USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Aug 11, 2020 10:14 AM ET

米国の少数商工会議所(USAMCC)は、南北アメリカにおける中国共産党の影響に対抗するための「アメリカ・ファースト」イニシアチブを発表した。


米国の少数商工会議所(USAMCC)は、南北アメリカにおける中国共産党の影響に対抗するための「アメリカ・ファースト」イニシアチブを発表した。

iCrowd Newswire - Aug 11, 2020
  • このプログラムは、米国の産業ターンキープログラムを通じて設立された中国のアメリカの産業を支援するファシリテーションプラットフォームです
  • ミッションの一つは、ドナルド・トランプのアドバイザーであり、IDB会長候補であるマウリシオ・クラバー=カローネの強力な支持から、産業の目的地としてUSAMCCと提携して各国と明確なルールを作成することです

2020年8月10日ドナルド・トランプ大統領が主宰する米国政府を支援する民間組織である米国少数商工会議所は、共産主義中国に設立された2,200社以上のアメリカメーカーを誘致することを目的とした情報、インセンティブ、株式のための強固なプラットフォームを作成することを目的としたアメリカファースト イニシアチブを発表します。このプログラムの基礎は、9月中旬にマウリシオ・クレーバー・カローネのリーダーシップの下で自然な同盟国としてのIDBを持ち、アメリカの産業からの記録、セキュリティ、物流、インフラ、文化を促進する議題を持つ移転努力に財源を移動することです。 この地域イニシアチブは、中国に設立された米国の製造業が、直接的にも間接的にも何百万もの雇用を創出することを目的としたUSAMCCのパートナー国に対して、推定投資額500億ドルの商品やサービスを生産できるように、米国の同盟国にインセンティブを与えることを目的としています。包括的なコラボレーション戦略は、北米の企業が、海上および航空輸送の物流がより迅速であることを、見失うことなく、専門の労働力を持つ適切な施設である資本の送還に貢献する取引を持つことができる場所で作成されています。 “USAMCCは、クラバー・カローネを支援することの重要性の地域全体を促進します, 国際開発銀行の社長として (IDB) 来年9月の選挙で;トランプ大統領のラテンアメリカの最高顧問の一人として、彼はこの地域の共産主義に対して懲罰的な行動を取る上で重要な役割を果たしてきました」とUSAMCCダグ・マヨールガの大統領兼創設者は、「私たちの北米の機関は、IDBの大統領としてマウリシオ・クラバー・カローネの圧倒的な支持を得たブラジル、コロンビア、エクアドルの政府のおかげです。政府の友人や親戚ではなく、地域の国々の中小企業を決して奨励しない組織の「無駄」は終わった。アメリカの産業へのターンキープログラムについて:潜在的な産業内での生産の参入と運用を容易にする方法を確立する。我々は、5年間の前の協定に従って都市と国を選択することによって枠組みを準備する。これには、ビジネス合法化、銀行、労働法、マルチプロセスアウトソーシングサービス、スタッフトレーニング、低コストの工業施設、太陽エネルギー、衛星通信、Covid 19ヘルスコントロールインフラストラクチャ、資産と人事のセキュリティが含まれます。 南北アメリカ第一イニシアチブについて:ラテンアメリカ、カリブ海、米国の脆弱なコミュニティのすべての人々の生活を改善することを使命とし、私たちの主な目的は、産業発展を通じて経済と民主主義のシステムを守るために、この地域に共産主義中国にあるアメリカの投資を誘致し、人々を貧困から救い出すためにより高い収入を持つ持続可能な雇用を生み出することです。このイニシアチブの成功を確実にするために、500以上の都市の官民セクターが、技術インフラの確立を開始する目的地として選ばれてきました。 USAMCCについて:2000年に米国、カリブ海、ラテンアメリカに32,000以上の関連会社と戦略的パートナーを持つ民間企業で、そのプラットフォームは脆弱なコミュニティの経済的、財政的、ビジネス開発の恩恵を受けています。米国、カリブ海、ラテンアメリカに8拠点を構えています。その使命は、アメリカ文化から企業教育を取り入れ、革新と機会を通じて成功と進歩を遂げ、国際協力、輸出、貿易を通じて事業発展の成果を促進する触媒でもある「南北アメリカ」の主要な国際開発機関です。USAMCCは、米国民の寛大さを示すことによって、米国の国家安全保障、そのメンバーと戦略的パートナー、人道的ビジョンを促進するために取り組んでいます。詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください: www.minoritychamber.net 詳細:マリア・ロアアイジガ– 広報部長(202)250-0260 ワシントン DC – HQ(786)406-2190 マイアミ HUB- ラテンアメリカ(787)239-9876 プエルトリコ HUB- カリブ海(646)836-4937 ニューヨークハブ-ヨーロッパ&; アフリカ(626)465-9236 ロサンゼルス – HUB- 中東&アジア電子メール: director@minoritychamber.net

Contact Information:

director@minoritychamber.net



Tags:    Japanese, United States, Wire