USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Sep 16, 2020 12:27 AM ET

FIBRAプロロジス、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチの2020年グローバル不動産カンファレンスに参加


FIBRAプロロジス、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチの2020年グローバル不動産カンファレンスに参加

iCrowd Newswire - Sep 16, 2020

メキシコのクラスA産業用不動産の主要な所有者であり運営者であるFIBRAプロロジス(BMV:FIBRAPL 14)は本日、ルイス・グティエレス最高経営責任者(CEOプロロジス・プロパティ・メキシコ)がバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ2020グローバル不動産会議に参加する予定であることを発表しました。

グティエレス氏は「プロロジス・プロパティ・メキシコ」セッションで講演し、9月16日(水)午後12時/午前10時CTで、市場状況と会社の将来の見通しに関する議論を含む会社の概要を提供する可能性があります。

「プロロジス・プロパティ・メキシコ」セッションは生中継され、90のウェブキャストまたはwww.fibraprologis.comの投資家情報セクションからアクセスできます。プレゼンテーション資料は、9月15日(火)に、同社のウェブサイトの投資家情報セクションでダウンロードできます。

フィブラプロロジスについて

FIBRAプロロジスは、メキシコのクラスA工業用不動産の主要な所有者と運営者です。2020年6月30日現在、FIBRA Prologisはメキシコの6つの工業市場で201の物流および製造施設で構成され、合計3,900万平方フィート(360万平方メートル)の総リーズ可能面積を占めています。

Contact Information:

www.fibraprologis.com



Tags:    Japanese, United States, Wire Real Estate