USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Aug 6, 2020 12:23 AM ET

アメリカの小売プロパティは、現在の第2四半期と年の2020年の結果を報告します


アメリカの小売プロパティは、現在の第2四半期と年の2020年の結果を報告します

iCrowd Newswire - Aug 6, 2020

株式会社リテール・プロパティーズ・オブ・アメリカ2020年6月30日に終了した四半期および6ヶ月間の財務および業績を報告しました。

決算
2020年6月30日に終了した四半期について、当社は以下を報告しています。

2020年6月30日に終了した6ヶ月間、当社は次の報告を行いました。

営業成績
2020年6月期のポートフォリオ実績は以下の通りです。

2020年6月30日に終了した6ヶ月間のポートフォリオ実績は以下の通りです。

「当社のチームは、テナントをサポートし、生産的な結果で家賃特約の要求に対処する四半期中に非常に懸命に働きました」と、最高経営責任者のスティーブ・グライムズは述べています。「今年の後半を見ると、毎月の現金回収とテナント再開活動のポジティブな軌道によって証明されるように、チームの回復力と高品質のポートフォリオに引き続き励まされています。

COVID-19 アップデート
四半期中、COVID-19パンデミックは、パンデミックに関連する政府および社会的義務の結果として顧客のトラフィックと収益の減少に直面し、店舗の一時的な閉鎖または事業の変更を発表し、リースの譲歩を要求したため、多くのテナントとして当社の事業に悪影響を及ぼしました。その他のテナントは、その多くが不可欠と考えられる事業を運営しており、オープンなままで営業を続けました。当社が事業を展開する市場の公衆衛生当局および政府当局は、COVID-19の普及を遅らわさせるために追加の制限を課したり、既存の制限をあまりにも早く緩和または取り消したりする可能性があり、いずれの場合も経済および当社の事業に対する悪影響の深刻さを悪化させる可能性があります。このような状況の急速な発展と流動性は、COVID-19が当社の事業に与える最終的な悪影響に関する予測を排除します。

2020年7月31日時点で92%のポートフォリオ・スクエア・フッテージが公開され、2020年7月2日時点での90%、2020年5月29日時点の79%から増加した。同社は、縁石ピックアップの実施、ソーシャルメディアキャンペーン、オンサイトサイネージ、屋外ダイニング容量の拡大を通じて、現在の環境で安全かつ効果的に運営するためのテナントの取り組みを引き続き支援しています。当社は、テナントのオープンステータスと家賃回収の間に相関関係を見続けています。

2020年7月27日現在、7月の賃料の71.4%を徴収し、6月の回収ペースを上回っています。2020年7月27日現在、4月賃料69.2%、5月賃料67.7%、6月家賃の68.3%を集め、第2四半期の家賃の68.4%を占めており、いずれも前回報告された67.4%、63.7%から増加しています。

2020年6月30日時点で64.7%、65.3%を占めています。当社のポートフォリオABRは、食料品/倉庫クラブからの8%、および一般的に当社の1階の小売フットプリントの上の郊外に位置するオフィステナントからの7%を含む、本質的な用途とオフィスから37%の構成の恩恵を受けています。

同社は、COVID-19パンデミックの悪影響を受けて、多くのテナントとリースの修正交渉と署名を続けています。請求された第2四半期の31.6%について 2020年の家賃は7月27日現在受け取っていません。 2020年には、第2四半期の家賃総額の2.5%を占める保証金を適用し、第2四半期の賃料総額のさらに4.4%を占めるリース改正に署名し、さらに10.6%がテナントと原則的に合意し、最終決定が保留され、請求された第2四半期の家賃の85.9%に集約されました。2020年7月27日現在、まだ受け取っていない2020年7月の家賃の28.6%に関して、当社はさらに5.0%を占めるリース改正に署名し、最終決定を保留しているテナントと原則的に合意し、さらに8.1%となり、請求された2020年7月の家賃の84.5%に集約されました。しかし、当社は、請求された2020年第2四半期の家賃と請求された2020年7月の家賃に対して原則的に合意された部分が、最終的に交渉された条件または全く署名されることを保証することはできません。

2020年第2四半期の第2四半期は、主にCOVID-19パンデミックによるマイナスの経済的影響により、疑わしい売掛金の引当金を1,400万ドル額しました。 また、COVID-19関連のリース収入に対するマイナス調整額は、主に現金ベースのテナントからの未回収額で構成され、総額710万ドルのリース利益を計上しました。

