USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jan 1, 2021 12:49 AM ET

世界の消毒剤ワイプ市場レポート |共有 |トレンド |予測 |成長と機会


世界の消毒剤ワイプ市場レポート |共有 |トレンド |予測 |成長と機会

iCrowd Newswire - Jan 1, 2021
global-disinfectant-wipes-market世界の消毒剤ワイプ市場:種類別(使い捨て、非可処分)、材料(複合、耐久性のある繊維、ファブリック、ヴァージンファイバー)、エンドユース(病院、診療所、公衆衛生ラボ、フードサービス、パーソナルケアワイプ、その他)、流通チャネル(オンラインチャネル、小売店など)、地理(北米、南米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカ)-業界動向分析&予測2027年
 
グローバル消毒剤ワイプ市場定義: 含浸前消毒ワイプの使用は、ハイタッチ屋外表面やパーソナルケア、病院の医療機器、その他の保健施設の除染の最も効果的かつ広範な方法の1つです。証拠は、クロスコンタミネーションの回避と医療関連感染症(HCAI)の伝染における消毒ワイプの有効性を確認します。消毒ワイプは、繊維織物からなるが、これらに限定されないが、熱可塑性繊維(ポリエチレンテレフタレート、ポリプロピレン)(ポリエチレンテレフタレート、ポリプロピレン)およびセルロース繊維(綿、木材パルプ、ビスコース、リヨセル)を含む。メチルイソチアゾリニは、殺菌剤ワイプキットで細菌および真菌の成長を抑止するために使用される天然の防腐剤です。
 
 
世界の消毒剤ワイプ市場の見通し: 消毒ワイプは、地理全体の需要の増加のために、今日注目を集めています。市場の成長を助ける主な要因は、慢性疾患およびウイルス性疾患の増加と衛生意識の高まりです。さらに、COVID-19パンデミックの事件は、市場の成長を指数関数的に引き起こします。
 
家庭、商業地域、病院での衛生の確保の重要性を啓発することは、市場需要の高まりの原動力です。Covid19の状況が続いているため、消毒剤のワイプや現在のサプライチェーン障害に使用される化学物質の副作用は、市場を抑制しています。さらに、消毒ワイプソリューションと満たされていない医療ニーズを開発することは、今後数年間で魅力的なビジネスの見通しを構築します。
 
フェオニックスリサーチによると、世界の消毒ワイプ市場の市場規模は、2020年から2027年にかけて6.1%のCAGRを登録しています。地理的にセグメント化された北米では、世界の消毒剤ワイプ市場全体の収益の面で市場と主要な貢献者を支配しました。
 
 
世界の消毒剤ワイプ市場ダイナミクス:
市場の推進力
• 消毒ワイプの上昇の進歩。
• COVID-19による環境・個人衛生に対する意識の高まり
• ハイ・アレーの高い普及率。
 
市場の抑制
• エンドユーザーが標準的な消毒の慣行に不遵守。
• 化学消毒剤の有害作用
 
世界の消毒剤ワイプ市場セグメンテーション:
タイプ別
• 使い捨て可能
• 非使い捨て
 
素材別
</span data-offset-key=”79ubs>

-0-1″>• コンポジット

• 耐久性のあるファイバー
• ファブリック
• バージンファイバー
 
流通チャネル別
•オンラインチャンネル
• 小売店
• その他
 
エンドユーザー別
• 診療所
• 病院
• 公衆衛生研究所
• パーソナルケアワイプ
• フードサービス
• その他
 
地理学別
• 北米
o 米国
o カナダ
o メキシコ
 
• 南アメリカ
o ブラジル
o アルゼンチン
o 南アメリカの他の地域
 
• ヨーロッパ
o ドイツ
o フランス
o イギリス
o イタリア
o スペイン
o ロシア
o トルコ
o ベルギー
o オランダ
o ヨーロッパの他の地域
 
• アジア太平洋地域
o 日本
o 中国
o 韓国
o インド
o オーストラリア
o シンガポール
o マレーシア
o インドネシア
o タイ
o フィリピン
o アジア太平洋地域の他の地域
 
</div class=”public-DraftStyleDefault-block public-DraftStyleDe>

fault-ltr” データ オフセット キー=”2a5pj-0-0″>• 中東とアフリカ

o 南アフリカ
o エジプト
o サウジアラビア
o アラブ首長国連邦
o イスラエル
o 中東とアフリカの他の部分
 
競争分析:世界の消毒剤ワイプ市場: 世界の消毒ワイプ市場は競争が激しく、主要企業は新製品の進歩、買収、契約、合弁事業、提携、買収など、この市場での足跡を上げるために様々なアプローチを使用してきました。調査の対象には、世界、アジア太平洋、北米、ヨーロッパ、南米、中東・アフリカの消毒ワイプ市場収益が含まれます。
 
主要市場の競合:世界の消毒剤ワイプ市場: 消毒剤ワイプ市場で現在働いている主要な競合他社のいくつかは
• レキット ベンキーザー グループ plc
• クロロックス社
• KCWW
• クレア・マニュファクチャリング・カンパニー
パーカー研究所
• ストライカー
•クリーンウェル、LLC。
• セブンスジェネレーション株式会社
• Windex
• 株式会社キノス
•五条、
• UPS衛生
• ステタン社
• ステリス plc
• ヴェルナケア
• ヴィロックス
• ホワイトリー
 
研究方法論: 大きなサンプルサイズを持つグローバルな消毒剤WIPES市場 収集モジュールは、データ収集および基準年度分析に使用されます。市場シェア分析と主要トレンド分析は、あらゆる市場レポートで成功を収める主な要因です。市場統計モデルとコヒーレントモデルは、市場データの分析に使用されます。研究方法論の詳細については、アナリストの呼び出しをリクエストしてください
 
フェニックスのリサーチコンサルタントは、独自の研究手法を使用して、データマイニング、データ変数の市場への影響の分析、および一次検証を含むデータを評価します。さらに、他のデータモデルは、市場概要とガイド、会社マトリックス、主要な強度ベンダーマッピング、市場予測分析、企業シェア分析、トップダウンおよびボトムアップ分析などで構成されています。
 
需要と供給の側面 – 一次調査回答者
需要側: 商業バイヤー, グループ購買組織, 協会, 医療選手, 医療機関, 学術と大学, 技術の専門知識, 研究者, プロモーター, 投資家など.
 
供給側: プロダクトマネージャー、マーケティングマネージャー、上級および中堅のエグゼクティブ、ディストリビューター、マーケットインテリジェンス、規制当局のマネージャーなど。
 
インサイトのレポート:
• 競争の激しいミリーに関する洞察を得るために

市場でu

• エンドユーザー評価/顧客行動
• 詳細な需給評価
• 主要市場の推進要因と制約分析
•関係する主要なプレーヤーの競争環境
• 市場セグメンテーションの詳細な分析
 

Contact Information:

Email: sales@pheonixresearch.com
Phone: 1 518 512 9180
Skype: nikhil12318



Tags:    Japanese, Latin America, North America, Research Newswire, South America, United States, Wire