、納入は2021年初めに予定されています。

契約の財務詳細は公表されていない。契約条件は、配達スケジュールと缶の数に基づいて設定されました。日本政府の要請により、ワクチン候補は2021年前半に納入される予定です。

ファイザーの会長兼CEOであるアルバート・ブールラ博士は、「日本政府と協力して、ワクチン候補の可能性のある何百万回もの用量をできるだけ早く日本の人口に提供するという共通の目標に、科学的資源と生産能力を利用できることを光栄に思います。この世界的な健康危機に直面して、ファイザーのビジネス目的である患者の生活を変えるブレークスルーは、さらに緊急性を得ています。現在の困難な環境の中で、2020年の東京オリンピックにおいて、連帯、友情、スポーツの力をグローバルな力の表しとして祝う取り組みを支援することを誇りに思います。私たちは、ワクチン候補が規制当局の承認または承認にこの対象に貢献することを願っています。”

「オリンピックは、世界を何世紀にもわたって一つの場所に集め、グローバルコミュニティの象徴となってきました。この点を念頭に置いて、東京オリンピックは世界の国々がどうしてパンデミックを乗り越えられるか、私たち全員にとって新しいシンボルになる可能性があります。私たちは、ワクチン候補がこのビジョンを達成するための日本政府の努力に貢献できることを誇りに思い、光栄に思います。バイオテックのCEO兼共同創設者であるウグル・サヒンは述べています。

ダスBNT162-プログラムベルフ・アウフ・バイオンテック・ウンテルネメンセイゲナーmRNA-テクノロジ・ウント・ヴィルド・フォン・ファイザース・ラウノリチュアル・ズール・グローバレン・インプフストフィデントウィックルン・ウント・プロデュース・ウンターシュテュッツダス・エントウィックルングス・プログラミング・フォン・ファイザー・ウント・バイオンテック・アヴェルイエール・マインデステンス・ヴィアー・インプフストフカンディダテン、ダイ・ジェヴァイルス・アイネ・アインジガルティゲ・コンビネーション・フォン・mRNA-Formatenウント・ジエル・ゲラゲン・ウンファッセン。ダイBNT162-インプフストフカンディダテン・ベフィンデン・シッチ・アクチュエル・イン・デア・クリニシェン・エントウィックルン・ウント・シンド・イン・ケイネム・ランド・デア・ヴェルト・フュル・デン・ゲブラウチ・ズゲラッセンフュル・ベイデ・パートナー・シンド・ダイ・プレクリニシェン・ウント・クリニシェン・アテン・アイン・ゼントラレス・エレメント・フュル・アレ・エントシャイドゥンゲン・イム・ラーメン・デア・エントウィックルン・デア・ノイアルティゲン・インプストフ

最近、臨床開発における4つのワクチン候補のうち2人(BNT162b1およびBNT162b2)は、米国食品医薬品局(FDA)からファーストトラックの地位を受けました。ステータスは、米国とドイツで現在進行中の2つのフェーズ1/2研究の予備データと動物免疫原性研究に基づいて付与されました。

7月27日、ファイザーとバイオンテックは、両社が第2/3相試験にBNT162b2ワクチン候補を選んだと発表した。この選択は、第1/2相研究の前臨床および臨床データを広範に調べ、米国食品医薬品局の生物学的製剤評価研究センター(CBER)および他の世界的な規制当局と協議した後に行われました。BNT162b2コードは、最適化されたSARS-CoV-2スパイク糖タンパク質(S)を全長に設定します。このタンパク質は、ウイルスを不活性化すると考えられている中和抗体の標的である。高度な研究では、18歳から85歳までの最大30,000人の被験者にそれぞれ2つの30 μg用量を投与してワクチンを調査した。

臨床試験が成功した場合、ファイザーとBioNTechは2020年10月に規制当局の承認を申請し、2020年末までに最大1億回のワクチンを生産し、2021年末までに13億回以上のワクチンを生産する予定です。

ファイザーとバイオテックは、政府との合意に加えて、COVAXファシリティの納入の可能性に関心を示しています。COVAXファシリティは、Gavi、ワクチンアライアンス、流行準備イノベーション連合(CEPI)、世界保健機関(WHO)によって立ち上げられ、世界中の複数のメーカーが生産する多くの異なる技術プラットフォームに基づくCOVID-19ワクチン候補の広範なポートフォリオへの早期アクセスを政府に提供することを目的としています。

