USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Feb 10, 2021 2:37 PM ET

ペルソナの売上は2020年1月と比較して2021年1月の間に96%増加


iCrowd Newswire - Feb 10, 2021

トロント, オンタリオ州, 2月 2nd, 2021– ペルソナソーシャルインコーポレイテッド (TSX.V: PRSN) (“会社” または “ペルソナ“) ペルソナは、ペルソナがソーシャルメディアおよび通信市場で提供する主要な収益促進プラットフォームの1つであるPeeks Platformの2020年1月と比較して、2021年1月の売上に対して企業のアップデートを提供することを嬉しく思います。

同社は、2021年1月の総売上高が2020年1月に比べ96%増加し、純利益が同じ期間に79%増加したことを発表したことを誇りに思っています。

なお、当社は最近、2月28日から12月31日に決算を変更しました。 したがって、ここに記載されている情報は、2019年の対応する暦期間と2019年の当社の会計年度期間との比較に関連しており、提示された数値は 、www.sedar.comに提出された当社の過去の財務諸表と同一ではありません。

提示された運用指標に関する免責事項

ここに報告される数と金額は、監査されていない過去の運用指標です。 開示された運用指標は、内部レポートから生成され、国際財務報告基準(“IFRS”)に準拠するものではありません。本プレスリリースの開示は、当社の販売動向に関する洞察を提供することを目的としています。ここに開示された内部運用指標は、経営陣が当社の全体的な販売実績を評価するためのツールとして使用され、財務開示とみなされたり、当社の監査済み財務を置き換えたり否定したりするために解釈されるべきではありません。

このプレスリリースの目的のために、カナダドルの金額は、$1.34 CADから$1.00米ドルとして本明細書で使用される2020年の年間平均為替レートで計算されました。「総売上高」とは、一定期間に会社が処理した総売上高を意味し、「売上高」とは総売上高から支払処理手数料を差し引いたもの、および「純利益」とは、ストリーマーと視聴者がプラットフォームを使用するために当社が獲得した純手数料を意味します。 実際の監査対象総売上高、売上高、純利益の数値は、取引時および当社への資金決済時の為替の変動、および支払処理手数料の変動に起因して報告される数値とは異なります。

販売

2021年1月の総売上高は、2020年1月と比較して96%増加しました。 12 月と 1 月は通常、販売の最も遅い月です。経営陣は、売上総売上が増加し、売上成長率も昨年の平均63%を上回ったことを満足しています。 経営陣は、近い将来、販売動向が今後も続くと予想しています。

PR Feb 2020 2nd.jpg

2021年1月の総売上高は、2020年1月の約161,761ドルに対し、96%増加し、約317,465ドルとなりました。

  1 月
2020 161,761
2021 317,465

同社は2021年の業績に満足している。 ユーザーからのフィードバックは圧倒的に肯定的です。 ユーザー料金と支払いサイクルに関する限り、同社は現在、ユーザーにオンレスファンなどの業界リーダーに優れたサービスを提供しています。 経営陣は引き続き販売動向が改善し、2021年にサービスをより積極的に推進する予定です。

将来の見通しに関する記述

本プレスリリースには、通常、「信じる」、「見積もり」、「プロジェクト」、「期待」、「計画」、「意図」、「予測」、「プロジェクト」、「可能性」などの表現を含む「将来の見通し」記述を構成する可能性のある記述が含まれています。将来の見通しに関する記述には、本質的にリスクや不確実性が含まれ、実際の結果が将来の見通しに関する記述と大きく異なる可能性があります。 将来の見通しに関する記述は、歴史的事実ではない記述です。このような記述が正確かつ実際の結果であることが証明され、将来の出来事がそのような記述で予想されるものと大きく異なる可能性があるという保証はありません。実際の業績が当社の予想と大きく異なる可能性のある重要な要因は、当社が行った証券規制の提出に随時詳細なリスクです。このニュースリリースに含まれる将来の見通しに関する記述は、この注意書きによって明示的に修飾されています。本ニュースリリースに含まれる将来の見通しに関する記述は、このニュースリリースの時点で作成されており、当社はカナダ証券法で明示的に要求されるとおり、含まれる将来の見通しに関する記述を更新または改訂します。

TSXベンチャーエクスクアンジまたはその規制サービスプロバイダ(その用語はTSXベンチャーエクスチェンジのポリシーで定義されている)は、このリリースの妥当性または正確性に対する責任を見直したり受け入れたりしていません。

Contact Information:

Personas Social Incorporated
Mark Itwaru
Chairman & Chief Executive Officer
416-815-7000
mark@Personas.com



Tags:    Japanese, United States, Wire