USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Nov 12, 2020 11:57 PM ET

パンデミックは、バイヤーが多世代の家を求め、売り手がより速く売り込む原因となった


パンデミックは、バイヤーが多世代の家を求め、売り手がより速く売り込む原因となった

iCrowd Newswire - Nov 12, 2020

コロナウイルスのパンデミックは、過去8ヶ月間にアメリカの住宅市場でいくつかの変化を開始しました。住宅購入者と売り手の行動の変化は、買い手の通常の傾向が変化し、販売の緊急性が加速するにつれて特に顕著でした。

これは、全米不動産業者協会の新しいデータによると®‘ 2020住宅購入者と売り手のプロファイル,1アメリカ全土の買い手と売り手の人口統計、好みや経験を議論する年次レポート.

3月以降に取引を完了した人は、多世代の家を購入する可能性が高かった。多世代住宅購入は、4月以前に閉鎖した人の11%に対し、3月以降の売上の15%を占めました。パンデミックの初期の数週間以内に設立された在宅注文に照らして、3月以降に購入したバイヤーの14%がCOVID-19のために取引が遅れたと言いました。

NARの人口統計と行動洞察担当副社長のジェシカ・ラウツ氏は、「間違いなくコロナウイルスは、住宅購入者が住宅状況を再評価し、住宅の規模や目的地を再考することにつながった」と述べた。

「バイヤーは、ホームオフィスやホームジムを望んでいたかもしれないので、より多くの部屋、より多くの平方フィートとより多くのヤードスペースを持つ住宅を求めました」と、彼女が付け加えました。「彼らはまた、余分なスペースが世帯が現在住居内に住んでいる高齢の成人の親戚や若い大人をよりよく収容することを可能にするので、より大きな家のために買い物をしました。

他の更新された統計の中で、今年のレポートには、COVID-19パンデミック中のアクティブな住宅購入者と売り手に関する2つの新しいセクションが含まれています。2020年4月以降に終了した購入と販売は、パンデミック中に発生した取引とみなされます。調査は、ウイルスが形になる前に買い手と売り手の行動を評価し、発生の真っ只中で消費者と売り手のパターンを評価しました。

3月以降に購入したバイヤーは郊外に移転する可能性が高く、その場所に関係なく、4月以前に購入した人に対して$270,000に比べて平均339,400ドルを支払う可能性が高かった。調査結果は、パンデミックの間に家を購入した人が10年間そこに残ると予想されていることを示しています。これは、COVID-19の流行前に購入した人の15年と比較されます。

3月以降に購入したバイヤーの5%は、4月以前に購入したバイヤーの3%に対し、物理的に自宅を直接見ることなくそうしました。3月以降に決算に進んだ人は、貸し手によって拒否される可能性が低く、4月以前のバイヤーの5%に比べて2%でした。このグループはまた、世帯収入が高く、4月以前のバイヤーの場合は$94,400と比較して$100,800でした。

Lautzは、パンデミックによる住宅販売者の間でいくつかの追加の重要な行動の変化を指摘しています。

「非常に多くの売り手は、彼らの古い家から抜け出し、検疫中に彼らのニーズをよりよく満たすより大きな何かに移動することを熱望していました」と、彼女が言いました。

NARの報告書は、2020年に販売した所有者が、売却の必要性は「少なくともやや緊急」であると言う可能性が高いことを明らかにしている。4月以降に閉鎖した人は、4月以前の13%に比べて18%の小さすぎるため、売却する可能性が高かった。

3月以降の売り手は、家を売るのを助けるためにインセンティブを使用する可能性が高く、4月以前の99%に比べて定価の98%で販売しました。しかし、3月以降に販売された住宅は、4月以前に販売されたものの$270,700と比較して、最終的に販売価格が高く$300,000でした。

3月以降に売却した住宅所有者の56%が郊外で売却されたのに対し、4月以前に販売した48%でした。

買い手と売り手の行動のその他の変化

NARの調査によると、55歳の平均買い手年齢は史上最高でした。初めての平均的な買い手は33歳でした。

シングル女性バイヤーのわずかなリバウンドがあった – 18%は2019年の17%から.18歳未満の子供を持つバイヤーの記録的な低い33%のシェアが記録されました – 1985年の58%から減少しました。

初めて購入した人の割合は31%に低下し、2019年の33%から減少しました。 これは1987年の30%の記録以来最低のシェアです。初めてのバイヤーの22%は、家族の家から直接所有権に移動しました。これも昨年より低いシェアです。

NARの調査によると、バイヤーの97%がオンラインで自宅を検索しました。これはオンラインホーム検索の割合が最も高く、昨年の93%から跳ね上がっています。家を探すために費やされた時間は、2007年以来最短の検索である10から8週間に減少しました。

「一部のバイヤーは、物理的に直接見る前に家を購入しました」と、Lautzが言いました。「彼らは調査し、オンラインで写真を見て、自分のコンピュータや携帯電話からバーチャルツアーを行い、最終的にはエージェントを通じてオファーをしました。

