USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jan 5, 2021 12:16 AM ET

自動車のEテーリング市場が、世界的にウェブに精通した消費者の増加を目の当たりに |2022年までに、業界分析、主要企業プロファイル、地域見通し、包括的な調査分析


自動車のEテーリング市場が、世界的にウェブに精通した消費者の増加を目の当たりに |2022年までに、業界分析、主要企業プロファイル、地域見通し、包括的な調査分析

iCrowd Newswire - Jan 5, 2021

インターネットの普及は、他の機能の中で情報、購入、エンターテイメントのためのいくつかのオプションを利用可能にしました。この技術の最も有望な結果は、電子テーリング、仮想オフシュート、または様々な製品の販売のための小売および卸売チャンネルの開発です。Eテーリングは、衣料品や食品などの食品をエレクトロニクスに販売し、最終的には居住用不動産や自動車に移行することで、その存在を知っています。財産と車の両方が価値の高い製品です。彼らの買い手候補への販売のためのインターネットへの移動は、最初は懐疑的に満たされました。しかし、さまざまなポータルは、ユニークな価格設定ポイントとより良いレベルの消費者体験を提供することで、この急速に発展するドメインでの地位を築いています。自動車の電子テーリング市場2020の発展は、特に世界中の経済支出力の上昇によって推進されています。自動車の所有の必要性は、資金調達オプションの改善などの要因を持つ個人の間で高まっているようになり、自動車の電子テーリング産業をさらに動機づけています。

無料レポートサンプルを入手 – https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/1915

電子商取引は、小売業者やブランドがデジタルチャネルへの投資を続け、プライバシー、データ、物流の問題を操作しながらビジネスを発展させるため、有形および仮想チャネルを超えてきました。市場プレーヤーによる様々な小売チャネルの統合は、世界的に自動車の電子テーリング市場の拡大に重要な役割を果たすと予想されます。多くの人々は、成長の可能性を高めるために、e-tailingビジネスモデルを微調整して試してリードを統合しようとしています。さらに、W-Tailingチャネルとのコラボレーションと戦略化の必要性は、いくつかの市場の忠実な顧客が、グローバルな顧客基盤を活用する原動力を提供しながら、より長い期間市場の主要な地位を維持するのに役立つという事実の実現によって後押しされると予想されます。最近、IVENDIは、車両購入者、ベンダー、金融サプライヤーのオンライン要件の変化に遭遇するために、製品の多様性を改訂する計画を明らかにしました。オンラインモーター小売技術会社の新製品と現在の製品は、3つの製品クラスターにまとめられます。これにより、グローバル組織の主な企業向けのオムニチャネル車両小売製品を単一サイトのトレーダーに提供できるようになります。消費者基盤がはるかに大きな人口統計に散らばる中で、eテーリングチャネルの組み込みをさらに促すものと予測されています。e-tailingの普及は、自動車メーカーがレンガやモルタル施設のメンテナンスに伴うコストを大幅に削減し、世界的に人気を高めることが期待されています。

小売業は様々な見込み顧客に広い範囲を確保する必要があり、多くの自動車メーカーが電子テーリングチャネルに進出することが期待されています。また、中古車市場は大きく成長しており、販売実績を達成するためにeチャネルを使用しています。自動車セクターは今日、よく仕立てられた製品でニッチな市場に発展しています。一部のe-tailersは、グローバルブランドのユニークな自動車アクセサリーとコンポーネントを幅広く選択して顧客に提示しています。例えば、Cars24は中古車小売販売市場に参入しました。これまで、Cars24は、所有者が中古車ベンダーに車を交換することを許可するモバイルオークションプラットフォームでした。同社は、過去4年間に2,000台以上の車が自社のプラットフォームで販売されていると述べています。彼らのサービスに従って、バイヤーは彼らが購入したい車の完全な健康アカウントにアクセスすることができます。プラットフォーム上で取引されるすべての車は、150段階の検証プロセスを経ます。同社は、エキソー種子、セコイア・インディア、キングスウェイ・キャピタル、アポレット、KCKなどの有名な投資家によって支えられている。

自動車のeテーリングの進展は、市場全体の成長を妨げる可能性のある特定の課題に入ることが予想されます。自動車分野の小売ビジネスモデルは、世界中の都市の膨大な数の店舗やモールでうまく適用されており、このモデルは広く理解されています。 電子テーリングチャネルは、購入前に詳細な検査を必要とする車のような購入で、消費者の全体的な理解に問題がある可能性があります。多くのオンラインサイトは、最近、プロセスを明確にし、可能な限り透明性を確保し、支払いプロセスを簡素化し、保護するための措置を講じています。また、自動車の場合は、販売員が消費者に影響を与え、説得し、最終的な販売を変換するより良いソースである可能性があるため、自動車の場合の実店舗の利点は優れています。

無料レポートサンプルを入手 – https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/1915

レポートで取り上げた主な質問

目次

1 エグゼクティブサマリー

2 レポートの範囲

2.1 市場の定義

2.2 研究の範囲

2.2.1 定義

2.2.2 研究目的

2.2.3 前提

2.2.4 制限事項

2.3 研究プロセス

2.3.1 一次研究

2.3.2 二次研究

2.4 市場規模の見積もり

2.5 予測モデル

3 市場の状況

3.1.1 新規参入者の脅威

3.1.2 買い手の交渉力

3.1.3 代替品の脅威

3.1.4 セグメントのライバル関係

3.1.5 買い手の交渉力

3.2 バリューチェーン/サプライチェーン分析

4 市場ダイナミクス

4.1 はじめに

4.2 市場の推進力

4.3 市場の制約

4.4 市場機会

4.5 市場動向

市場調査の将来について:

マーケットリサーチフューチャー(MRFR)では、調理調査レポート(CRR)、中途半端な研究レポート(HCRR)、生の研究レポート(3R)、連続飼料研究(CFR)、市場調査&コンサルティング教育を通じて、お客様がさまざまな業界の複雑さを解明することを可能にします。

MRFRチームは、お客様に最適な品質の市場調査とインテリジェンスサービスを提供することを最も高い目標としています。当社の市場調査は、製品、サービス、技術、アプリケーション、エンドユーザー、およびグローバル、地域、および国レベルの市場セグメントの市場プレーヤーによる調査を行い、お客様がより多くを見て、より多くを知り、より多くのことを行うことを可能にし、最も重要な質問に答える手助けをします。

メディア連絡先
会社名:市場調査の未来
連絡先:アビシェク・サワナ
メール: メールを送信する
電話:+1 646 845 9312
住所:市場調査未来オフィス第528、アマノラチェンバーズマガルパッタロード、ハダプサル
市区町村:プネ
状態:マハラシュトラ 州
国:インド
ウェブサイト: https://www.marketresearchfuture.com

完全レポートの参照 – https://www.marketresearchfuture.com/reports/automotive-e-tailing-market-1915

Contact Information:

1 646 845 9312



Tags:    Japanese, Latin America, North America, Research Newswire, South America, United States, Wire