2019年から2023年までのキネシオテープ市場分析は、エンドユーザー(病院、リハビリセンター、アスリート、その他)によるアプリケーション(スポーツ保護、医療リハビリテーション)によるタイプ別(ロールフォーム、プレカット)による「キネシオテープ市場情報」に関する最新レポートです。

中東・アフリカ・キネシオテープ市場 – 概要

キネシオテープは、身体の自然治癒過程に基づいたリハビリテープ技術です。それは血行および身体の有機運動の範囲を妨げることなく患者の関節および筋肉にサポートそして安定性を提供する。中東・アフリカのキネシオテープ市場は、2017年から2022年の予測期間中に6.6%の健全なCAGRで成長すると予想されています。

無料サンプル「キネシオテープ研究 – 2023年までの予測」レポートを入手: https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/1350

キネシオテープ産業は急速に成長しています。キネシオテープの需要の高まりとキネシオロジー技術の意識の高まりは、この市場の収益を押し上げました。さらにキネシオロジーテープは簡単な方法ですが、人体の解剖学と生理学に関する知識が少し必要です。キネシオロジーテープの使用に関するトレーニングプログラムやワークショップを実施することで、一般の人々の間で技術に関する意識を高めることができます。意識の向上は、運動や運動の目的だけでなく、様々な医療のために日常的に運動学のテープを使用する人々の数が増えます。それは間違いなくキネシオロジー製品の販売の成長のプラスの影響を引き起こすでしょう。キネシオロジーテープの製造は、実質的な著作権条項がないため、比較的簡単です。これにより、新規参入企業に大きなチャンスが生まれる。市場は2022年までに着実な成長を示し、2017年から2022年の予想期間中に顕著なCAGRで価値の面で以前の成長記録を上回ると予測されています。

中東・アフリカのキネシオテープ市場- 競合分析

アテックスメディカル株式会社 株式会社常州DLメディカル&ヘルス機器有限公司、FysioTape B.V.、キネシオUSA(キネシオホールディングコーポレーション)、KTヘルス(KTテープ)、ミューラースポーツメディシン株式会社、ニトムス社(日東電工株式会社)、ロックテープ、スパイダーテックは、中東およびアフリカキニオ市場の最前線で著名なプレーヤーの一部です。

いくつかの確立された小さなプレーヤーの存在によって特徴付け, キネシオテープの中東とアフリカ市場は、非常に競争力と断片化しているように見えます.北米地域の確立された市場では、主要企業は、地域に家を持っており、最大の市場シェアを生成します。これらの企業は、他の新興地域でも事業単位を拡大しています。さらに、他の中小規模プレーヤーは、現地市場から収益を生み出しています。

キネシオロジーテープは、日本でのチロプラクティスの際に加生健三博士によって開発されました。加生健三は、アメリカキネシオという会社を設立しました。キネシオテープ技術は、それ以来、世界中に徐々に広がっています。多くの企業は、キネシオロジーテープの背後にある方法論を研究し、その変更された製品を考え出しました。キネシオロジーテープ市場で事業を展開する企業のほとんどは非公開で、その地域を支配しています。キネシオUSA(キネシオホールディングコーポレーション)、RockTapeのような少数の企業は、他の大陸間で強力な流通チャネルを開発し、彼らは複数の地域で動作しています。

しかし、政府機関からの支援がなければ、キネシオのテープ技術は非常に限られています。それには多くの理由があり、1つはキネシオテープ技術の背後にある理論に対する科学者の懐疑的な見方です。科学者や医療専門家は、疼痛管理と医療リハビリテーション目的におけるキネシオテープ技術の有効性について常に皮肉を言ってきました。キネシオテープは、それが本当に効果的であるか、単なる誇大宣伝であるかに関する疑問が提起されます。一方、民間企業は、さまざまなマーケティング戦略を適用して、キネシオテープの使用を継続的に推進しています。有名なスポーツの有名人による製品の支持は間違いなく世界中のキネシオテープの販売にプラスの影響を与えています。キネシオテープ市場全体は、民間企業が市場全体の約90%のシェアを占めることで大きく支配されています。

完全なTocを参照 :https://www.marketresearchfuture.com/reports/kinesio-tape-market-1350

中東・アフリカ・キネシオテープ市場-地域分析

1994年と1996年に、キネシオテープ方式がそれぞれアジアとヨーロッパで導入されました。その後、運動学の技術は徐々に世界中に広がりました。2008年、世界のほとんどはオリンピックの選手の一部がスポーツしたキネシオロジーテープを観察しました。オリンピック競技での使用は、キネシオロジーの技術や製品の人々の関心の急増を引き起こしました。キネシオテープの急激な需要を満たすために、多くの企業が製品化、製造、販売を行いました。

中東地域では、キネシオロジーテープの使用は他の地域と比較して比較的低い。中東諸国におけるキネシオロジーテープの主な応用分野は、医療リハビリテーションである。スポーツ用のキネシオテープの使用は、中東地域では限られています。