USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Aug 7, 2020 12:09 AM ET

サミットホテルのプロパティは、2020年第2四半期の結果を報告します


サミットホテルのプロパティは、2020年第2四半期の結果を報告します

iCrowd Newswire - Aug 7, 2020

サミットホテルプロパティーズは、2020年6月30日に終了した第2四半期の業績を発表しました。

「宿泊業界は、COVID-19の普及により、広範囲にわたる停止を余儀なくされ、重要でない旅行の大半を排除したため、第2四半期に前例のない需要の減少を経験しました。 私たちは、この非常に困難な事業環境を迅速に適応し、ナビゲートする能力に満足しており、ほぼすべてのホテルをオープンに保ち、四半期中にかなりの市場シェアを獲得することができました。 「稼働率とRevPARのレベルは、特に主要都市市場以外の週末のレジャー需要によって主に駆動される四半期を通じて順次改善しました」と、同社の社長兼最高経営責任者(CEO)のダン・ハンセンは述べています。 「RevPARのトレンドは4月のトラフレベルから改善され、毎月のキャッシュバーン率は40%近く減少し、約2億7000万ドルの流動性で、現在のRevPARレベルでは38ヶ月間の滑走路があります。 現在のパンデミックの影響にもかかわらず、我々はビジネスの見通しに強気であり続け、危機に対応する我々の行動は、我々が回復に入るにつれて機会を利用するために私たちを十分に位置づけると信じています」と、ハンセン氏はコメントしました。

2020年第2四半期の概要

2020年6月30日および2019年6月30日に終了した3ヶ月間と6ヶ月間の業績は次のとおりです(1株当たりの金額を除く数千件)。

 

終了した3ヶ月間
6月30日

 

終了した6ヶ月間
6月30日

 

2020

 

2019

 

2020

 

2019

 

(監査なし)

帰属当期純利益
普通株主

$

(54,126)

 

$ 45,248

 

$

(73,157)

 

$ 54,416

潜在株式調整後1株当たり当期純利益(損失)

$

(0.52)

 

$ 0.43

 

$

(0.70)

 

$ 0.52

総収益

$

25,436

 

$ 142,930

 

$

133,821

 

$ 281,882

EBITDAre (1)

$

(14,503)

 

$ 49,409

 

$

 

12,601

 

$ 94,812

調整後EBITDA (1)

$

(12,791)

 

$ 52,420

 

$

13,959

 

$ 99,145

FFO (1)

$

(28,273)

 

$ 35,202

 

$

(18,475)

 

$ 65,652

調整済み FFO (1)

$

(25,922)

 

$ 38,648

 

$

(12,653)

 

$ 70,912

希薄化株式および単位当たりのFFO (1,2)

$

(0.27)

 

$ 0.34

 

$

(0.18)

 

$ 0.63

希薄化株式および単位当たり調整済FFO (1,2)

$

(0.25)

 

$ 0.37

 

$

(0.12)

 

$ 0.68

プロフォーマ(3)

レヴパル

$

23.20

 

$ 136.65

 

$

59.59

 

$ 132.59

RevPAR の変更

-83.0%

-55.1%

ホテル エビダ

$

(10,009)

 

$ 60,905

 

$

19,716

 

$ 114,713

</p class=”prnews_p dnr”>

 

>ホテルのEBITDAマージン

 

N/a

 

40.0%

 

14.7%

 

39.0%

 

(1)

利息、税金、減価償却費(「EBITDA」)、EBITDAre、調整済みEBITDAre、運用資金(「FFO」)、希薄株およびユニットあたりのFFO、調整済みFFO(「AFFO」)、および希薄化株式およびユニット当たりのEBITDAを含む、非GAAP財務措置に対する純利益の議論と調整については、このプレスリリースの後半の表を参照してください。このリリースの最後の「非GAAP財務指標」を参照してください。

   

(2)

