USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Nov 18, 2020 6:16 PM ET

CGFメンバーは、製品データの改善、サプライチェーンコストの削減、消費者の信頼の確保に取り組んでいます。


CGFメンバーは、製品データの改善、サプライチェーンコストの削減、消費者の信頼の確保に取り組んでいます。

iCrowd Newswire - Nov 18, 2020

パリ、2020年11月12 消費財フォーラム(CGF)は、業界のデータ交換プロセスにおける2つの基本的な課題に対処するために設計された 、製品データ行動連合の一環として、5つのプロジェクトを発表しました。 GS1の支援を受けて管理するプロジェクトは、製品データの品質を向上させ、データ交換プロセスの不整合を削減することを目的としています。これらは、データ交換に対する一貫性のないアプローチの急増を減らし、品質の悪い製品情報とブランドオーナーや小売業者に不要なコストをもたらします。これは最終的に、特に電子商取引において、売上の損失と消費者の信頼の低下につながります。 製品データ連合は、すべての製品が一意の識別を持ち、すべてのユニークな製品IDをリアルタイムで検証し、すべてのブランド所有者、小売業者、プラットフォームが2022年までに同じ基本的なグローバルデータモデルに従うことを目指しています。これは、中期的に新しいテクノロジとフェデレーション データ共有を容易に使用できるように、DataPorts テクノロジの自主的なテストと並行して行う必要があります。具体的には、5つのプロジェクトがカバーします。

デジタルコネクティビティのコラボレーションにより、COVID-19がますます多くの買い物客をオンラインで推進し、社会的な傾向とデジタルメディアが透明性の向上を求める需要を高めている時期に、業界が消費者の信頼を高めることが可能になります。また、製品のリスティングプロセスを簡素化し、市場投入までの時間を短縮します。これは、 関係するCGFメンバー とサプライチェーンに沿った他のパートナーのためのウィンウィンです。 消費財フォーラムエンドツーエンドバリューチェーンディレクターのRuediger Hagedorn氏は、「当社のメンバーは、幅広い分野で業界を改善するための取り組みの中核をなっています。サステナビリティなどのトピックは、多くの場合、トップ課金を取りますが、データの重要性と持続可能性、健康、透明性の取り組みをサポートする上での重要性を忘れないようにすることが重要です。小売業者と消費者ブランドは、サプライヤー、パートナー、消費者と共有される製品データが正確かつ効率的に見つけることができるようにする責任があります。このニーズを満たさないと、コストが増加し、信頼が低下します。製品連合の仕事は、すべての当事者に利益をもたらす具体的な解決策を探しています。 製品データ連合の国際業務責任者、SPARインターナショナル、共同議長のトム・ローズ氏は、「小売業者として、お客様が店舗とウェブサイトの両方で受け取った情報を信頼できることが重要です。当社は、固有の、正確かつ完全な製品識別と帰属へのアクセスを持っている必要があります。このデータはメーカーによって検証され、製品の詳細を効率的に認証および検証できるようにする必要があります。正確で検証可能な製品データはすべての小売業者にとって重要であり、私はより多くの小売業者が私たちが働く方法を変えるこの重要なCGFイニシアチブに関与することを奨励します。. バロン・ウィザースプーン、シニアVP、グローバル産業問題&企業レースイニシアチブ、プロクター&ギャンブル、および製品データ連合の共同議長は、「製品データ連合は、地面を実行しています。これらのプロジェクトは、サプライチェーン全体で不要なコストを削減する上で重要なステップであり、多くの企業がCOVID-19の影響を感じている時期に進んでいます。私たちは、パートナーや消費者がアクセスできる製品データの品質を向上させるためにもっと多くのことを行う必要があり、GS1の支援を受けてこれらのプロジェクトは、私たちがそこに到達するのに役立ちます。 アクションの製品データ連合のメンバーは、次の2人で、イオン社、アホールド・デルハイズ、アジノモト、バリラ、コルゲート・パルモライブ、 ダノン、グラキソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア、ハイネケン、ヘンケル、IGA、ジェロニモ・マーティンズ、ジョンソン・アンド・ジョンソン、ケロッグ・カンパニー、ロレアル、ランド・オレイクス、メトロAG、ミグロス・ティカレット、ネスレ、ペプシコ、サヴェンシア、コカ・コーラ・カンパニー、J.スマッカー・カンパニー、ザ・.M あなたが小売業者や消費財ブランドであり、より多くを学びたい、または関与したい場合は 、e2e@theconsumergoodsfourm.comでCGFの製品データ連合に接続してください。プロジェクトの詳細については、 連合のウェブサイト を参照するか、 クイックスタートガイドをダウンロードしてください。 製品データ連合について 消費財フォーラム(CGF)のCEO主導の製品データに関する行動連合は、今日のデータ交換プロセスで直面している弱点に対処することを目的としています。これを達成するために、連合は、すべての製品が一意の識別を持ち、すべてのユニークな製品IDをリアルタイムで検証し、すべてのブランド所有者、小売業者、プラットフォームが2022年までに同じ基本的なグローバルデータモデルに従うことを保証するために取り組んでいます。これは、中期的に新しいテクノロジとフェデレーション データ共有を容易に使用できるように、DataPorts テクノロジを自主的にテストする場合と並行して行う必要があります。連合のメンバーとそのパートナーは、貿易相手国がリアルタイムで正確かつ独立して保証された製品データにアクセスできる業界のビジョンを共有しています。消費者は、購入した製品とその入手元に関する質問に対する正確なオンデマンド回答を得ることができます。また、消費者は、企業がデータを確実に使用し、保護すると確信できます。詳細については 、www.tcgfvaluechain.comを参照してください。 消費財フォーラムについて 消費財フォーラム(「CGF」)は、世界中の消費財業界にサービスを提供する慣行と基準の世界的な採用を奨励するために、メンバーによって駆動されるグローバルなパリティベースの業界ネットワークです。70カ国の約400の小売業者、製造業者、サービスプロバイダー、その他の利害関係者のCEOと上級管理職が集まり、業界の多様性を地理、規模、製品カテゴリ、フォーマットに反映しています。そのメンバー企業は3.5兆ユーロの売上を合わせ、約1,000万人を直接雇用しており、バリューチェーンに沿ってさらに9,000万人の関連雇用が見積もられました。これは、58のメーカーと小売業者のCEOで構成される取締役会によって支配されています。詳細については、 www.theconsumergoodsforum.comを参照してください。

Contact Information:

Lee Green
Director, Communications
The Consumer Goods Forum
l.green@theconsumergoodsforum.com

Ruediger Hagedorn
Director, End-to-End Value Chain
The Consumer Goods Forum
e2e@theconsumergoodsforum.com



Tags:    Japanese, United States, Wire