USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jan 6, 2021 10:35 PM ET

11月の保留中のホームセールススライド2.6%


11月の保留中のホームセールススライド2.6%

iCrowd Newswire - Jan 6, 2021

全米不動産業者協会によると、保留中の住宅販売は11月に減少®。米国の主要4地域で前月の契約活動が減少した。しかし、1年前と比較して、4つの分野すべてが保留中の住宅販売取引で利益を達成しました。

保留中の住宅販売指数(PHSI)、*www.nar.realtor/pending-home-salesは、契約署名に基づく住宅販売の将来を見据えた指標で、11月に2.6%下落して125.7となりました。前年同期比で契約締結率は16.4%上昇した。100の指数は、2001年の契約活動の水準に等しい。

NARのチーフ・エコノミスト、ローレンス・ユン氏は「直近の月間下落は、在庫不足と住宅価格の急騰によるものが大きい」と述べた。「現在の売り上げと価格は1年前よりもはるかに強いことを念頭に置いておく必要があります。

「市場は、記録的な低い住宅ローン金利を利用したいバイヤーのバックログのために、上場住宅が平均して1ヶ月未満で契約を結ぶと、この冬は信じられないほど速いです」と、Yunが言いました。

ユンは、来年の住宅市場の好ましい見通しを予測します。彼の2021年の予測によると、住宅ローン金利は現在の2.7%から約3%にわずかに上昇するでしょう。既存住宅販売は約10%増加し、新築住宅販売は来年20%増加する見込みです。

「経済成長は刺激策とワクチン流通から保証されているが、政府の高い借り入れは金利に緩やかな上昇圧力をかけるだろう」と彼は言った。

11月保留中の住宅販売地域の内訳

北東PHSIは11月に3.3%から108.6にスライドし、1年前から15.3%増加しました。中西部では、先月の指数は3.1%下落して115.9となりました。

南部の保留中の住宅販売は1.1%減少し、11月の指数は150.0で、2019年11月から21.3%上昇しました。11月の欧米指数は4.7%下落して111.3となり、1年前より10.4%上昇した。

全米不動産業者協会®は、住宅および商業用不動産業界のあらゆる側面に関与する140万人以上のメンバーを代表するアメリカ最大の業界団体です。

*保留中の住宅販売指数は、既存の住宅の保留中の販売に基づいて、住宅セクターの主要な指標です。販売は、契約が締結されたが、取引が終了していない場合に保留中としてリストされますが、通常、販売は署名後1〜2ヶ月以内に確定します。

この指数は大規模な全国サンプルに基づいており、通常、既存の住宅販売の取引の約20%を表します。インデックスのモデルを開発する際には、毎月の販売契約活動のレベルが、次の2ヶ月間のクローズドな既存住宅販売のレベルと並行することが実証されました。

100の指数は、調査された最初の年であった2001年の契約活動の平均レベルに等しいです。偶然にも、2001年の既存住宅販売量は500万から550万の範囲に収まっ、現在の米国人口では正常と考えられています。

注:12月の既存住宅販売は1月22日に報告されます。次の保留中の住宅販売指数は1月29日になります。すべてのリリース時間は10:00 a. .m ET です

NAR に関する情報は、www.nar.realtorで入手できます。これと他のニュースリリースは、www.nar.realtor/ニュースルームのNARニュースルームに掲載されています。このリリースの統計データ、その他の表やアンケートは、「調査と統計」タブに掲載されています。

Contact Information:

www.nar.realtor



Tags:    Japanese, United States, Wire Real Estate