USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Feb 8, 2021 4:54 PM ET

垂直発見は、新しいブランドのアイデンティティを発表します, Ligl – デジタルエビデンスライフサイクルオーケストレーションソフトウェア


iCrowd Newswire - Feb 8, 2021

オースティン、テキサス州、シカゴ、イリノイ州 – 2021年1月28日– クラウドベースのエンドツーエンドの電子情報開示オーケストレーションプラットフォームのグローバルプロバイダーであるVertical Discoveryは本日、2021年2月2日から4日の間にLegalWeek 2021で展示される新しいブランドアイデンティティと製品名Liglの発売を発表しました。 Liglは、EDRMのすべてのフェーズで完全なワークフロー自動化を実現する、業界初の唯一のデジタルエビデンスライフサイクルオーケストレーションプラットフォームです。 Liglの展開は、訴訟量が毎年36%増加しており、一貫性のあるコスト効率の高いエンドツーエンドワークフローソリューションの必要性が企業にとって急速に不可欠になっている業界で重要な時期に来ています。 「当社のクライアントは、調査の歴史的な増加と数十億ドル規模の金融リスクに取り組む一方で、電子情報開示プロセスを社内でますます進めています。 複雑なケースやデータソースの増加に伴う作業において、シンプルさ、使いやすさ、直感的なデザインが成功に不可欠になりました」と、LiglのCEOアニル・コナは述べています。「Liglは、断片化したプロセスを統一する単一のエンドツーエンドソリューションを提供するという当社のコミットメントを反映しており、リスクを排除し、プロセスをスピードアップし、コストを削減します。 シンプルさを念頭に置いて設計されたLiglは、訴訟と調査のライフサイクルのあらゆる段階を調整し、摩擦のない使いやすいシステムでホールドとディスカバリーのワークフローを自動化します。 現在、企業の75%が電子情報開示を社内で行っているため、異なるシステム、技術的専門知識の必要性、高い資本コストが原因で失敗することが多い従来の手動モデルをLiglが置き換えています。 Liglは、ホールドとディスカバリーという2つのコンパクトなプラットフォームセグメントを通じて、電子情報開示プロセスで45%のコスト削減と30倍のワークフローを実現します。リゲルの柔軟性とシームレスな導入は、ユーザーにインスパイアされた豊富な機能によって実現されます。

Liglチームは、オースティン、シカゴ、ハイデラバードの3つのオフィスから世界中の主要企業と提携し、迅速な展開とシームレスなオンボーディングを行っています。 リゲルについて:Liglは、企業の法務チームにとって訴訟と調査プロセスを摩擦のないものにする、業界初の唯一のデジタルエビデンスライフサイクルオーケストレーションソフトウェアです。 一般に、保留プロセスと検出プロセスは、統合されていないサイロで複数のツールを使用して複数の関係者によってフラクチャされます。 EDiscoveryプロセスの一部に対応する多くのポイントアプリケーションとは異なり、リグはエンドツーエンドのワークフローを自動化し、プロセスの実行をシームレスかつ摩擦なくします。Liglのカスタマイズ可能なケースベースのワークフローは、一貫性を保証し、プロセスのミスステップと手動エラーを排除すると同時に、年間支出を45%削減して4倍の高速処理を実現します。 www.ligl.ioで続きを読む

Contact Information:

Media Contact:

Nitash Juyal
Director of Marketing
njuyal@ligl.io




Tags:    Japanese, Legal Newswire, United States, Wire