USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Nov 12, 2020 3:46 AM ET

自動車におけるスマートテクノロジーの応用拡大を牽引し、自動車用スマートガラス市場が大幅に拡大


自動車におけるスマートテクノロジーの応用拡大を牽引し、自動車用スマートガラス市場が大幅に拡大

iCrowd Newswire - Nov 12, 2020

レポートオーシャンは最近、世界の自動車スマートガラス市場に関する新しい研究レポートを発表しました。この研究は、「世界の自動車スマートガラス市場規模調査」と題して、技術タイプ(エレクトロクロミック、ポリマー分散液体装置(PDLC)、浮遊粒子デバイス(SPD)、アプリケーションタイプ(リアウィンドウとサイドウィンドウ、サンルーフガラス、その他)、車両タイプ(乗用車、商用車)、地域予測2020-2027別に、この市場の詳細な分析を行った後に作成され、様々な市場の市場分析を行い、市場のあらゆる分野の市場調査を行っています。 サンプルコピーの取得 @ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw1541 近年、スマートグラスは、フロントガラス、サンルーフ、窓、バックミラーなどの自動車用途に幅広く応用されています。熱制御、明るさ制御、セキュリティとプライバシーの向上など、スマートグラスの提供に対する意識が大きく高まっています。これにより、自動車メーカーは自動車メーカーにスマートガラスを車両に配備するよう促し、世界の自動車スマートガラス市場で大きな成長を続けています。 今後、世界中で乗用車や商用車の製造が増加し、高級車や高級車へのサンルーフの普及が進み、今後も世界市場が押し上げものと予想されています。裏を返せば、材料と製造の高コストは、予測期間中にこの市場の成長を妨げる可能性があり、市場調査を報告しています。 Covid 19が世界の自動車スマートガラス市場に与える影響 コロナウイルスのパンデミックから深刻な影響を受けた市場の1つは、世界の自動車スマートガラス市場を含む傘下の世界の自動車産業と市場です。自動車の生産が完全に停止する中、自動車用スマートガラスの需要も大幅に減少しました。しかし、生産が再開された今、自動車用スマートグラスの市場は、近い将来、世界中で勢いを取り戻すと予測されています。 アジア太平洋地域、最高上昇を記録 アジア太平洋地域は、高度なシステムを搭載した自動車の生産が多いため、自動車用スマートグラスの主要な地域市場として浮上しています。自動車メーカーの大規模なプールの存在は、今後数年間でこの地域の地位を維持する可能性が高いです。アジア太平洋地域の自動車用スマートガラス市場も、予測期間中に最も高い成長率を示すことが予想されています。消費者の可処分所得の増加とアジア諸国の高級車や高級車の需要の増加は、今後数年間でこの地域市場の成長を後押しすると予測されている、と調査報告書は述べている。 主な調査結果:

世界の自動車用スマートガラス市場は、次の通りです。 テクノロジの種類別

アプリケーションの種類別

車両タイプ別

地域別

報告書に記載されている企業

完全なレポート @ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw1541を読む

Contact Information:

1888 212 3539



Tags:    Japanese, Latin America, North America, Research Newswire, South America, United States, Wire