金額は、6月30日までの3ヶ月間の加重平均希薄化普通株式および普通株式104,331,000株と104,255,000加重平均希薄化普通株式および単位に基づいています。 2020年、2019年、およびそれぞれ104,265,000株の加重平均希薄化普通株式および104,261,000株および104,261,000株の加重平均希薄化普通株式および単位は、それぞれ2020年6月30日、2019年6月30日に終了した。当社は、OPユニットが現金または当社のオプションで当社の普通株式の株式を1対1で償還できるため、加重平均希薄化普通株式およびユニットの決定において、当社以外の限られたパートナーによって保有される、当社の運営パートナーシップであるサミットホテルOP、LPの有限パートナーシップ利益(「OPユニット」)の未払い共通ユニットを含みます。

   

(3)

本リリースで特に明記されていない限り、各ホテルは2019年1月1日から当社が所有し、測定期間全体を通じて営業しているかのように、2020年6月30日現在に所有する72のホテルの営業および決算が含まれます。 その結果、すべてのプロフォーマ情報には、2019年1月1日以降に取得したホテルの営業および業績が含まれており、これには当社の所有前期間が含まれます。 プロフォーマと非GAAP財務措置は監査対象外です。

2020年度累計

資本改善

2020年6月30日までの3ヶ月間と6ヶ月間に480万ドル1,590万ドルの設備改善を投資し、2020年中にポートフォリオ全体で合計約2,500万ドルの資本改善を投資する見込み。

資本市場・貸借対照表

2020年6月30日、合弁事業のクレジット・ファシリティのプロラタ・シェアを含む当社は、以下を保有しました。

2020年7月31日、合弁事業のクレジット・ファシリティのプロラタ・シェアを含む当社は、以下を保有しました。

当社のバランスシートは、2022年11月まで債務満期がなく、平均3.5年の満期まで、引き続き良好な位置付けが行われます。

2020年6月18日、当社が51%のオーナーおよびゼネラルパートナーである合弁会社は、既存の2億ドルのクレジット・ファシリティの修正を完了した。

2021年第1四半期まで金融契約の一時的な放棄を規定し、2022年第2四半期まで一定の金融契約措置を変更します。 この改正はまた、設備投資やその他の一般的な合弁目的のための追加の信用可用性を規定し、分配、投資、および処分に関連する一定の制限と制限を有する。

配当

2020年7月29日、当社は6.45%シリーズD累積償還可能優先株式に対して1株当たり0.403125ドル、6.25%シリーズE累積償還優先株式に対して1株当たり0.390625ドルの四半期現金優先配当を宣言しました。 優先配当金は、2020年8月17日現在の記録保持者に対して2020年8月31日に支払われます。

2020年第2四半期決算電話会議

当社は、2020年8月6日(木)午前10時(米国)に四半期電話会議を開催します。 電話会議ダイヤル 877-930-8101 に参加するには、コールが開始される約 10 分前(9:50 ET)。 コールの会議識別コードは 3577425 です。 さらに、四半期ごとの電話会議のライブウェブキャストは、当社のウェブサイト、www.shpreit.comを通じて利用可能になります。 四半期電話会議ウェブキャストのリプレイは、855-859-2056、会議識別コード3577425をダイヤルすることにより、2020年8月13日木曜日の午後12:00(米国)まで利用可能になります。 リプレイは、2020年10月31日まで当社ウェブサイトの投資家情報セクションでもご利用いただけます。

サミット ホテル のプロパティについて

サミットホテルプロパティーズ株式会社は、主に宿泊施設業界の高級セグメントで効率的な運用モデルを持つプレミアムブランドのホテルを所有することに焦点を当てた上場不動産投資信託です。 2020年8月5日現在、同社のポートフォリオは72のホテルで構成され、そのうち67室は完全に所有され、合計11,288室の客室が23州に位置しています。

詳細については、当社のウェブサイト、www.shpreit.com、

Contact Information:

www.shpreit.com



Tags:    Japanese, United States, Wire Real Estate