USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Nov 18, 2020 1:36 AM ET

Redfin調査:賃貸人の39%がパンデミックのために職や賃金を失い、住宅所有者の30%に対して


Redfin調査:賃貸人の39%がパンデミックのために職や賃金を失い、住宅所有者の30%に対して

iCrowd Newswire - Nov 18, 2020

技術を活用した不動産仲介会社Redfin(redfin.com)の新しいレポートによると、アメリカ人の32%がコロナウイルスの大流行のために職を失ったり、賃金を失ったり、家計の誰かが失われました。このレポートは、10月にフィールド化された3,000人以上の米国居住者の調査の結果を示しています。

持ち家の地位で分類すると、賃貸人の39%が失業や賃金を報告し、住宅所有者の30%が失われました。

「パンデミックは不平等を悪化させ、家を所有する人々とそうでない人々との間の富の格差を拡大させている」とRedfinのチーフ・エコノミスト、ダリル・フェアウェザーは述べた。「失業や賃金を失った賃貸人は、生活費の貯蓄に浸り、持ち家を手の届かないところに押し上げている可能性が高い。より多くの住宅所有者が仕事を続けることができ、リモートで働くことができる多くの人は、より望ましい地域でより大きく、より良い家を購入するためにホームエクイティを現金化しています。

住宅所有者は、賃貸人よりも今財政的に良くなる可能性が高いです

同じ調査の回答者の50%は、4年前よりも財政的に良いと答えています。

持ち家の地位によって分解すると、住宅所有者の53%は、賃貸人の44%に比べて、4年前よりも財政的に良いです。裏を返せば、賃貸人の37%は住宅所有者のわずか22%に対して財政的に悪化しています。

政治的な所属によって分解すると、トランプの有権者の63%は4年前よりも財政的に良く、バイデンの有権者の43%が財政的に良いです。

今年投票する予定の調査回答者の内訳によると、賃貸人の57%がバイデンの有権者として自分自身をトランプの有権者として報告している。住宅所有者は同様に各候補者を支持する可能性が高い:住宅所有者の47%がトランプの有権者であり、46%がバイデンの有権者である。

「国は大きな景気後退の真っ只中にあるにもかかわらず、住宅所有者の大半は、住宅価値の大幅な増加もあって、過去4年間で財政的な利益を上げました」と、フェアウェザーが言いました。「しかし、ホームエクイティからの富の増加なしに住宅費の上昇に直面している賃貸人は、4年前よりも財政的に悪化する可能性が高い。変化への欲求は、賃貸人が大統領にジョー・バイデンに投票した可能性が著しく高い理由の一つかもしれません。

レッドフィンについて
Redfin(www.redfin.com)は、コミッション主導の業界で消費者に有利な不動産を再定義する、技術力のある住宅不動産会社です。私たちは、住宅の売買プロセスのすべてのステップを統合し、私たち自身のエージェントを独自の技術と組み合わせることで、より速く、より良く、より少ないコストのサービスを作成することによってこれを行います。私たちは、仲介、iBuying、住宅ローン、およびタイトルサービスを提供し、我々はまた、Redfin見積もりを含む消費者にオンラインツールのホストを提供し、国の#1不動産仲介検索サイトを運営しています。私たちは、米国とカナダの90以上の市場で住宅を売買する人々を表しています。2006年の発売以来、私たちはお客様を8億ドル以上節約し、1,150億ドル以上の価値がある235,000以上の家を売買するのを手伝ってきました。

詳細については、または地元のRedfinの不動産業者にお問い合わせください, www.redfin.com参照してください。住宅市場の動向やダウンロードデータについては、Redfin データセンターをご覧ください。Redfin のプレスリリース配布リストに追加するには、電子メールpress@redfin.com

Contact Information:

press@redfin.com



Tags:    Japanese, United States, Wire Real Estate