USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jan 7, 2021 12:05 AM ET

ジルコニウム目標市場 2020年世界の分析:機会、規模、シェア、成長要因、地域および競争環境予測


ジルコニウム目標市場 2020年世界の分析:機会、規模、シェア、成長要因、地域および競争環境予測

iCrowd Newswire - Jan 7, 2021

ジルコニウムのターゲット市場は、2026年までに610万米ドルの評価を達成する予定です。ジルコニウムターゲットの用途は、太陽エネルギー、自動車産業、ディスプレイ産業、エレクトロニクス&半導体、原子力産業、通信産業、産業設備などで広く普及しています。

レポート @ https://www.reportsanddata.com/sample-enquiry-form/1472のサンプル コピーを取得する

市場の推進力

ジルコニウムターゲット市場の発展の主な原動力は、エレクトロニクス、自動車、産業設備に至るまで幅広い適用力です。また、ジルコニウムターゲットによって達成される金属ターゲットに対しても、周囲温度に対して効果的に適応し、動作する能力が必要であり、市場の拡大をもたらしました。製品はリン酸塩から自由であり、したがって、市場を駆動している有害物質から解放されます。熱衝撃を吸収する最大容量、耐食性、機械のダウンタイムを低減する能力などの特性を有する製品の関連は、ジルコニウムターゲット市場の拡大をもたらしました。

報告書からのさらなる重要な調査結果は示唆している

ジルコニウムターゲットの重量は、通常非常に重いその選択肢と比較して、非常に低い- 5-25 mg /ft2.ジルコニウムターゲットのこのような特性は、その増加した好みをもたらす使用のための実用的なオプションとなり、ひいては、市場の成長にプラスの影響を与えます。

ジルコニウムターゲット市場は、2018年に510万米ドルの市場シェアを保持し、予測期間中に2.2%の割合で成長すると予測されています。

ジルコニウムのターゲットに必要な原材料に関しては、ジルコニウムは最大の市場シェアを占めています。2018年の売上高は480万米ドルで、予測期間中の成長率は2.3%でした。腐食耐性のような形質は、即時環境への適応性は、任意の金属ターゲットによって満たされるために不可欠であるジルコニウムに関連付けられます。上記の特性の関連付けは、その市場優位をもたらしました。

ジルコニウムターゲットの製造に使用されるコーティング方法に関連して、熱蒸発は最大の市場シェアを占めています。2018年には、最高の285万米ドルの収益を上げました。このセクターとの長い関係は、市場シェアに貢献してきました。
しかし、スパッタリング法の最近の発展は、このセグメントの市場成長にプラスの影響を与えると予測されているマグネトロンスパッタリングコーティングのようなこの方法の進歩をもたらしました。市場成長にプラスの影響を与え、予測期間中に2.5%の最高成長率をもたらすと予測されています。

主要な参加者には、先端エンジニアリング材料、SAM、Nexteck、CXMET、Haohaiスパッタリングターゲット、ボクシン金属材料、ファインメタル、ZNXC、レスカー、フィルメタルが含まれます。

アクセスレポートの説明、目次、図表、チャートなど @https://www.reportsanddata.com/report-detail/zirconium-target-market

このレポートの目的のために、レポートとデータは、原材料、コーティング方法、アプリケーション領域、および地域に基づいて、世界のジルコニウム目標市場をセグメント化しています。

原材料タイプ見通し(量、キロトン;収益、100万米ドル。2016-2026)

コーティング方法タイプ見通し(量、キロトン;収益、100万米ドル。2016-2026)

アプリケーション領域タイプ見通し(量、キロトン;収益、100万米ドル。2016-2026)

レポートのカスタマイズを要求する@ https://www.reportsanddata.com/request-customization-form/1472

地域の見通し(数量、キロトン;収益、100万米ドル。2016-2026)

地域分析

報告書によると、アジア太平洋地域は予測期間中にジルコニウム目標市場を支配すると予想されている。工業化や自動車産業の成長などの要因が原因で、エレクトロニクス産業の進化がジルコニウム目標市場の優位性に寄与しています。

私たちのレポートを読んでいただきありがとうございます。レポートのカスタマイズは、クライアントの要件に応じて使用できます。レポートの詳細については、お気に入りください。

Contact Information:

Contact Us:
John Watson
Head of Business Development
Reports and Data | Web: www.reportsanddata.com
Direct Line: 1-212-710-1370
E-mail: sales@reportsanddata.com



Tags:    Japanese, Latin America, North America, Research Newswire, South America, United States, Wire