USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jan 28, 2021 3:19 PM ET

パーム油分野における人権に関するCGF共同声明


iCrowd Newswire - Jan 28, 2021

パリ、2021年1月21日 —パーム油部門のサプライチェーンを持つ主要なグローバル企業の集団として、消費財フォーラム(CGF)森林ポジティブ連合人権連合- 強制労働を終わらせるための取り組みは、パーム油の生産と供給に関連する環境と社会の問題に取り組むという確固たるコミットメントを共有しています。 最近、AP通信は、世界中の消費財サプライチェーンにおけるパーム油生産を悩ませる人権侵害の蔓延を強調する一連の記事を発表しました。これらの虐待には、様々な形態の強制労働、女性に対する暴力、児童労働が含まれる。このシリーズは、この分野における人権侵害の現実に対する国民の光を消す報告や記事の増加に加わり、これらの不正の可視性を高め、意識を高め、それらに対処するために必要な緊急の行動を奨励するジャーナリストや他の調査官を称賛する。CGFでは、これらのレポートのテーマは、私たちや私たちのメンバーに新しいものではありません。2018年からパーム油生産におけるこれらの重要な懸念事項について報告し、取り組んでいます。 パーム油セクターの真の変革は、人と地域社会の幸福と自然環境の両方に利益をもたらす必要があることを理解し、CGFの主要メンバーは、強制労働の人権問題に取り組むためにパーム油の利害関係者と協力するCGFで私たちの新しい行動連合に参加しました。私たちの連合は、加速されたターゲットを絞った影響を促進するように設計されており、そのメンバーは、この問題に関する真の変化を推進できるように、主要ブランドとしての役割を認識しています。 私は、これらの連合が世界中のパーム油サプライチェーンに緊急かつ効果的な変化を提供するためにどのように役割を果たしているかについて、連合を代表して具体的な詳細を共有したいと思います。彼らの行動の基本は、労働者、特にCGFの優先産業原則に概説されている労働者の権利が尊重されることを保証するための共通の野心です。そのために、我々は、我々のメンバーがそれぞれの連合で開発した戦略と実施ロードマップは、連合間の協力を通じて、そして主要な利害関係者の支援を受けて、すべての労働者がまともな扱いを受けることを確実にするために有意義な影響を与えるために、世界的な消費財ブランドとしてのメンバーの立場を効果的に活用することができると信じています。 パーム油分野における人権アジェンダを進めるには、政府、企業、サプライヤー、市民社会といった利害関係者間の官民パートナーシップが、潜在的な人権影響の防止と対処を特定し、対処するための、システミックなアプローチが必要です。人権連合 — 強制労働の終結に向けて取り組むは、特に強制労働リスクとパーム油サプライチェーンへの影響を対象とした人権デューデリジェンス(HRDD)アプローチの展開に取り組んでいます。私たちは、堅牢なHRDDシステムをパーム油セクターの標準にすることは、労働者の改善された状況と持続的な利益を時間の経過とともに促進できると考えています。連合メンバーは、強制労働リスクに焦点を当てたバリューチェーン全体でパーム油のHRDDに合わせたアプローチを展開し、パーム油産業全体で何が可能かを示し、パーム油産業全体で何が機能するかを拡大しています。これらの行動はすべて、2021年初めに公表される予定の連合のパーム油ロードマップで具体的に概説される。 さらに、パーム油部門で働く労働者の大半は男性ですが、女性が強制労働によって不釣り合いな影響を受けていることもわかっています。 ジェンダーの問題を理解することは、持続可能性の目標を達成するために不可欠です。私たちのアプローチの一環として、私たちは、セクターにおけるジェンダー、特にジェンダーベースの暴力に関する懸念が私たちの戦略に対処されるように、私たちの枠組みと主要基準にジェンダーレンズを埋め込むことに取り組んでいます。これはステークホルダーとの重要な議論のポイントであり、我々はこの優先事項に関して彼らと協力し続けることを楽しみにしています。 さらに、森林ポジティブ連合は、森林伐採や土地転換を含むパーム油生産の環境への影響に焦点を当てている一方で、人権連合と緊密に協力してきました – その戦略が強制労働に対するCGFの優先産業原則の実施を奨励するのに役立つことを保証するために強制労働を終わらせるために取り組んでいます。 これら2つの連合は、強制労働問題とリスクの高い商品となる環境問題に取り組むために、パーム油の問題に包括的に取り組んでいます。