USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Aug 7, 2020 12:25 AM ET

アレクサンドリア不動産株式株式会社は、その優れた3.900%シニアノートのすべてに対する公開買付けの満了を発表しました 2023


アレクサンドリア不動産株式株式会社は、その優れた3.900%シニアノートのすべてに対する公開買付けの満了を発表しました 2023

iCrowd Newswire - Aug 7, 2020

アレクサンドリア不動産株式株式会社は、2023年までに未払いの3.900%シニアノートのいずれかとすべての当社が以前に発表した現金公開買付けの満了を発表しました(CUSIP No. 015271 AD1)(以下「注記」)、および記載の条件に従い、2020年7月29日付の購入オファー(「購入の申し出」)および購入オファーに添付された保証配達の関連通知(「保証された配達の通知」)。本公開買付けは、本明細書において「オファー」と呼ばれます。購入の申し出と保証された配達の通知は、本明細書を総称して「オファー文書」と呼びます。午後5時にオファーの有効期限が切れた時点で。ニューヨーク市時間、2020年8月4日(「有効期限」)、$247,012,000、または49.40%、ノートの総額500,000,000,000ドルの元本は有効に入札され、提供されました(および有効に撤回されていない) 本オファーに従って購入したノートの支払いは、2020年8月5日(以下「決済日」)に基づいて行われる予定であり、保証配達通知に従って入札されたノートの支払いおよびオファーに従って購入されたノートの支払いは、2020年8月7日頃(「保証決済引き渡し日」)に行うことを意図しています。

「公開買付け対価」は、ノートの元本1,000ドルにつき1,098.98ドルに加え、決済日または保証納品決済日に支払われる決済日に対する未払利息と未払利息を含まないものとします。このオファーは、2033年までに1.875%のシニアノートの当社が以前に発表した発行および売却による純収益の一部から資金提供されます。

このオファーは、購入の申し出および保証された配達の通知に従って行われました。J.P.モルガン証券LLCは、オファーのディーラーマネージャーを務めました。

このプレスリリースは、いかなるノートを販売する申し出の購入または勧誘を構成するものではありません。オファーは、オファー文書に基づいてのみ行われています。本オファーは、その作成または受け入れが証券、青空、またはそのような管轄区域の他の法律に準拠していない管轄区域のノートの保有者に対して行われるものではありません。証券法または青空法が認可されたブローカーまたはディーラーによるオファーの作成を義務付ける管轄区域では、本オファーは、J.P.モルガン証券LLCまたはそのような管轄区域の法律の下でライセンスされている1つ以上の登録ブローカーまたはディーラーによって当社に代わって行われるとみなされます。

都市オフィスの不動産投資信託であるアレクサンドリアは®AAAイノベーションクラスターの場所にある共同生命科学、技術、agtechキャンパスに独自に焦点を当てた最初の、最長の期間を持ち、先駆的なオーナー、オペレーター、開発者です。1994年に設立されたアレクサンドリアは、このニッチを開拓し、その後、グレーターボストンサンフランシスコニューヨーク、サンディエゴシアトルメリーランド、リサーチトライアングルなどの主要な場所で重要な市場プレゼンスを確立しています。

本プレスリリースには、改正後の1933年証券法第27A条および改正後の1934年証券取引法第21E条の意味における「将来の見通しに関する記述」が含まれています。このような将来の見通しに関する記述には、これらに限定されない、ノートの購入のタイミングと消費に関する記述、市場状況に関連するリスクおよび不確実性、およびノートの購入に関連する慣習的な閉鎖条件の満足度が含まれます。これらの将来の見通しに関する記述は、当社の現在の意図、信念または期待に基づいていますが、将来の見通しに関する記述は発生する保証はずであり、発生しない可能性があります。実際の結果は、オファー文書および当社の証券取引委員会への提出書類など、さまざまな要因の結果として当社の将来見通しに関する記述に含まれるもの、または暗示されているものと大きく異なる場合があります。将来の見通しに関するすべての記述は、本プレスリリースの時点で作成されており、当社はこの情報を更新する義務を負いません。実際の結果が当社の将来の見通しに関する記述と大きく異なる可能性のあるリスクや不確実性、および当社の事業全般に対するリスクおよび不確実性に関するより多くの議論については、フォーム10-Kに関する最新の年次報告書およびその後のフォーム10-Qに関する四半期報告書を含む証券取引委員会への当社の提出書類を参照してください。

お問い合わせ先:サラ・カバコフ, 副社長 – コーポレートコミュニケーション, (626) 788-5578, skabakoff@are.com

Contact Information:

Sara Kabakoff, Vice President – Corporate Communications, (626) 788-5578, skabakoff@are.com



Tags:    Japanese, United States, Wire Real Estate