USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Dec 2, 2020 4:57 PM ET

抗下痢薬市場規模は2025年までに2億9000万ドルに達すると推定


抗下痢薬市場規模は2025年までに2億9000万ドルに達すると推定

iCrowd Newswire - Dec 2, 2020

抗下痢薬市場の規模は2025年までに$290mに達すると推定されており、2020-2025年の予測期間中に2.7%のCAGRで成長する準備ができています。抗下痢薬は、突然の下痢を治療し、腸の動きを遅くするメカニズムを持っており、腸の動きの数を減らし、便を水水性にするのに役立ちます。下痢の原因は、ロタウイルス、肝炎、大腸菌、シゲラなどの細菌、およびアメーバ症およびジアルジア症を引き起こす寄生虫などのウイルスである可能性があります。下痢の事象の大半は、単純な食事の変更で終わると認識され、治療を必要としないが、重度の下痢の特定のケースでは、血液検査を含む検査検査と下痢の種類を分析するための便標本評価が必要である。下痢性疾患の発生率の増加は、抗下痢薬の需要を生み出し、それによって市場の成長につながっています。

タイプ別 – セグメント分析

タイプに基づく世界の抗下痢薬市場は、OTC薬、処方薬、および他を持っています。OTC医薬品は、2019年に高い収益を上げ、予測期間(2020-2025年)に成長する準備ができています。この成長は、軽度の病気を治療するためのパーソナライズされた医療に対する需要の高まりと、医療保険者による治療プロトコルの導入によるものとなっています。

レポートのサンプルの要求 @ https://www.industryarc.com/pdfdownload.php?id=17439

レポート価格: $ 4500 (シングルユーザーライセンス)

アプリケーション別 – セグメント分析

エンドユースに基づく世界の抗下痢薬市場は、大人、子供、その他にさらに分類することができます。2019年の売上高は子ども向けセグメントがトップで、予測期間中(2020-2025年)に成長する構えです。WHOによると、下痢は、特に5歳未満の小児において、第2の主要な死因である。さらに、下痢は、病気が彼らの適切な成長に必要な栄養の子供を奪うので、子供の栄養失調の主な原因であることが知られています。

地理別 – セグメント分析

北米は2019年に市場の主要なシェアを持っていました。これは、下痢の有病率が高く、抗下痢薬の導入率が高いためです。さらに、アジア太平洋地域は、2020年から2025年の予測期間中に急速な成長を遂げると推定されており、中国やインドなどの新興国は、衛生的で不適切な衛生手順のために抗下痢薬の主要な消費者であり、意識とインフラが高まっています。

ドライバー – 抗下痢薬市場

下痢性疾患の上昇

抗下痢薬市場は下痢性疾患の発生率の増加のために成長する準備ができています。.世界の抗下痢薬市場を牽引している様々な要因は、医療施設の改善に対する政府の取り組みの増加、抗下痢薬に対する意識の高まり、下痢症例の罹患率の増加です。

以下のリンクに詳細を入力して、完全なレポートについて当社の営業担当者にお問い合わせください。

https://www.industryarc.com/support.php?id=17439

課題 – 抗下痢薬市場

抗下痢薬の副作用

便秘、満腹感、膨満感などの抗下痢薬の取り込みに関連する様々な副作用は、世界的な抗下痢薬市場を抑制しています。さらに、伝統的な治療法や家庭の救済策は、新興国で依然として人気があります。これは抗下痢薬の市場を制御.

抗下痢薬市場の見通し

製品の発売、合併・買収、合弁事業、地理的拡大は、抗下痢薬市場のプレーヤーが採用する重要な戦略です。この市場グラキソ・スミスクライン、プロクター&ギャンブル、ファイザー、アクテリオン、ペリゴ、ルパン、グレンマーク製薬、サノフィ・アベンティス、メルク&カンパニーの主要企業、ノバルティス。

買収/製品発売

2020年2月、グレンマーク・ファーマシューティカルズとヒクマは、米国でライアルトリス季節アレルギー性鼻炎スプレーを商業化するための独占ライセンス契約を締結しました。
2019年12月、サノフィ・アベンティスとレジェネロン・ファーマシューティカルズ社は本日、ロイヤリティベースの契約に再編することで、ケヴザラとプラルエントの抗体コラボレーションを簡素化する意向を発表しました。

キーテイクアウト

地理的には、北米地域は、下痢の有病率が高く、抗下痢薬の採用率が高いため、異常な発展を見る準備が整っており、予測期間中(2020-2025年)に継続する予定です。

下痢性疾患の発生率の増加は、抗下痢薬の需要を生み出し、それによって、予測期間2020-2025の間に市場の成長につながっています。

便秘、満腹感、膨満感などの抗下痢薬の取り込みに関連する様々な副作用は、世界的な抗下痢薬市場を抑制しています。

市場で活動する著名なプレーヤーの強さ、弱さ、機会に関する詳細な分析は、抗下痢薬市場レポートで提供されます。

関連レポート :

A. 抗薬市場分析

https://www.industryarc.com/Report/15596/antiemetic-drugs-market.html

B. 抗てんかん薬市場

https://www.industryarc.com/Report/15597/antiepileptic-drugs-market.html

インダストリアルアークについて:IndustryARCは、主に最先端の技術と新しいアプリケーション市場調査に焦点を当てています。当社のカスタムリサーチサービスは、市場の世界的な需給ギャップにおける絶え間ない流動に関する洞察を提供するように設計されています。当社の強力なアナリストチームは、お客様のビジネスにさまざまな選択肢を提供し、迅速にクライアントの調査ニーズに対応することができます。その他のカスタム要件は、当社のチームと話し合い、コンサルティングサービスについて詳しく話し合うためにsales@industryarc.com電子メールをドロップすることができます。

ヴェンカット・レディ
営業部長
電子メール: venkat@industryarc.com
ウェブサイト: https://www.industryarc.com
電話: (1) 970-236-3677

Contact Information:

Venkat Reddy
Sales Director
Email: venkat@industryarc.com
Website: https://www.industryarc.com
Phone: (+1) 970-236-3677



Keywords:    Anti Diarrheal Drugs Market, Anti Diarrheal Drugs Market size, Anti Diarrheal Drugs industry, Anti Diarrheal Drugs Market share, Anti Diarrheal Drugs top 10 companies, Anti Diarrheal Drugs Market report, Anti Diarrheal Drugs industry outlook.
Tags:    Extended Distribution, iCN Internal Distribution, Japanese, News, Research Newswire, Wire