USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jan 5, 2021 12:14 AM ET

E-自転車市場レポートの成長をサポートする技術の進歩 |2022年までに、業界分析、主要企業プロファイル、地域見通し、包括的な調査分析


E-自転車市場レポートの成長をサポートする技術の進歩 |2022年までに、業界分析、主要企業プロファイル、地域見通し、包括的な調査分析

iCrowd Newswire - Jan 5, 2021

電子バイク、電動自転車、パワーバイクは、ライダーのペダルの推進を支援する電気モーターと組み込まれています。有害な排出ガスに対する懸念を高め、燃料プロセスを増加させ、化石燃料の資源を枯渇させるという文脈は、世界中の電子バイクの潜在的な市場を生み出しました。マーケットリサーチフューチャー(MRFR)は最近、2017-2022年の予測期間中に市場の軌道に影響を与える可能性のある関連要因の徹底的な分析の後にまとめられた世界の電子バイク市場レポートに関する徹底的な調査を発表しました。MRFRの分析によると、電子バイクの輸出は2022年以降、毎年4%の売上を見込んでいます。

無料レポートサンプルを入手 – https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/1876

技術の進歩は、より高い平均速度と軽量の二次電池を備えた改良された電子バイクの開発につながっています。材料技術の改善は、さらに軽く、より強いフレームにつながり、電子バイクが賞賛を集めるのに役立ちました。彼らは、様々な国で化石燃料駆動のバイクを置き換え、増加しています。

規制支援と組み合わせた環境問題の急増は、電子バイクの採用に拍車をかけている。複数の国の政府は、電子バイクへのシフトを支持するイニシアチブやスキームを立ち上げました。例えば、中国は交通混乱のため、90以上の主要な中国の都市の市内中心部でバイクを禁止しています。これは、電子バイク市場レポートがこの地域で繁栄するのを助けました。

それどころか、電子バイク市場レポートの成長は、鉛電池による環境汚染に関する懸念やリチウムイオン電池を取り巻く厳しい規制によって妨げられる可能性があります。さらに、電子バイクのコストは、従来のバイクよりもはるかに高く、市場の成長の大きなボトルネックとなっています。

セグメンテーション

世界の電子バイク市場レポートは、タイプ、バッテリータイプ、フレーム素材、消費者グループ、デザインに基づいてセグメント化されています。

タイプ別に、電子バイク市場レポートはペダルアシスト、スロットルコントロールなどに分類されています。

バッテリーの種類別に、電子バイク市場レポートは密閉鉛酸、リチウムイオンなどにセグメント化されています。

フレーム素材別に、電子バイク市場レポートは炭素鋼、アルミニウム、アルミニウム合金、炭素繊維などに分類されています。

消費者グループによると、電子バイク市場レポートは男性、女性、子供に分類されています。

設計上、電子バイク市場レポートは折りたたみ可能で折りたたみ不可に分類されています。

地域分析

地域的には、電子バイク市場レポートは北米、世界の他の地域(RoW)、ヨーロッパ、アジア太平洋(APAC)に分類されています。

欧州は、予測期間中に市場の有利なシェアを占める見込みです。この地域での電子バイクの採用が、政府の規制を支持するとともに、市場の成長を促進しています。ドイツは、市場の重要な発展につながっている地域の電子バイクメーカーのかなりの数を持っています。

北米の電子バイク市場レポートは、地域の大都市での高い交通渋滞によって駆動される可能性が高いです。地域は、環境的に害の少ない代替輸送手段を考え出すために努力しています。イージーモーション電動バイクやペデゴなどの地域における電子バイクメーカーの存在に関する高い意識も市場成長の鍵です。充電インフラの存在も動機付けの要因として機能します。米国は電子バイクの主要な生産者です。

APACの電子バイク市場レポートは、予測期間中の有望な見通しを示しています。中国は世界最大のeバイク生産国の一つです。実際、中国は米国を上回っており、この地域の電子バイク産業は近年かなり統合されています。電気自動車の普及を支える地域の様々なスキームの制定も市場の成長を助けている。

競争環境

Accellグループ、パナソニック、ダービーサイクルAG、江蘇新里Eビークル有限公司、ヤデアテクノロジーグループ有限公司、ペデゴ、BTS機械有限公司、ストロマー、イージーモーション電動バイクは、電子バイク市場レポートの主要なプレーヤーです。

業界の最新情報

2019年6月 – インドのスタートアップ、反乱インテッリコープは、2019年6月末までにインド初の電子バイクをインドで発売しました。自転車は完全に充電されたバッテリーで156キロの範囲を持つことを期待され、ARAIによって認定されています。自転車はインド初のAI対応電動自転車で、4G eSIMが装備されています。

無料レポートサンプルを入手 – https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/1876

レポートで取り上げた主な質問

目次

1 エグゼクティブサマリー

2 レポートの範囲

2.1 市場の定義

2.2 研究の範囲

2.2.1 定義

2.2.2 研究目的

2.2.3 前提

2.2.4 制限事項

2.3 研究プロセス

2.3.1 一次研究

2.3.2 二次研究

2.4 市場規模の見積もり

2.5 予測モデル

3 市場の状況

3.1.1 新規参入者の脅威

3.1.2 買い手の交渉力

3.1.3 代替品の脅威

3.1.4 セグメントのライバル関係

3.1.5 買い手の交渉力

3.2 バリューチェーン/サプライチェーン分析

4 市場ダイナミクス

4.1 はじめに

4.2 市場の推進力

4.3 市場の制約

4.4 市場機会

4.5 市場動向

市場調査の将来について:

マーケットリサーチフューチャー(MRFR)では、調理調査レポート(CRR)、中途半端な研究レポート(HCRR)、生の研究レポート(3R)、連続飼料研究(CFR)、市場調査&コンサルティング教育を通じて、お客様がさまざまな業界の複雑さを解明することを可能にします。

MRFRチームは、お客様に最適な品質の市場調査とインテリジェンスサービスを提供することを最も高い目標としています。当社の市場調査は、製品、サービス、技術、アプリケーション、エンドユーザー、およびグローバル、地域、および国レベルの市場セグメントの市場プレーヤーによる調査を行い、お客様がより多くを見て、より多くを知り、より多くのことを行うことを可能にし、最も重要な質問に答える手助けをします。

メディア連絡先
会社名:市場調査の未来
連絡先:アビシェク・サワナ
メール: メールを送信する
電話:+1 646 845 9312
住所:市場調査未来オフィス第528、アマノラチェンバーズマガルパッタロード、ハダプサル
市区町村:プネ
状態:マハラシュトラ 州
国:インド
ウェブサイト: https://www.marketresearchfuture.com

完全レポートの参照 – https://www.marketresearchfuture.com/reports/e-bike-market-1876

Contact Information:

1 646 845 9312



Tags:    Japanese, Latin America, North America, Research Newswire, South America, United States, Wire