USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Feb 9, 2021 3:00 PM ET

ヤンプロキンバリークラウドのフランチャイズオーナー


iCrowd Newswire - Feb 9, 2021

キンバリークラウド(1984年7月3日、ワシントンDC生まれ)はアフリカ系アメリカ人の起業家です。

  1. 彼女は純粋にミシェル・ウィッグスLLCとブルークラウドクリーニングLLC、クリーニング代理店の創設者です。
  2. クラウドは、最初から成功したビジネスを創出することで最もよく知られており、メンタルヘルスの問題に取り組んで人々、特に女性に力を与えることに専念しています。彼女はポジティブなメンタリティをしっかりと提唱し、健康的な作業空間を作ることを目指しています。
  3. クラウドは高い評価を得ている個人であり、彼女の模範的な仕事のために数多くの証明書を受け取っています。
  4. 彼女はまた、ヤフーファイナンス、アクセスワイヤー、ビジネスインサイダー、および他を含むいくつかのメディアで紹介されています。
  5. クラウドは1984年7月3日にワシントンDCで生まれ、シャーロットでホームスクールに通い、その間ウィン・ディキシーで働いていました。クラウドはオクソン高校で高校教育を修了し、2013年にボルチモア・シティ・コミュニティ・カレッジに入学しました。彼女は3年間依存症カウンセリングと薬物乱用を学びました。2017年、クラウドはコッピン大学で1年間の心理学コースを追求しました。2020年にフェニックス大学に入学し、経営学の修士号を取得。クラウドは2002年に高校卒業後にアメリカ陸軍に入隊し、3年以上料理芸術部門で働いていました。陸軍から帰国後、2006年に顧客サービス担当者としてConvergysで働き始めました。彼女はこの会社で2年間働いた。コンバージの後、彼女は3年間家の母親になり、彼女の元夫とハワイに行きました。2年間の休止の後、クラウドはアウトソーシング会社のAloricaに入社し、カスタマーサービス担当者として5ヶ月間働きました。彼女は2013年に高等教育を追求するためにこの仕事を辞めました。 2020年、クラウドはブルークラウドクリーニングと純粋にミシェルウィッグスLLCの2つの会社を設立することで、彼女の起業家の旅を始めました。
  6. Blue Cloudクリーニングは、高品質のクリーニングサービスを多数提供するクリーニング代理店です。
  7. 純粋にミシェル・ウィッグスLLCは、すべての年齢の個人に高品質の髪のかつらを提供します。同社は、すべての肌の種類に適したカスタムナチュラルなヘアウィッグを設計、作成、インストールすることを目指しています。クラウドの会社はまた、特に男性向けにケータリングされたユニークでカスタムな作品を設計しています。彼女はまた、高品質のかつらを提供することによって、がん患者や髪の問題に苦しむ他の人々を助けるために彼女の擁護を追求しています。
    • 名誉ロールS.ナショナルリーダーシップ成功とリーダーシップ協会
    • ゴールデンキー国際名誉協会修了証明書
    • トリオ・ステアーズ賞 認定証明書
    • イースタンスターディプロマ、名誉ある
    • 2006年の陸軍名誉退院

    クラウドは、彼女の人生の過程で、特に彼女の母親が中で亡くなった15歳で、精神的な健康上の問題に苦しんでいました 大腸癌の第4段階。病院に出入りして、クラウド夫人は良い方向に変化を必要としました。クラウド夫人は、どのように彼女は継続的に彼女の精神的健康のための治療を受けることができると自分自身に尋ねました?そのとき、彼女は彼らが彼女の精神的健康の症状を治療することを気にしていることを確認する医者を見つけました。クラウド夫人の精神状態が良くなったとき、彼女は大学に戻ることにしました。

生まれ 1984年7月3日(36歳)
国籍 アフリカ系アメリカ人
市民権 米国
  教育 ヒューマンサービスの学位心理学の学位 • 経営管理の修士号
職業 起業 家
組織化n ブルークラウドクリーニング会社 llc純粋にミシェルヴィヒスルク.ビッグカルテル.com
高さ 5 フィート 6 インチ (168 cm)
タイトル Ceo
ウェブサイト 本当にミシェルヴィッルク.ビッグカルテル。com www.blucloudcleaning.com

Contact Information:

Kimberly m cloud
4432407353
kimberlyglover55@yahoo.com



Tags:    Japanese, United States, Wire