バイオンテックについて
バイオ医薬品ニューテクノロジーズは、がんやその他の重篤な疾患に対する治療法の開発を開拓する次世代免疫療法会社です。同社は、新しいバイオ医薬品の開発を急速に進めるために、様々な近代的な治療プラットフォームとバイオインフォマティクスツールを組み合わせています。腫瘍学的製品候補の多様なポートフォリオには、個別化された治療法だけでなく、mRNA、革新的なキメラ抗原受容体(CAR)T細胞、二重特異性チェックポイント免疫調節薬、標的癌抗体および小分子に基づく既製の薬が含まれる。バイオンテックは、mRNAワクチンの開発に関する幅広い専門知識と自社独自の製造能力に基づいて、多様な腫瘍学パイプラインだけでなく、さまざまな感染症のmRNAワクチン候補とのコラボレーションパートナーを開発しています。BioNTechは、ジェンマブ、サノフィ、バイエルアニマルヘルス、ジェネンテック(ロシュグループ会社)、ジュネーブ、フォスンファーマ、ファイザーなど、製薬業界の世界的に有名な協力パートナーと並んで働いています。

詳細については、 www.BioNTech.de を参照してください。

バイオンテックによる将来の見通しに関する記述
本プレスリリースには、1995年の民間証券訴訟改革法に基づいてBioNTechが作成した特定の将来見通しに関する記述が含まれており、COVID-19パンデミックに対抗するためのBioNTechの取り組みなど、明示または暗示的な記述を含むがこれらに限定されない。BNT162の臨床研究の開始のためのスケジュールとこれらの研究からのデータの計画的な公表;緊急承認または承認のスケジュール。他の管轄区域またはCOVAX施設との追加供給契約を締結する可能性BNT162の潜在的な安全性と有効性。COVID-19に対する潜在的なワクチンを開発するために、バイオンテックとファイザーの間のコラボレーション;BioNTechは、臨床開発をサポートし、承認されれば、2020年と2021年の生産見積もりを含む市場ニーズを満たすために、BNT162の量を提供する能力を提供します。本プレスリリースの将来の見通しに関するすべての記述は、BioNTechの現在の期待と将来の出来事に関する見積もりに基づいており、実際の結果がこれらの将来の見通しに関する記述に含まれるものまたは暗示されているものと大きく不利に異なる可能性のある多くのリスクおよび不確実性の対象となります。これらのリスクと不確実性には、COVID-19に対するワクチンを開発するための競争が含まれますが、これらに限定されません。能力, より大きく、より広範な臨床試験で同等の臨床結果を達成;当社の生産能力を効果的に拡張する能力。他の可能な困難と同様に。これらのリスクおよびその他のリスクおよび不確実性については、SECのウェブサイトatwww.sec.gov入手可能な2020年3月31日にSECに提出されたBioNTech年次報告書のフォーム20-Fを参照してください。本プレスリリースに記載されている情報はすべて、掲載日時点でのものであり、BioNTechは法律で義務付けされていない限り、この情報を更新する義務を負いません。

ファイザー社について:患者の生活を変えるブレークスルー
ファイザーでは、科学とグローバルリソースを使用して、人々の生活を拡大し、大幅に改善する治療法を提供しています。革新的な医薬品やワクチンをはじめ、健康製品の発見・開発・製造において、品質、安全性、価値の基準を設定するよう努めています。毎日、工業国や新興国のファイザーの従業員は、現在の深刻な病気に対処するために、一般的な幸福、予防、治療、治療法の促進に取り組んでいます。世界有数の革新的バイオ医薬品企業としての責任に沿って、私たちは医療提供者、政府、地域社会と協力して、世界中の信頼性の高い手頃な価格の医療へのアクセスを支援し、拡大しています。150年以上にわたり、私たちは私たちに頼っているすべての人に違いを生み出すために取り組んできました。私たちは日常的に情報提供を行っています

n 当社のウェブサイト上の投資家にとって重要である可能性があります n atwww.Pfizer.com.ファイザーの詳細については、www.Pfizer.com、ツイッター、@Pfizer・ニュース、@Pfizerニュース、LinkedIn、YouTube、フェイスブックのFacebook.com/Pfizerで参照してください。

バイオンテックへのお問い合わせ

プレスのお問い合わせ
ジャスミナ・アラトビッチ
シニアマネージャー グローバル外部コミュニケーション
+49 (0) 6131 9084 7640 または +49 (0) 151 1978 1385
Media@biontech.de

投資家のお問い合わせ
シルケ・マース博士
VP インベスター・リレーションズ&ビジネス戦略
+49 (0) 6131 9084 1074
Investors@biontech.de

ファイザーへのお問い合わせ

プレスのお問い合わせ
エイミー・ローズ
+1 (212) 733-7410
Amy.Rose@Pfizer.com

投資家のお問い合わせ
チャック・トリアーノ
+1 (212) 733-3901
Charles.E.Triano@Pfizer.com

Contact Information:

Investor inquiries
Dr. Sylke Maas
VP Investor Relations & Business Strategy
49 (0) 6131 9084 1074
Investors@biontech.de



Tags:    Japanese, United States, Wire