USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Sep 11, 2020 1:04 AM ET

ターンブリッジ株式、合弁パートナーデューン不動産パートナーズLPとブロンクスロジスティクスセンターの再資本化を完了


ターンブリッジ株式、合弁パートナーデューン不動産パートナーズLPとブロンクスロジスティクスセンターの再資本化を完了

iCrowd Newswire - Sep 11, 2020

– 垂直統合不動産投資開発会社であるターンブリッジ株式(ターンブリッジ)は、ニューヨーク市のハンツポイントサブマーケットの14.2エーカーに位置するクラスA産業開発サイトであるブロンクスロジスティクスセンターの再資本化を発表しました。 ブロンクスロジスティクスセンターは、完成時にこの地域で最大のマルチストーリー、ラストマイル流通施設の1つになると予想され、現在、ニューヨーク市市場で唯一の計画された産業開発サイトであり、利用可能な鉄道アクセスを備えています。

再資本化の一環として、ターンブリッジはデューン不動産パートナーズLP(デューン)の関連会社と新しい合弁会社に進出し、5つの小包の集合体を所有し、開発しました。 合弁会社は同時に、J.P.モルガンとのプロジェクトのための開発前の資金調達で1億5000万ドルを確保しました。 ターンブリッジは、2018年から始まる一連のオフマーケット取引で5つの不動産集合体を完了しました。

ターンブリッジのマネージング・プリンシパルであるライアン・ネルソン氏は、「このユニークな資産とブロンクス産業市場を強く信じています。「この供給制約地域には、品質、ラストマイルの流通スペースに対するテナント需要が非常に高まっています。 ブロンクスロジスティクスセンターの革新的なデザインと無敵の場所は、この分野で急増する電子商取引取引を活用し、より迅速で便利な配達のための消費者の需要の高まりを活用する準備ができています。

「ターンブリッジは、ブロンクスロジスティクスセンター開発の再資本化を完了し、一流の投資会社デューンとの新しい戦略的ベンチャーを発表できることを嬉しく思います」と、ターンブリッジのマネージング・プリンシパル兼創設者であるアンドリュー・ジョブロン付け加えます。「ターンブリッジとデューンの成功した実績は、当社の共通の投資理念と資本の柔軟性と組み合わせることで、手ごわいパートナーシップを生み出します。 この世界クラスのラストマイル配布施設を共同で完成させることを楽しみにしています。

デューンのダニエル・M・ナイディッチ最高経営責任者(CEO)は、「ニューヨーク市の物流市場で実績のあるパートナーであるターンブリッジとの合弁事業に興奮しています。 ブロンクスロジスティクスセンターは、大幅に供給制約を受けたニューヨーク市地域内の都市面のインフィル産業資産に対するテナントと投資家の需要を加速させる立場にあります。

立地の良いブロンクスロジスティクスセンターは、この地域の主要なトランジット動脈であるI-95、I-87、I-278に近接し、車で30分以内に1,700万人以上の消費者にアクセスできる、ラストマイルの物流施設に最適な場所にあります。ニューヨークへの素晴らしいアクセスを提供し、マンハッタンへの即時のフリーダイヤルを含む周辺の郊外の多くを提供しています。

ターンブリッジ株式について

2015年にアンドリュー・ジョブロンによって設立されたターンブリッジ株式は、ニューヨークロサンゼルスワシントンDC、マイアミオースティンにオフィスを構える、垂直統合された非公開の不動産投資および開発会社です。ターンブリッジはSEC登録投資アドバイザーであるターンブリッジREファンドマネジメントカンパニーI LLCで、運用資産は17億ドルを超えています。ターンブリッジのフルサービスプラットフォームと広範な関係により、同社は不動産の取得、開発、再配置、運営を行い、投資家やパートナーに価値を生み出すことを可能にします。ターンブリッジとそのプリンシパルは、各投資の結果を駆動するために、高いレベルの創造性と思考リーダーシップをもたらすことを目指しています。成功した投資戦略を実施した実績を持つターンブリッジは、市場シフトに先立って、新たなトレンドと収益化された価値を活用してきました。

デューン不動産パートナーズについて

デューン不動産パートナーズは、地域、セクター、リスクプロファイルによってバランスのとれた苦痛、深い付加価値、逆張りの投資に焦点を当てた投資戦略を実行するニューヨーク市に拠点を置く不動産投資会社です。デューンは、2005年にダニエル・M・ネイディッチ氏によって立ち上げられ、現在までに約40億ドルの株式資本を調達してきたデューン不動産ファンドを管理しています。デューンは、年金基金、ソブリン・ウェルス・ファンド、エンダウメント、その他の大規模な機関や個人に代わって投資しています。

お問い合わせ先:
グレートインクコミュニケーションズ株式会社 – 212-741-2977
トム・ノーラン(247024@email4pr.com)
フランシスコ・ミランダ(247024@email4pr.com)

 
 

Contact Information:

Great Ink Communications, Ltd. – 212-741-2977 
Tom Nolan (247024@email4pr.com)
Francisco Miranda (247024@email4pr.com)



Tags:    Japanese, United States, Wire Real Estate