USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Feb 4, 2021 12:35 AM ET

ブルーロック総所得不動産ファンドは、2021年の第4四半期リターンと強気の見通しを2.57%提供


ブルーロック総所得不動産ファンドは、2021年の第4四半期リターンと強気の見通しを2.57%提供

iCrowd Newswire - Feb 4, 2021

ブルーロック・トータル・インカム+不動産ファンドは、ファンドの機関株式クラスの第4四半期の総リターン2.57%を発表し、8年連続で株主にプラスのトータルリターンを提供しました。 また、2020年12月14日の四半期ごとの32回連続の分配金を、年間分配率5.25%*で支払いました。 クラスA株主への分配金は、1株当たり11.47ドル、現在の株価は29.24ドル(TIPRX:A株、12.31.2020)です。

ブルーロック・キャピタル・マーケッツのジェフリー・シュワバー最高経営責任者(CEO)は、「世界的な健康大流行と急激な不況に悩まされた困難な年に、ファンドは高所得と低ボラティリティでポジティブなリターンの目標を達成しました。「ファンドは、投資家のための効率的な多様なポートフォリオを作成する際のビルディングブロックとしての機能を検証する景気後退1の深さでさえ、最小限のドローダウンで低ボラティリティを提供する能力を実証しました。 これは、ファンドのプラスリターンの33四半期のうち30四半期をマークし、主に創業以来43年中39年の資産クラスに投資し、平均非レバレッジの年率リターンは約9%です。 私たちは、機関プライベートエクイティ不動産(iPERE)は、十分に多様化したポートフォリオの不可欠で非相関的で低いボラティリティの要素であり、生命の保持であるべきだと考えています」と、シュワバーが付け加えました。

ファンドアドバイザー兼シニアポートフォリオマネジャーの共同創業者であるアダム・ロッターマン氏は、「この業績は、長期的な投資を行う、電子商取引、人口動態の変化、科学技術の力などのマクロトレンドによって駆動される、複数年にわたる戦略計画の結果です」と指摘しました。 「特に産業、生命科学、集合住宅、不動産の負債が含まれ、2020年には強力な業績を上げ、ファンドはオフィス、小売、ホテルなどの2020年の業績不振セクターへのエクスポージャーを大幅に減らした」とLotterman氏は付け加えた。

第4四半期末の時点で、ファンドは、主にコア、高占有、戦略的セクターの重み付けを持つ制度的品質の不動産保有で構成された約2,200億ドルの基礎ポートフォリオの総資産価値を報告しました:35%の産業、33%のアパート、14%の専門(生命科学、医療事務所、セルフストレージを含む)、13%、 ファンドの配分の約95%は、業績の良いセクターでした。

ブルーロックチームは、失業率の低下につながると考えるCovid-19ワクチンの開発と展開の成功によって、年間を通じて経済が一年を通じてさらに回復すると広く期待されているため、2021年の機関内の民間不動産に強気です。低金利環境と組み合わせた経済の強化は、歴史的に不動産のパフォーマンスを強化してきました。

1 2020標準偏差;TIPRX: 1.4%, S&P 500: 41.5% , MSCI 米国REIT指数: 53.1%, ブルームバーグバークレイズ米国総合債券指数: 5.7% ;2020年最大ドローダウン:TIPRX:-2.6%、S&P 500:-33.8%、MSCI米国REIT指数:-44.0%、ブルームバーグバークレイズ米国総合債券指数:-6.3%。

2ファンドの詳細については、https://bluerockfunds.com/investment-holdings/をご覧ください。

TI+ファンドクラスAとI純パフォーマンス

 

12.31.2020までのパフォーマンス

1年

5年

創業以来の年率3

TI+ファンドクラスA

1.37%

5.70%

7.10%

TI+ クラス A4
最大販売料

-4.47%

4.46%

6.33%

TI+ファンドクラスI

1.64%

5.97%

6.54%

提示されたリターンは合計正味リターンです:パーセンテージで表され、総リターンの計算は、価格の変更を取り、再投資、該当する場合は、期間中のすべての所得およびキャピタルゲイン分配金、および開始価格で除算することによって決定されます。1 年以上の返品は年率換算されます。

3 TI+ファンドクラスA株式の開始日は2012年10月22日、クラスIシェアは2014年4月1日です。

4クラスA株式の最大販売手数料は5.75%です。投資家は、免除または販売手数料の削減の対象となる場合があります。

ここで示すパフォーマンス データは、過去のパフォーマンスを表します。現在のパフォーマンスは、上記のパフォーマンス データよりも低い場合や、高いパフォーマンスを得られる可能性があります。投資収益率と元本価値は変動するため、償還時に株式が元のコストよりも多かれ少なかれ価値がある可能性があります。最新の月末までのパフォーマンス情報については、フリーダイヤル1-888-459-1059までお電話ください。 過去の業績は将来の結果を保証するものではありません。

年間資金運営経費率の合計は、手数料免除または経費払い戻しの総額で、クラスAの場合は2.21%、クラスIでは1.96%です。ファンドの投資顧問は、その手数料を削減し、ファンドの費用を吸収することに契約上合意しました。 少なくとも2021年1月31日までは、クラスAとIの純年間資金運用費用がクラスAの1.95%、クラスIの1.70%を超えないようにするため、ファンドのクラスAおよびクラスI株式に帰属する1年当たり純資産の年間は、今後数年間のファンドからの回収の可能性を条件として、経費免除の詳細については、ファンドの目論見書を確認してください。ファンドのパフォーマンスは、特に非常に短期間、投資判断を下す唯一の要因であってはなりません。ファンドのパフォーマンスと分配金は手数料の純額を提示されます。

ブルーロックトータルインカム+不動産ファンドは、数百万ドルの最低投資基準を満たすことができる機関投資家のみが一般的に利用できる機関プライベートエクイティ不動産証券に資産の大半を投資するクローズドエンドインターバルファンドです。2020年第4四半期現在、ファンドが投資されている証券が保有する不動産の価値は約2,200億ドルで、アレス、ブラックストーン、モルガン・スタンレー、プリンシパル、PGIM、クラリオン・パートナーズ、インベスコ、RREEFなどが管理しています。ファンドへの最低投資額は、クラスA、C、L株に対して$2,500(退職金制度の場合は$1,000)です。

TI+上場企業の提出書類のコピーについては、www.sec.govの米国証券取引委員会のウェブサイトまたはwww.bluerockfunds.comの当社ウェブサイトをご覧ください。

Contact Information:

www.bluerockfunds.com.



Tags:    Japanese, United States, Wire Real Estate