バランスシートと資本市場活動
四半期中、同社は2020年3月31日にほぼ完全に引き出された8億5,000万ドルの無担保回転信用ライン(リボルバー)に対して相当額を返済しました。2020年6月30日現在、リボルバーの発行済み額は1億3,500万ドル、リボルバーの可用性は7億1,470万ドルでした。現金および現金同等物の1,260万ドルと組み合わせることで、2020年6月30日時点で利用可能な流動性総額は7億2,730万ドルで、2020年の残りの期間は債務満期は行われなかった。

合計で、当社は17億ドルの総連結債務を有し、加重平均契約金利は3.74%、加重平均満期は2020年6月30日時点で4.1年であった。当社は、債務契約に基づく1.5倍の要件を大きく上回る4.0倍の債務サービス補償比率を含む、債務契約に対する実質的なヘッドルームの恩恵を受け続けています。

四半期末に続いて、同社は引受株式公開で2025年までに4.00%のシニア無担保ノート(ノート)の総額1億ドルを追加発行しました。ノートは、2020年3月15日から2020年7月20日までの間、額総額の99.010%に対して未払利息と未払い利息で発行されました。ノートは、以前に引き換えがない限り、2025年3月15日に完成します。ノートは、2025年までに当社が以前に発行した4.00%のシニア無担保ノートのさらなる発行と単一のシリーズを構成し、そのうち2億5,000万ドルは以前は未払いでした。提供後の3億5,000万ドルの総元本金額により、ノートはインデックスを含める資格があります。当社は、8億5,000万ドルのリボルバーの下での未払い借入金の返済と一般的な企業目的のために、ノートの売却による純収益を使用しました。

配当
前回発表したように、流動性と資本ポジショニングの維持・強化のため、当社の取締役会は、当社の優れたクラスA普通株式に対する将来の四半期配当金の支払いを一時的に停止しました。当社の取締役会は、配当申告の決定を四半期ごとに評価し、これらの審議においてREIT課税所得分配要件を検討し続けます。2020年1月と2020年4月に支払われた配当金を含む現在までに、当社は総配当金7,090万ドルを支払っています。

投資活動
拡張と再開発
当社は、積極的な拡大・再開発プロジェクトの実施を進めています。

アクティブなプロジェクト
ワン ルードゥン ダウンタウン
四半期中は、 同社とKETTLERは、ワンルードゥンダウンタウンマルチテナント小売事業所でのパッドG&Hの複合拡張のマルチファミリーコンポーネントの合弁パートナーであり、パッドGのフレーム建設作業を完了し、パッドHで木製フレーム建設工事を開始しました。 集計では、ワシントンD.C.メトロポリタン統計地域(MSA)に位置するこの拡張プロジェクトは、最大70,000平方フィートの小売およびオフィス商業スペースと378の1ベッドルームと2ベッドルームの集合住宅レンタルユニットで構成され、2021年春後半にオープンする予定のOne Loudounの最初のアパートコミュニティ、Vyneになります。拡張プロジェクトは、2020年6月30日時点で95.4%、オフィス占有率95.1%を誇った同社の約469,000平方フィートの複合コミュニティアンカー資産、ワンルードゥンダウンタウンを補完し、強化します。

サークルイースト
四半期中、同社はボルチモアMSA内のMD州タウソンにある80,000平方フィートのサークルイースト混合使用プロジェクトで、インラインスペースのための主要な全国小売業者といくつかの意図の手紙に署名しました。同社はまた、以前に発表されたシェイクシャックアンカーサイトのビルドアウトを開始し、2020年第3四半期中に以前に発表されたイーサン・アレンのアンカーサイトのビルドアウトを開始する予定です。

その他のプロジェクト
四半期中、同社はクォーターフィールドのショップスでの敷地と建物の再構成、サウスレイクタウンスクエアのシングルテナントパッド開発の建設工事を進めました。

ウェブキャストおよび電話会議情報
当社の経営陣は、2020年8月5日(水)午前11時(米国)にウェブキャストを開催し、四半期決算と業績、事業ハイライト、見通しについて話し合います。また、当社は、当社に影響を及ぼす事業・財務動向その他の事項について議論する場合があり、その一部は未開示の可能性があります。

ライブウェブキャストは、INVESTセクションのwww.rpai.comにある当社のウェブサイトでオンラインで入手できます。ウェブキャストのリプレイが利用可能になります。リプレイを聴くには、ウェブサイトのINVESTセクションのwww.rpai.comに移動し、指示に従ってください。

電話会議には、(877) 705-6003 または (201) 493-6725 (国際交流の参加者) をダイヤルしてアクセスできます。

登録する電話の開始の少なくとも10分前にダイヤルインしてください。通話のリプレイは、2020年8月5日午後2時(米国)から2020年8月19日の午前0時(米国)までご利用いただけます。リプレイには、(844) 512-2921 または (412) 317-6671 (国際発信者) にダイヤルし、ピン番号 13704200 を入力することでアクセスできます。

