USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Aug 6, 2020 12:21 AM ET

ヘルスピークプロパティ™レポート 2020年第2四半期の結果


ヘルスピークプロパティ™レポート 2020年第2四半期の結果

iCrowd Newswire - Aug 6, 2020

ヘルスピーク・プロパティーズは、2020年6月30日に終了した第2四半期の業績を発表しました。四半期の純利益は1株当たり0.09ドル、NAREIT FFOは1株当たり0.34ドル、FFOは1株当たり0.40ドルの調整済みで、同店ポートフォリオの現金NOI総売上高(2.2%)をブレンドしました。

2020年第2四半期の業績と最近のハイライト

– COVID-19 パンデミックは急速に進化し続けています.COVID-19が Healthpeak に与える影響に関する最新の情報を提供するために、このリリースでは2020 年 7 月までの特定の主要な運用指標を含んでいます。

– バランスシートと流動性:

– トランザクション:

– 開発完了:

– 開発リース:

2020年8月25日に1株当たり0.37ドルの四半期普通株式配当を、2020年8月14日の営業終了時点で記録を持つ株主に対して支払われると宣言しました。

– 2019年環境・社会・ガバナンス(ESG)の取り組みと進捗状況をカバーする第9回ESGレポートを発表。2年連続でコーポレート・リシブリ・マガジンのベスト・コーポレート・シチズンズ・リストに選ばれました。

第2四半期の比較

 

終了した3ヶ月
2020年6月30日

 

終了した3ヶ月
2019年6月30日

 

(1株当たりの金額を除く千単位)

 

1株当たり

 

 

1株当たり

 

当期純利益(損失)、希薄化

$

51,131

   

$

0.09

   

$

(13,991)

   

$

(0.03)

   

ナレト FFO(希釈)

182,367

   

0.34

   

199,906

   

0.41

   

調整済み、希釈済みとしての FFO

216,547

   

0.40

   

214,385

   

0.44

   

AFFO、希釈

</td clas>

s=”prngen2″ コルスパン=”2″>

193,790

196,551

NAREIT FFO、調整後のFFO、AFFO、同店現金NOI、純債務、調整済みEBITDAreは、不動産投資信託の業績と財務状況を評価するのに役立つと考える補足的な非GAAP財務措置です(追加情報については、このリリースの「運用からの資金」および「運用からの調整済み資金」セクションを参照)。http://ir.healthpeak.com/quarterly-results当社ウェブサイトの投資家情報セクションで計算され、提示された最も直接的に同等の財務措置に従って計算され、提示される最も直接的に同等の財務措置に対する定義、その使用法の議論、および提示のための「2020年6月30、非GAAP財務措置の議論と調整」を参照してください。

同店(「SS」)の運営サマリー

以下の表は、前年同期の3ヶ月および前年同期のSSキャッシュNOIの成長を概説しています。

前年同期比 SSポートフォリオ現金NOI成長

 
 

3ヶ月

年度累計

SS の割合

 

医療事務所

1.3%

1.8%

42.5%

 

ライフサイエンス

7.3%

5.3%

34.6%

 

シニア住宅(1)(2)

(21.2)%

(6.2)%

19.2%

 

その他の報告不可セグメント(「その他」)

2.9%

4.1%

3.8%

 

総ポートフォリオ(1)(2)

(2.2%)

1.4%

100.0%

 
     

(1)

同店の前年同期比3ヶ月間のポートフォリオ現金NOIの成長には、CARES法に基づく政府補助金190万ドルと、SHOPポートフォリオにおける630万ドルの識別可能なCOVID-19費用が含まれます。

 

(2)

同店の前年同期比ポートフォリオ現金NOIの成長には、CARES法に基づく政府補助金0.4百万ドルと、SHOPポートフォリオにおける410万ドルの識別可能なCOVID-19費用が含まれます。

 

2020年7月予備更新(ライフサイエンス、医療事務所、病院)

2020年7月のデータは予備情報に基づいており、変更される可能性があります。(SF = 平方フィート)

インジケーター

2020年7月31日現在、または終了した月の
(特に明記されていない限り)

解説

ライフサイエンス

占有

96.3%

既知の空のためです 6 月 30 日以来 60 bps 減少します。

リース

102,000 SF の実行済みリース (82,000 SF 新規リース)

当初予想を上回る年初ん年

意思の手紙

リース書類に実行されたLOIの169,000 SF(新リースの78,000 SF)

既存テナントが拡大を目指す新規リースコミットメントの96%

7月の家賃支払い

99%が受け取った

6月のコレクションに先駆けて

家賃救済申請

7 月に新しい資料の要求はありません。

6月には、2つのテナントが約100万ドルの短期延期を確定しました

医療事務所

占有

91.1%

6月30日から変更なし

リース

230,000 SF の実行済みリース (28,000 SF 新規リース)

当初予想を上回る年初ん年

意思の手紙

リース書類に実行されたLOIの367,000 SF(新規リースの121,000 SF)

月平均よりわずかに低いが、YTDは2019年を上回る

7月の家賃支払い

契約賃料の98%が受け取った

延期プログラムは、HCAと共に行われた以前に発表されたプログラムを表します

家賃繰延支払

7月に支払われる家賃の延期の96%が支払われました

総賃料繰延額で600万ドル(テナント267人)。1か月に100万ドルが返済される

病院

7月の家賃支払い

100%の受け取り

 

2020年7月予備更新(シニア住宅)

2020年7月のデータは予備情報に基づいており、変更される可能性があります。(SF = 平方フィート)

