USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jan 9, 2021 2:22 AM ET

タワークレーンレンタル市場:2021年産業規模、トレンド、成長研究、開発動向、成長要因、主要企業、2023年の予測


タワークレーンレンタル市場:2021年産業規模、トレンド、成長研究、開発動向、成長要因、主要企業、2023年の予測

iCrowd Newswire - Jan 9, 2021

市場シナリオ

市場調査未来レポート(MRFR)の最新の調査によると、世界の タワークレーンレンタル 市場2020は、不動産やインフラの需要の高まりにより拡大すると推定されています。タワークレーンレンタル市場は、クレーンを買う余裕がないため、中小企業のレンタルサービスへの依存度が高まっているため、大幅な成長を遂げています。また、タワークレーンを借りることは、請負業者がプロジェクトの運転資本費用を下げ、開発された機器へのアクセスを提供することを可能にします。さらに、建設業界の成長は市場拡大に不可欠な役割を果たしています。

また、いくつかの国の政府は、インフラの強化と開発に注力しており、同じものに対して巨額の投資を行っています。これは指数関数的に市場を推進します。この調査により、世界のタワーレンタル市場は、予測期間中に5%のCAGRを目撃すると予測されています。

MRFRによって行われた研究は、COVID-19パンデミックの余波を追跡します。さらに、COVID-19後の環境における市場を増強し、阻害する要因の正確な評価が分析されました。レポートにCOVID-19影響分析を提供します。

無料サンプルpdf @https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/7651を入手

世界的なタワークレーンレンタル市場の主要な競争相手は、 マキシムクレーンワークス、L.P(米国)、アクション建設機械有限公司(インド)、ビッジクレーン、リギング株式会社 (米国)、タイタンクレーン&リギング(オーストラリア)、ズームリオンエレクトロメックインディアPvt.Ltd(インド)、リービットクレーン(カナダ)、ワセルGmbH(ドイツ)、ユナイテッドクレーンとリギング(ボルチモア、メリーランド州)、ALLクレーン(米国)、ファルコンタワークレーンサービス(英国)、スカイクレーン(カナダ)、ラピコン社(カナダ)、NFTグループ(UAE)

市場セグメンテーション

世界のタワークレーンレンタル市場は、エンドユース、製品タイプ、地域に基づいて分離することができます。

最終的な使用に基づいて、世界のタワークレーンレンタル市場は、住宅、商業、インフラに分割することができます。住宅セグメントは、市場を支配し、最大の市場シェアを獲得すると推定されています。

製品タイプに基づいて、世界のタワークレーンレンタル市場は、ラフィングジブタワークレーン、自己建立タワークレーン、ハンマーヘッドタワークレーン、フラットトップタワークレーンに分割することができます。自己建立タワークレーンは、レビュー期間中に製品タイプ別にセグメントをリードすると推定されています。

地域に基づいて、世界のタワークレーンレンタル市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、および世界の他の部分(RoW)にセグメント化することができます。

完全なレポート @ https://www.marketresearchfuture.com/reports/tower-crane-rental-market-7651を参照する

地域分析

北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他の地域調査(RoW)を実施しました。MRFRの分析によると、世界市場はアジア太平洋地域が支配すると推定されています。APAC地域は最大の市場シェアを獲得する可能性が高い。 この地域は、インドと中国など、最も速い発展途上国で構成されています。両国とも市場拡大に大きく参加している。都市化の高まりとインフラ整備への傾向の高まりが、この地域の市場拡大の大きな理由です。また、この地域の人口増加は、市場の拡大に大きく貢献しています。人口のスピード違反で不動産需要が大幅に増加しています。さらに、住宅および商業建設部門への投資に支えられて高層建設プロジェクトへの投資の増加が市場をさらに推進しています。 さらに、中国はここ数年から公共インフラに莫大な投資を行ってきた。 さらに、パイプラインにはいくつかの建設プロジェクトがあります。2番目のポジションは北米で取得され、次いでヨーロッパが続きます。

しかし、パンデミックコロナウイルスの流行は、いくつかの地域市場に影響を与えています。いくつかの地域で観察される一定のロックダウンは、既存の市場の構造を変更しました。

コンテンツのテーブル

1 エグゼクティブサマリー

2 レポートの範囲

市場定義

2.2 研究の範囲

2.2.1 定義

2.2.2 研究目的

2.2.3 仮定

2.2.4 制限事項

2.3 研究プロセス

2.3.1 一次研究

2.3.2 二次研究

2.4 市場規模の推定

2.5 予測モデル

3 市場の展望

3.1 ポーターの五力解析

3.1.1 新規参入者の脅威

3.1.2 買い手の交渉力

3.1.3 代替品の脅威

3.1.4 セグメントのライバル関係

3.1.5 買い手の交渉力

3.2 バリューチェーン/サプライチェーン分析

4 市場ダイナミクス

4.1 はじめに

4.2 市場の推進力

4.3 市場の制約

4.4 市場機会

第5章 世界のタワークレーンレンタル市場:製品タイプ別

5.1 はじめに

5.2 ハンマーヘッドタワークレーン

5.2.1 市場の見積もり・予測

市場の見積もり・予測:地域別

5.3 自己建立タワークレーン

2019-2023年市場の見積もり・予測

市場の見積もり・予測:地域別

5.4 フラットトップタワークレーン

………..

我々について:

マーケットリサーチフューチャー(MRFR)では、お客様が調理調査レポート(CRR)、中途半端な研究レポート(HCRR)、生研究レポート(3R)、連続飼料研究(CFR)、市場調査&コンサルティングサービスを通じて、さまざまな業界の複雑さを解明することを可能にします。

Contact Information:

Media Contact
Company Name: Market Research Future
Contact Person: Abhishek Sawant
Email: Send Email
Phone: 1 646 845 9312
Address: Market Research Future Office No. 528, Amanora Chambers Magarpatta Road, Hadapsar
City: Pune
State: Maharashtra
Country: India
Website: https://www.marketresearchfuture.com



Tags:    Japanese, Latin America, North America, Research Newswire, South America, United States, Wire