私たちの2つの連合は、持続可能なパーム油を調達するために、それぞれが互いをサポートしていることを保証するために戦略を調整しています。これらは相互に排他的なタスクではありません: これらの目標は、一緒に達成する必要があります。 私たちは、このセクターの変革が一夜にして起こることを知っていますが、消費財フォーラムと連合のメンバーは、セクターのすべての労働者の権利が尊重されるように持続可能な進歩を加速する決意です。さらに、パーム油コラボレーショングループ、市民社会アクター、政府関係者など、不可欠なステークホルダーとの重要な関係は、この分野に直接携わる人々の生きた経験からの洞察を取り入れることが不可欠です。我々は、これらの人権侵害に対処し、終結するために、我々の利害関係者及び政府、市民社会及びサプライチェーン内の関係者に対し、大規模な影響を及ぼすために必要な変化を緊急に支援するよう求める。 この声明は、CGF森林ポジティブ行動連合とCGF人権連合を代表して書かれた – ディディエ・ベルジェレ、ディレクター、持続可能性、 消費財フォーラム(CGF)森林ポジティブ行動連合に関する消費財フォーラムによる強制労働を終わらせるために取り組んでいます 消費財フォーラム(CGF)森林ポジティブ・コンスタブルは、集団行動を活用し、主要な商品サプライチェーンから森林破壊、森林劣化、転換を取り除くために全身的な取り組みを加速することにコミットしている19のCGFメンバー企業を代表するCEO主導のイニシアチブです。2020年に発足した連合は、森林破壊を止めるための業界のアプローチのダイナミックな変化を表しています:メンバー企業の主導的地位を動員してマルチステークホルダーパートナーシップを構築し、効果的な実施とエンゲージメント戦略を策定することで、連合は持続可能な影響のために多様な利害関係者を結集します。これらの取り組みは、主要な景観やコモディティサプライチェーンの変革を促進する森林ポジティブなビジネスの発展を支援し、世界中のコミュニティと生態系の回復力を強化します。森林ポジティブ連合の詳細については、www.tcgfforestpositive.comを参照してください。 消費財フォーラム(CGF)人権連合について — 強制労働の終了に取り組む CGF人権連合強制労働の終了に取り組む(HRC)は、消費財フォーラムのCEO主導の行動連合です。世界最大の消費財企業20社のイニシアチブとして、HRCはサプライチェーンから強制労働を根絶することで、世界中の公正でまともな労働条件を達成するために取り組んでいます。HRCの仕事は、Co内の強制労働の問題に関するCGFの長い関与の歴史を続けています CGFの強制労働に関する社会決議に基づいてサプライチェーンを構築することで、業界で初めての商品サプライチェーン。優先産業原則、および業界の主要な利害関係者との継続的な関係。HRC の詳細については、 www.tcgfsocial.comを参照してください。 消費財フォーラムについて 消費財フォーラム(「CGF」)は、世界中の消費財業界にサービスを提供する慣行と基準の世界的な採用を奨励するために、メンバーによって駆動されるグローバルなパリティベースの業界ネットワークです。70カ国の約400の小売業者、製造業者、サービスプロバイダー、その他の利害関係者のCEOと上級管理職が集まり、業界の多様性を地理、規模、製品カテゴリ、フォーマットに反映しています。そのメンバー企業は3.5兆ユーロの売上を合わせ、約1,000万人を直接雇用しており、バリューチェーンに沿ってさらに9,000万人の関連雇用が見積もられました。これは、58のメーカーと小売業者のCEOで構成される取締役会によって支配されています。詳細については、 www.theconsumergoodsforum.comを参照してください。

Contact Information:

Didier Bergeret
Director, Sustainability
The Consumer Goods Forum
forestpositive@theconsumergoodsforum.com
social@theconsumergoodsforum.com

Madelaine VanDerHeyden
Communications Officer
The Consumer Goods Forum
m.vanderheyden@theconsumergoodsforum.com



Tags:    Japanese, United States, Wire