インジケーター

2020年7月31日現在、または終了した月の
(特に明記されていない限り)

解説

シニア住宅:ショップ(1)(2)(3)

占有

スポット占有率(7月31日):77.8%
1日平均国勢調査(7月): 77.8%

スポットは110 bps対6月30日に減少した
1日の平均国勢調査は50 bps対6月に減少した

入れ居

2019年7月比62%減少。2020年6月比32%減少

私たちのプロパティの86%は現在、入居を受け入れている

引越し

2019年7月比19%減少。2020年6月比1%減少

7月は3ヶ月連続の退出が減少

リード

2019年7月比31%減少。2020年6月比2%減少

オペレーターはデジタルマーケティングプラットフォームの優先順位を引き続き設定

ツアー

2019年7月比52%減少。2020年6月比8%減少

ツアーはほぼ完全に仮想/デジタルだった

     

シニアハウジング: CCRC(1)(2)(3)

 

スポット占有率
(7月31日)

1日の平均国勢調査
(7月)

 

IL/AL/MC占有率

82.7%

82.9%

 

SNF占有

62.7%

60.2%

スポット総占有率は20bps対6月30日に減少

総占有率

79.3%

79.1%

1日の平均国勢調査の平均は40 bps対6月に減少した

IL/AL/MCの引っ越し

2019年7月比78%減少。2020年6月比72%減少

IL/AL/MCプロパティの93%が入居を受け付けている。CCRCの場合、四半期の最後の月は通常、より強力なリース月です

IL/AL/MC ムーブアウト

2019年7月比28%減少。2020年6月比12%減少

</span class=”prnews_s>

パン”>7月は2ヶ月連続の引っ越しが減少した

 

IL/AL/MCリード

2019年7月比17%減少。2020年6月比2%減少

オペレーターはデジタルマーケティングプラットフォームの優先順位を引き続き設定

IL/AL/MCツアー

2019年7月比43%増加。2020年6月比94%増加

ツアーはほぼ完全に仮想/デジタルだった

シニア住宅(ショップとCCRC)経費更新

2020年第2四半期の経費結果
(7月はまだ利用できません)

COVID-19の総経費への影響は、1.6%であった。

第2四半期の総費用は、当初の2020年予想を上回る1.6%と徐々に高く、5月に提供された見通し範囲の5~15%を下回っています。COVID-19関連費用は予想に沿ったもので、予想を下回る報酬、マーケティング、修理、メンテナンスによる有利な経費差異が生じた。

シニアハウジング:NNNテナントの更新

7月の家賃支払い

97%の受入+3%の延期

シニアハウジング:既知のCOVID-19陽性症例

Healthpeakが218のプロパティにわたってオペレーターから受け取った報告に基づいて、2020年7月31日現在、Healthpeakは15の異なるオペレーターが管理する111のプロパティを有し、居住者COVID-19症例が確認され、影響を受けたプロパティのうち59件が居住者の死亡を経験しました。

7月下旬時点のシニア住宅施設の新しいCOVID陽性居住事例は、4月中旬のピークから50%以上減少しています。私たちの111 COVID-19居住者陽性特性のうち80は、最新の暴露から14日以上です。

 

     

(1)

販売、再開発、開発中のプロパティは、統計の報告から除外されます。

 

(2)

メディケアの居住者は通常30日以内の滞在期間を持っていることを考えると、ムーブインとムーブアウトデータは、当社のSHOPおよびCCRCポートフォリオの熟練した看護ベッドを除外します。

 

(3)

当社のポートフォリオの熟練した看護ユニットは、2Q20でコロナウイルス援助、救済、経済安全保障(「CARES」)法の資金を1,490万ドル受け取りました。これは、すべてのメディケアプロバイダーに提供されるプロラタ資金を表します。

 

2020 年の OUTLOOK の更新

2020年第2四半期補足レポートの44~46ページを参照して、見通しと収益の枠組みを修正してください。

会社情報

Healthpeakは、2020年6月30日に終了した第2四半期の業績と業績を発表するために、2020年8月5日(水曜日)午前9時(東部標準時午後12時)に電話会議とウェブキャストを予定しています。電話会議には、(888) 317-6003 (米国) または (412) 317-6061 (国際) をダイヤルします。会議 ID 番号は 3883068 です。また、http://ir.healthpeak.comのウェブサイトの投資家情報セクションのウェブキャストを介して電話会議にアクセスすることもできます。ウェブキャストのアーカイブは2021年8月5日までHealthpeakのウェブサイトで入手でき、テレフォニックリプレイは2020年8月12日まで(877)344-7529(米国)または(412)317-0088(国際)をダイヤルし、会議ID番号10145906を入力することでアクセスできます。当期の補足レポートは、この決算リリースに伴い、当社のウェブサイトの投資家情報セクションでもご利用いただけます。

ヘルスピークについて

ヘルスピーク・プロパティーズ株式会社は、完全に統合された不動産投資信託(REIT)およびS&P 500企業です。ヘルスピークは、避けられない業界サイクルを通じて安定を提供するように設計されたライフサイエンス、シニアハウジング、メディカルオフィスの3つの民間医療資産クラスで高品質の不動産を所有し、開発しています。 ヘルスピークでは、ヘルスケア不動産市場に対する深い理解と、長期的な成長に向けた強いビジョンを組み合わせました。ヘルスピークの詳細については、www.healthpeak.comをご覧ください。

Contact Information:

www.healthpeak.com.



Tags:    Japanese, United States, Wire Real Estate