USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jan 5, 2021 1:15 AM ET

デジタルシグナルプロセッサ市場需要分析、トップ企業、COVID 19分析、種類、アプリケーション、成長ドライバー、規模、シェア、業界分析予測 2023


デジタルシグナルプロセッサ市場需要分析、トップ企業、COVID 19分析、種類、アプリケーション、成長ドライバー、規模、シェア、業界分析予測 2023

iCrowd Newswire - Jan 5, 2021

市場のあらすじ

技術の発展とワイヤレスインフラストラクチャの分野は、世界の デジタルシグナルプロセッサ市場 2020を強化しています。家電、通信、自動車、監視、ナノテクノロジー、自動車などは、DSPが市場拡大を支援するメリットを提供する主要なアプリケーション分野の一部です。DSPは、通信業界からの需要の増加をもたらす高性能通信システムに有利であることが証明されています。ここ数年、監視部門は、I.P.カメラの需要の増加と高度なビデオ監視により、世界レベルでのDSPマイクロプロセッサの需要の増加により、堅調な拡大を見てきました。また、一人当たりの所得の増加や各国政府の取り組みも、デジタル信号処理機の成長に大きく貢献しています。数学の操作を行っている間の高精度および高い利点はDSPの本質的な利点の一部である。ゲーム消費者、I.T.、通信、家電などの産業の拡大は、DSP市場を強化する重要な重要な要因の一部です。

無料サンプルレポートを入手 : https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/1229

市場セグメンテーション

世界のデジタル信号プロセッサ市場は、アプリケーション、コンポーネント、タイプ、設計アーキテクチャ、産業、地域に基づいて分類できます。

アプリケーションに基づいて、世界のデジタル信号プロセッサ市場は、ナノテクノロジー、家電、自動車、通信、監視、医療などに分類することができます。

コンポーネントに基づいて、世界のデジタル信号プロセッサ市場は、システムオンチップ(SOC)、入力出力コントローラのシングルコアプロセッサとマルチコアプロセッサ、IC、その他のいくつかを分類することができます。

タイプに基づいて、世界のデジタル信号プロセッサ市場は、プログラマブル(FPGA&PLD)DSP、アプリケーション固有のDSP、および汎用DSPに分類することができます。

設計アーキテクチャに基づいて、世界のデジタル信号プロセッサ市場は、組込DSPとDSPに分類することができます。組み込み DSP はさらにマルチコア DSP プロセッサとシングルコア DSP プロセッサに分類されます。

地域に基づいて、世界のデジタル信号プロセッサ市場は北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、および世界の他の部分(RoW)に分類することができます。

レポートの詳細へのアクセス

https://www.marketresearchfuture.com/reports/digital-signal-processors-dsp-market-1229

地域分析

ヨーロッパ(ロシアを含む)、北米、アジア太平洋(ニュージーランド、オーストラリアを含む)、その他の世界(中東、アフリカ、南米を含む)の地理分析が行われました。世界のDSP市場は、安全で高速なデバイスストレージに対する需要の増加により、レビュー期間中に大幅に成長する可能性があります。分析された地域の中で、市場は自動車、家電、ヘルスケアにおけるデジタル信号プロセッサのより広範なアプリケーションのために北米によって支配されています。この拡張は、チップ機器のシステムの採用の増加によるものです。米国とカナダに確立されたテクノロジー企業の存在により、北米市場はブームを巻き起こすと最初のポジションを獲得します。北米市場はテクノロジーの側面に君臨しており、他のどの国よりも競争上の優位性を提供します。アジア太平洋地域は2番目のポジションを獲得し、最も急成長している地域です。地域における半導体組織の設立また、APACは半導体製品の最大の輸出国であり、DSP市場の拡大に重要な役割を果たしています。ヨーロッパは先進国の存在により3位に入る。この地域の監視市場の拡大は、市場成長の拡大における重要な要因の1つです。

主なプレーヤー

世界のDSP市場の最前線のプレーヤーはXilinx Inc. (米国)、アルテラ(米国)、デバイス株式会社(米国)、ブロードコム(米国)、クアルコム(米国)、NXPセミコンダクター(オランダ)、ルネサスエレクトロニクス(日本)、東芝(日本)、サムスン電子(韓国)、テキサスインスツルメンツ(米国)など

市場調査の将来について:

マーケットリサーチフューチャー(MRFR)では、お客様が調理調査レポート(CRR)、中途半端な研究レポート(HCRR)、生研究レポート(3R)、連続飼料研究(CFR)、市場調査&コンサルティングサービスを通じて、さまざまな業界の複雑さを解明することを可能にします。

Contact Information:

Market Research Future(MRFR)
Office No. 528, Amanora Chambers
Magarpatta Road, Hadapsar,
Pune - 411028
Maharashtra, India
1 646 845 9312
Email: sales@marketresearchfuture.com



Tags:    Japanese, Latin America, North America, Research Newswire, South America, United States, Wire