補足情報
当社は、ウェブサイトのINVESTセクションに補足的な財務および運営情報およびその他のデータを掲載しています。

RPAIについて
アメリカの小売プロパティは、複合コンポーネントを含む高品質の戦略的に位置するオープンエアのショッピングセンターを所有し、運営するREITです。2020年6月30日現在、米国では2,000万平方フィート占める小売営業施設102件を所有しています。同社は、ティッカーシンボルRPAIの下でニューヨーク証券取引所で上場されています。当社に関する追加情報は、www.rpai.comでご確認いただけます。

セーフハーバー語
本プレスリリースに含まれる記述およびその他の情報は、「信じる」、「期待する」、「期待する」、「期待する」、「意図する」、「計画する」、「見積もり」または「予測」などの将来の見通しに関する用語の使用によって識別され、そのような言葉や類似の表現またはそのような言葉の否定 改正された1933年証券法第27A条および1934年証券取引法第21E条の意味で「将来の見通しに関する記述」を構成し、それによって作成された安全な港の対象となります。これらの将来の見通しに関する記述は、当社が現在入手可能な情報と行った仮定に基づく計画、意図、期待、戦略および見通しに関する当社の現在の見解を反映しています。当社は、将来の見通しに関する記述に反映または示唆される計画、意図、期待、戦略および見通しは合理的であると考えていますが、当社はそのような計画、意図、期待または戦略が達成または達成されることを保証することはできません。また、これらの将来の見通しに関する記述は、当社の事業および事業環境に存在する多くのリスクおよび不確実性の対象と考えるべきです。このようなリスクや不確実性により、実際の結果は予想と大きく異なる可能性があります。これらの不確実性には、経済、ビジネス、財務状況、当社の業界の変化、特に不動産市場の変化、当社の高濃度の不動産を保有する市場における経済その他の動向、当社の事業戦略、当社の予想業績、賃貸料金および/または空室率が含まれます。 デフォルトの頻度と規模、テナントによるリースの早期終了または非更新、大手テナントまたは小規模テナントのビジネスにおける倒産、倒産または一般的な低迷、電子商取引開発の悪影響、テナント、金利または運営コストへの消費者小売行動の変化、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)、不動産および不動産の変更および不動産価格の変更、不動産評価、当社のレバレッジ、未払い債務のサービスに十分なキャッシュフローを生み出し、株主に分配する能力、当社のクラスA普通株式の配当方針の変更、過去のレベルでの配当金の支払いを再開する能力、 当社は必要な外部資金、資本の可用性、条件、展開、資本および信用市場の一般的なボラティリティ、および当社のクラスA普通株式の市場価格を取得する能力、当社の買収および処分の機会を特定および追求する能力、一般的に再開発に関連するリスクを含む不動産買収および処分に関連するリスク、建設の遅れおよびコスト超過の影響を含む再開発されたスペースをリースする能力、再開発の機会を特定して追求する能力、開発資産の安定化に予想以上に時間がかかるリスク、または投資に対する見積もりリターンを達成できないリスク、新規リースの締結能力、有利な条件でリースを更新する当社の能力、 パンデミックまたはその他の公衆衛生上の危機、COVID-19パンデミック、および(i)当社の財産管理、事業の資金調達、必要な管理および報告機能の実行能力、および(ii)当社のテナントが事業を運営し、販売を生み出し、賃貸料の支払義務やその他の費用を満たす能力に対する関連する影響当社は、COVID-19の数多くの継続的な悪影響の結果として高められたと解釈すべき「リスク要因」と題してSECに提出された当社の最新のフォーム10-Kおよび10-Qのセクションに詳述されているものを含む、長期的な株主価値、規制の変更、その他のリスク要因を作成する能力。COVID-19が当社とそのテナントにどの程度影響を与えるかは、パンデミックの範囲、重症度、持続時間、パンデミックを封じ込める行動、影響を軽減するための行動、パンデミックおよび封じ込め措置の直接的および間接的な経済的影響など、非常に不確実であり、自信を持って予測できない将来の動向に依存します。当社は、新しい情報、将来の出来事、またはその他の結果として、将来の見通しに関する記述を公に更新する義務を負いません。

