USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jan 8, 2021 1:17 AM ET

世界の弾薬市場 2021 年 2027年までに CAGR の需要額を生産


世界の弾薬市場 2021 年 2027年までに CAGR の需要額を生産

iCrowd Newswire - Jan 8, 2021

弾薬市場

国境を越えた紛争の増加とは別に、武装法執行部隊と新しいタスクフォース大隊の数を広げ、国間国境と非対称戦争の紛争は、弾薬市場の広範な成長の原因の一部です。また、3D印刷メカニズムの助けを借りて銃の製造コストを削減し、武器産業におけるポリマーの使用を増やし、スマートガンの需要の増加は、市場成長に大きなプラスの影響を与える二次的な市場要因のほんの一部です。

レポートのTOCを使用した無料サンプルコピーを入手して、https://www.emergenresearch.com/request-sample-form/226の完全なreport@の構造を理解します

弾薬市場でプロファイリングされた著名なプレーヤー:

スミス&ウェッソンホールディング株式会社、フリーダムグループ、オービタルATK、シュトゥルム、ルガー、&カンパニー、アメリカンアウトドアブランド株式会社、タレスグループ、ロッキードマーティン、ゼネラルダイナミクス株式会社、ベレッタS.p.A.、レイセオンカンパニーなど。

市場の推進力

弾薬市場は2027年に288億1000万米ドルを占める見込み。市場の成長に影響を与える主な要因としては、家庭内暴力とテロ活動の増加、鳥探しへの関心の高まり、自衛のための弾薬の採用の拡大、スポーツにおける弾薬の利用、弾薬による経済的武器の利用などが挙げられます。

今すぐ注文 (カスタマイズされたレポートは、特定の要件に従って配信されます)@ https://www.emergenresearch.com/select-license/226

レポートの TOC の概要:

地域の見通し

インド、パキスタン、中国、南北朝鮮が率いるアジア太平洋諸国は、防衛と法執行の開発目的のためにかなりの予算を割り当てている。非対称戦争の発生率の増加とは別に、テロ活動、家庭内暴力、対人的スタンドオフ、経済発展の向上、製造業の発展は、市場の成長を促進するのに役立ちます。

関連するレポートを見てみましょう:

フリースペースオプティクス(FSO)通信技術市場は2027年までに3,507.8百万米ドルに達する |エマージンリサーチ

バイオレメディエーション市場2027年までに3,347億米ドルの価値があると予測 CAGR 15.5% で成長 |エマージンリサーチ

がんイメージングシステム市場2027年までに122億4000万米ドルに達する |エマージンリサーチ

組み込みSIM(eSIM)市場2027年までに3019.1百万米ドルとなる規模 |エマージンリサーチ

AI対応医療画像ソリューション市場2027年までに4,720.6百万米ドルの規模 |エマージンリサーチ

Contact Information:

Contact Us:


Eric Lee


Corporate Sales Specialist


Emergen Research | Web: www.emergenresearch.com


Direct Line: 1 (604) 757-9756


E-mail: sales@emergenresearch.com


Facebook | LinkdIn | Twitter | Blogs





Tags:    Japanese, Latin America, North America, Research Newswire, South America, United States, Wire