USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jan 7, 2021 4:04 PM ET

軍事通信システム市場トップシナリオ、SWOT分析、事業概要・予測 2027 |2027年の市場の価値は何ですか?


軍事通信システム市場トップシナリオ、SWOT分析、事業概要・予測 2027 |2027年の市場の価値は何ですか?

iCrowd Newswire - Jan 7, 2021

市場規模 – 2019年に330億6000万米ドル、市場成長 – 3.8%のCAGR、市場動向 -防衛情報機関における軍事通信システムの使用の増加

国の軍隊は、国家の進歩に対する主要な恩人です。防衛サービスにおけるミッションの予想外かつ絶妙に複雑な性質は、常に信頼性と効率性を必要とします。新しい技術はまた、最高司令官が計画と実行を目的とした新しいアプリケーションへの命令に直面するから、戦場で彼らの展開された軍隊と従事する方法を変更しました。高度に装備されたトラッカーとその相互に関連するガジェットは、現在、軍の警報システムを担当しています。

軍事・防衛組織が行う任務の非常に複雑でダイナミックな性質は、司令官が計画と実行に従事するために使用する伝統的な方法を変えています。当初、司令官は、地理、時間のかたび、機能などの固定変数で戦場を解釈する必要があった。一方、戦場や非常に重要な赤い警報ゾーンは、今日では相互に関連する複数の側面を占めます。

この軍事通信システム市場の詳細をお探しですか?無料サンプルcopy@https://www.emergenresearch.com/request-sample-form/320を入手する

市場の推進力

Emergen Researchが収集したレポートによると、2019年の世界の軍事通信システム市場は330億6000万米ドル、成長率は3.8%と評価されており、2027年までに市場規模は100億ドル以上増加すると予測されています。産業の成長の主な要因は、適切なタイミングで行われたコマンドと意思決定を継続的に考慮し、多様なミッションの一般的な操作像を収集し、必要なレベルの暗号化を使用して情報を交換する国における軍事サービスの拡大です。さらに、地理空間インテリジェンスの利用の増加や、非倫理的なデータハッキングや政府機関からの機密情報の取得を含むサイバー犯罪の増加は、軍事通信システム市場の根拠を固めるのに役立つ主要な要因の一部でもあります。

地域分析

軍事通信システム市場の需要の約7.0%はアジア太平洋地域から来て、市場で最大の断片に貢献しています。この地域は今後10年間の成長率を急ぐと推定されており、主要国は中国、インド、日本、北朝鮮であり、防衛グルーミング、非対称戦争、その他の商業活動の成長に経済からかなりの量を割り当てている。

詳細については、軍事通信システム市場レポート, 今すぐ無料のサンプルを入手! https://www.emergenresearch.com/request-sample-form/320

市場の主要企業 ボーイング社、BAEシステムズ、ロッキード・マーティン、ロックウェル・コリンズ、エルビット・システムズ、ノースロップ・グラマン、タレス・グループ、レオナルドS.p.A.、レイセオン・カンパニー、ゼネラル・ダイナミクスなど。

アプリケーションの見通し(売上高:10億米ドル、2017-2027年)

国土安全保障とサイバー保護

軍事重要インフラ

ルーチン操作

緊急サービス

交通システム

プラットフォームの見通し(売上高:10億米ドル、2017-2027年)

土地

空中

海軍

共同

スペース

コンポーネントの見通し(売上高:10億米ドル、2017-2027年)

製品

サービス

エンドユーザーの見通し(売上高:10億米ドル、2017-2027年)

航空部隊

海軍

防衛インテリジェンス

商業サービス

完全なレポートの説明を参照し、当社のウェブサイト @https://www.emergenresearch.com/industry-report/military-communication-systems-market

コンテンツのテーブル:

第1章。方法論とソース

市場定義

1.2. 研究範囲

1.3. 方法論

1.4. 研究ソース

1.4.1. プライマリ

1.4.2. セカンダリ

1.4.3. 有料ソース

市場評価手法

第2章。エグゼクティブサマリー

2.1. 概要スナップショット、2019-2027

第3章。主な洞察

第4章。軍事通信システム市場のセグメンテーションとインパクト分析

4.1 軍事通信システム市場材料セグメンテーション分析

4.2 産業見通し

4.2.1. 市場指標分析

4.2.2. 市場の要因分析

4.2.2.1. 防御におけるセキュリティ侵害の発生率の増加

4.2.2.2. 不斉戦対人関係

4.2.2.3. IoTデバイスと情報技術の大幅な成長

4.2.3 市場抑制分析

4.2.3.1. 規制上のハードルとそれに伴うコストの増加

4.2.3.2. 非効率的な研究方法論

4.3. 技術的な洞察

4.4. 規制の枠組み

4.5. ポーターの五力解析

4.6. 競合指標空間分析

4.7. 価格動向分析

4.8. Covid-19 影響分析

続行。。。

関連レポート:

組み込みSIM(eSIM)市場 2027年までに3019.1百万米ドルとなる規模 |エマージンリサーチ

AI対応医療画像ソリューション市場 2027年までに4,720.6百万米ドルの規模 |エマージンリサーチ

インテリジェント創薬市場 2027年までに3,711.8百万米ドルの規模 |エマージンリサーチ

お 問い合わせ:
エリック・リー
企業営業スペシャリスト
エマージンリサーチ |ウェブ: www.emergenresearch.com
直通線: 1 (604) 757-9756
電子メール: sales@emergenresearch.com
フェイスブック |リンクイン |ツイッター |ブログ

Contact Information:

Contact Us:
Eric Lee
Corporate Sales Specialist
Emergen Research | Web: www.emergenresearch.com
Direct Line: +1 (604) 757-9756
E-mail: sales@emergenresearch.com
Facebook | LinkdIn | Twitter | Blogs



Keywords:    Military Communication Systems Market Size, Military Communication Systems Market Segmentations, Military Communication Systems Market Applications, Military Communication Systems Market Types, Military Communication Systems Market Share, Military Communication Systems Market Trends, Military Communication Systems Market Analysis, Military Communication Systems Market Outlook
Tags:    iCN Internal Distribution, Japanese, News, Research Newswire