非GAAP金融測定
業界団体である全米不動産投資信託協会(NAREIT)が定義する通り、 運用資金(FFO)とは、一般的に受け入れられている会計原則(GAAP)に従って計算された純利益、(i)不動産に関連する減価償却費、(ii)不動産資産の売却による利益、(iii)管理上の変化による損益、および(iv)不動産資産の損益評価減および保有不動産の価値の減少に起因する直接の事業体への投資を意味します。エンティティによって。当社は、共通株主に帰属するFFOの計算において、NAREITの定義を採用しています。当社は、以下の制限に従い、一般株主に帰属するFFOは、その業績と業務を他の不動産投資信託(REIT)の業績と業務と比較するための基礎を提供すると考えています。当社は、非GAAP財務指標を補足する普通株主に帰属するFFOは、REATの業績を評価するための追加的かつ有用な手段を提供すると考えています。普通株主に帰属するFFOは、当社の業績の指標として(i)「当期純利益」または「普通株主に帰属する当期純利益」、または(ii)配当の支払いを含む現金ニーズに資金を供給する当社の能力の尺度としてGAAPに従った「営業活動からのキャッシュフロー」に代わるものではありません。

また、当社は、離散的な非営業取引の影響を除く普通株主に帰属するFFOと定義される普通株主に帰属する営業FFOを報告し、当社は、コアビジネスプラットフォームである不動産事業ポートフォリオの同等の業績を代表するとは考えていない。離散非営業取引およびその他の事象の具体例としては、債務または他の負債の早期消滅に伴う損益による利益への影響、当社に関する訴訟、元テナントとの訴訟に関連する外部弁護士の和解および関与に伴う利益、役員別による利益への影響、優先株式償還額の超過に対する償還額の超過などがあります。は、一般株主に帰属するFFOの当社の計算において調整されません。当社は、非GAAP財務指標を補足する普通株主に帰属するFFO事業は、REATの業績を評価するための追加的かつ有用な手段を提供すると考えています。共通に起因するFFOの操作

株主は、当社の財務実績の指標として、(i)「当期純利益」または「普通株主に帰属する当期純利益」、または(ii)配当の支払いを含む現金ニーズに対する当社の資金能力の尺度としてGAAPに従った「営業活動によるキャッシュ・フロー」に代わるものではありません。当社の共通株主に帰属するFFO事業の提示と、他のREATに対する同様のタイトルの措置との比較は、そのようなREATによる定義と適用の違いが生じる可能性があるため、必ずしも意味がない場合があります。

また、(i)一次賃貸収入(非現金)、(ii)リース誘導の償却以外のすべての収益として定義されている純営業利益(NOI)を報告しています。 (iii) 市場リース無形資産及び(iv)リース終了料収入、不動産税の減少、リース終了費用及び現金以外の営業費用(使用権リース資産の償却及びリース負債の償却)を除く全ての営業費用の償却。NOIは、他の投資不動産から同じ店舗NOIとNOIで構成されています。同じ店舗NOIは、2019年1月1日以前に取得またはサービスに置かれ、安定化した101の小売営業用不動産からなる当社の同じ店舗ポートフォリオのNOIを表しています。その他の投資不動産のNOIは、主に2019年と2020年の間に取得またはサービスに置かれた(i)プロパティ、(ii)プラザ・デル・ラーゴの集合住宅レンタルユニットからNOIを表し、 2019年中に稼働した再開発プロジェクト、(iii)サークルイースト、(iv)ワンルードゥンダウンタウン – パッドG&H、(v)カリヨンは、2020年3月31日までの3ヶ月間に垂直建設の計画を停止した再開発プロジェクトです。しかし、2020年6月30日現在、当社は、サイトの将来の発展の可能性、2019年と2020年に売却または売却された(vi)プロパティ、および(vii)当社の100%所有の捕虜保険会社からの純利益を見越して、積極的に現場での現場作業準備を積極的に完了しています。当社は、GAAPに従って「当期純利益」または「普通株主に帰属する当期純利益」からはすぐには明らかではない、その他の投資不動産のNOI、同一店舗NOI、NOIとNOIが、追加的かつ有用な営業面を提供すると考えています。当社は、リース構造、リース料金、テナントベースなどの要因が当社の業績に与える影響を経営陣が評価できるため、これらの措置を使用して不動産ベースで業績を評価します。その他の投資不動産のNOI、同じ店舗NOI、NOIは、当社の財務実績の指標としてGAAPに従って、「当期純利益」または「普通株主に帰属する当期純利益」に代わるものではありません。他の投資不動産からのNOI、同じ店舗NOI、NOIのプレゼンテーションを、他のREITに対する同様のタイトルの措置と比較することは、そのようなREITによる定義と適用の違いが生じる可能性があるため、必ずしも意味がない場合があります。

お問い合わせ先
マイケル・ガイデン
副社長 – 資本市場と投資家情報
株式会社リテール・プロパティーズ・オブ・アメリカ
(630) 634-4233

Contact Information:

Michael Gaiden
Vice President – Capital Markets and Investor Relations
Retail Properties of America, Inc.       
(630) 634-4233



Tags:    Japanese, United States, Wire Real Estate