USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Nov 16, 2020 3:15 AM ET

集合住宅リース特約と賃料の引き下げは、10月の占有率を押し上げる


集合住宅リース特約と賃料の引き下げは、10月の占有率を押し上げる

iCrowd Newswire - Nov 16, 2020

Proptech企業MRIソフトウェア(「MRI」)の最新の報告によると、占有率を促進するためにリースの譲歩と低い家賃を使用した家主は、10月に彼らの使命に成功しました。 賃貸人がこれらのインセンティブを利用したため、引っ越し量は2019年10月の66%に減少しました。

同社の最新のレポートは、2020年1月から10月、2019年10月から10月にかけて、100万台以上の市場レートユニット(MRIクライアントが管理する総ユニットのサブセット)のデータをまとめています。分析には、前月比と前月比の両方の比較が含まれます。

ハイライト:

MRIソフトウェアのブライアン・ズリムセク氏は「冬は伝統的にリース期間が遅く、パンデミックは方程式に不確実性を加えています」と述べています。そのため、家主は価格の引き下げと譲歩の増加で、より高い占有率を効果的に購入しています。

「この傾向は、近い将来に効果的なワクチンが利用可能かどうか、そして新しい刺激パッケージが制定されるかどうかが明らかになるまで続く可能性が高い」と彼は指摘する。 「我々は状況を注意深く監視する」

MRIソフトウェアについて
MRIソフトウェアは、革新的な不動産ソフトウェアアプリケーションとホストソリューションのリーディングプロバイダーです。MRIの包括的で柔軟なテクノロジープラットフォームとオープンで接続されたエコシステムを組み合わせることで、不動産レベルの管理や会計から、世界の商業および住宅市場の投資モデリングや分析まで、不動産ビジネスの独自のニーズを満たします。不動産ソフトウェア業界のパイオニアであるMRIは、約50年にわたる専門知識と洞察力に基づいて、永続的な顧客関係を築いています。MRIは、先進的なソリューションと豊富なパートナーエコシステムを通じて、コミュニティの生活、働き方、遊び方を変革し、ビジネスを高め、競争力を高める自由を組織に提供します。詳細については、mrisoftware.comをご覧ください。

メディア連絡先:

(米国:MRI)
レイチェル・アントマン(+1 212-362-5837)
rachel@saygency.com

(英国)MRI向けプラットフォーム通信
ゾーイ ムンバイ(+44 7725 832393)
またはヒュー・フィルワン (+447905 044850)
mri@platformcomms.com

Contact Information:

(U.S. for MRI)
Rachel Antman ( 1 212-362-5837)
rachel@saygency.com



Tags:    Japanese, United States, Wire Real Estate