平均して、バイヤーは直接9つの家を見て、仮想ツアーリストを介してオンラインでのみ追加の5つの家を見ました。買い手の53%は、適切な不動産を見つけることが住宅購入プロセスの最も困難なステップであると言いました。

エージェント

バイヤーの88%は、自宅を購入するためにエージェントを使用して報告しました。これは歴史的な高値に近いです。バイヤーの半数以上が紹介を通じてエージェントを見つけたり、過去にエージェントを使用したと述べたりしました。バイヤーの91%は、将来的に同じエージェントを「間違いなく」または「おそらく」使用すると述べています。

「不動産業者®は、アメリカの不動産産業を維持するだけでなく、過去1年間に前例のない予期せぬ課題に直面した我が国の経済を維持するのを助ける役割を果たしました」と、カリフォルニア州サンフランシスコのマルタ&Co.社のブローカーであるNAR社長ヴィンス・マルタは述べています。「私たちは皆、このパンデミックで未知の領域にいるので、これまで以上に多くのバイヤーが、不確実性の一部と私たちの誰かが今まで見た中で最も複雑で競争の激しい市場の1つをナビゲートするのを助けるためにエージェントに目を向けたことは驚くべきことではありません。

ホームsの中で

エラーズは、89%が販売を手伝うためにエージェントに目を向けました。売買別取引は8%で、歴史的な安値に近かった。

初めて、住宅購入者と売り手調査はiBuyerの使用状況を調べ、1%未満がiBuyerを介して不動産を売却したことを発見しました。すべての売り手の88%は、幅広いサービスを提供し、住宅販売のほとんどの側面を管理する売り手のエージェントを使用して報告しました。89%が、将来的に販売代理店を推薦するか、同じエージェントを使用すると述べた。

住宅購入の実行

NAR調査では、住宅購入者が新しい住宅に対してどのように支払ったかを調べ、購入者の87%が購入資金を調達したことを明らかにしました。このシェアは前年と似ています。さらに、頭金全体の12%の中央値は2019年から変わらず、その数は初めて購入する人の6%から7%に増加しました。リピートバイヤーの頭金の中央値は2020年に16%でした。

ラウツによると、買い手の頭金の引き下げは、住宅価格の着実な上昇に起因する可能性があります。「住宅在庫が不足しているため、価格があまりにも速く跳ね上がっています」と、彼女が言いました。「これらのコストの上昇は、買い手が頭金のために貯蓄することをはるかに困難にし、初めての購入者が市場に参入するのをより困難にします。

学生ローンの負債は、頭金の貯蓄に苦労した人にとっての主な障壁であり、平均的な住宅購入者はそのような負債の30,000ドルを運んでいました。住宅購入者の33%は、家を購入するために財政的な犠牲を払わなければならなかったと報告しました。未婚カップルの44%も金銭的な犠牲を払わなければいけと言った。

報告書によると、初めての購入者の26%が、贈り物やローンを通じて必要な頭金を手伝うように家族や友人に呼びかけた。このシェアは昨年の33%から低下した。

その他のユニークなテイクアウト

ダウンサイジングは珍しかったが、55歳以上の売り手は平均100平方フィートのダウンサイズを行った。しかし、これらの売り手は、多くの場合、移転時により手頃な価格の場所を見つけました。

2年連続で、売り手は、販売する彼らの主な理由として、友人や家族に近づきたいという彼らの願望を挙げました。この傾向は、遠くに移動する人のために高いですが、近くに移動する人は、移転の主な理由として、より大きな家への欲求を挙げる可能性が高いです。

家庭内の全体的な任期は10年で史上最高のままです。

NARの調査について

NARは2020年7月、132,550人の最近の住宅購入者に地理的に売上を代表するように重み付けされたランダムなサンプルを使用して131の質問調査を郵送しました。回答者は、ハードコピーまたはオンラインでアンケートに記入するオプションを持っていました。オンライン調査は英語とスペイン語で利用可能でした。プライマリレジデンスのバイヤーから合計8,212件の回答が寄せられた。未配達のアンケートを考慮した後、調査の回答率は6.2%でした。95% 信頼度レベルのサンプルの信頼区間はプラスマイナス 1.08% です。

最近の住宅購入者は、2019年7月から2020年6月の間にプライマリレジデンスホームを購入する必要がありました。

全米不動産業者協会®は、住宅および商業用不動産業界のあらゆる側面に関与する140万人以上のメンバーを代表するアメリカ最大の業界団体です。

NAR に関する情報は、www.nar.realtorで入手できます。このニュースリリースやその他のニュースリリースは、「ニュースとイベント」タブの下のニュースルームに掲載されています。このリリースの統計データ、その他の表やアンケートは、「調査と統計」タブに掲載されています。

1NARの住宅購入者と売り手のプロフィールの2020年版は、最近の買い手と売り手の人口統計、好み、経験を評価する国家住宅データの最長のシリーズを続けています。結果は所有者居住者を代表するものであり、投資家や別荘は含まれていません。

Contact Information:

https://www.nar.realtor



Tags:    Japanese, United States, Wire Real Estate