USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Feb 10, 2021 7:59 AM ET

量子暗号市場は2025年までに巨大な成長を見込|ID クアンティーク, クイントエッセンスラボ, マイクロソフト, IBM


iCrowd Newswire - Feb 10, 2021

最新の世界量子暗号市場に関する調査研究は、グローバルなビジネス範囲に影響を与える要因の詳細な概要を提供しています。量子暗号市場調査レポートは、最新の市場インサイト、現在の状況分析、製品とサービスの今後の傾向と内訳を示しています。このレポートは、量子暗号市場の市場状況、規模、シェア、成長要因に関する主要な統計を提供します。この調査は、競争環境、売上、収益、世界市場シェアなど、新興プレーヤーのデータを対象としています。

現在の市場プレーヤーは、成長する経済における地域の足跡を拡大するために、戦略的提携などの様々な戦略を採用しています。このレポートの主なプレーヤーには、 国際ビジネスマシン株式会社、ID Quantiques、QuintessenceLabs、マイクロソフト株式会社、NuCrypt、MagiQテクノロジーズ、カスキー、三菱電機、クビテック、HP、NEC、東芝、ポストクォンタム、クリプタラボ、ISARA、QuNu Labs、QuantumCTekが含まれます。

 

無料サンプルレポート + すべての関連グラフとチャート @: https://www.advancemarketanalytics.com/sample-report/3292-global-quantum-cryptography-market

 

AMAのアナリストは、特別調査を実施し、様々な地域のオピニオンリーダーや業界の専門家とつながり、成長への影響と現地の改革を細かく理解し、状況と戦っています。研究の特別な章では、世界の量子暗号市場におけるCOVID-19の影響分析と、成長動向への影響を示す様々な国やセグメントに関連する表とグラフを紹介しています。

 

量子暗号市場の 概要

量子暗号は、自然の法則の不可侵性の究極のセキュリティ保証と秘密の通信のための技術です。1970年初頭にスティーヴン・ヴィースナーとジル・ブラッサードの作品によって発明されました。現代の量子暗号は、意図した受信者以外の人が読み取ることができないような方法でネットワークレベルで情報を暗号化します。2004年、欧州連合(EU)は、この技術に基づく安全な通信システムの研究開発に1,100万ユーロを投資することに関心を示しました。このシステムは、量子暗号の開発を目指すプロジェクトであるSECOQC(量子暗号に基づく安全な通信)とも呼ばれます。SECOQCのコーディネーターは、オーストリア、ベルギー、英国、カナダ、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スウェーデン、スイスの人々と組織がこのプロジェクトに参加すると述べた。量子暗号は、サイバー攻撃の増加と顧客データセキュリティの維持に向けた政府の取り組みが増加したため、予測期間全体で指数関数的に成長することが予想されます。

 

量子暗号市場のセグメンテーション:アプリケーション別(データベース暗号化、ネットワーク層暗号化、アプリケーションセキュリティ、その他)、垂直(銀行、金融サービス、保険(BFSI)、政府と防衛、ヘルスケア、自動車、小売、その他)、セキュリティタイプ(アプリケーションセキュリティ、ネットワークセキュリティ)、コンポーネント(ソリューション、サービス)

 

市場動向:

 

市場の推進力:

 

課題:

 

レポート @: https://www.advancemarketanalytics.com/enquiry-before-buy/3292-global-quantum-cryptography-marketでカスタマイズの問い合わせ

 

含まれるリージョンは次のとおりです。北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、オセアニア、南米、中東、アフリカ

国レベルの分割:米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、チリ、南アフリカ、ナイジェリア、チュニジア、モロッコ、ドイツ、英国(英国)、オランダ、スペイン、イタリア、ベルギー、オーストリア、トルコ、ロシア、フランス、ポーランド、イスラエル、アラブ首長国連邦、カタール、サウジアラビア、中国、日本、台湾、韓国、シンガポール、インド、オーストラリア、ニュージーランドなど

 

世界の量子暗号市場の内容に関する戦略的ポイント:

第1章:導入、市場推進力製品 研究研究範囲の目的量子暗号市場

第2章:排他的な要約 –量子暗号市場の基本情報.

第3章:市場ダイナミクスの表示-量子暗号の推進力、動向、課題

第4章:量子暗号市場因子分析ポーター5つの力、サプライチェーン、PESTEL分析、市場エントロピー、特許/商標分析を提示する。

第5章:タイプ、エンドユーザー、地域別の市場規模の表示 2015-2020

第6章:競合環境、ピアグループ分析、BCGマトリックス、企業プロファイルから構成される量子暗号市場のリーディングメーカーの評価

第7章:主要国別のセグメント、国別、および売上高シェアと売上高を持つメーカー別に市場を評価する(2021-2026)。

第8章および第9章:付録、方法、およびデータ ソースの表示

最後に、量子暗号市場は、意思決定の枠組みの中で個人や企業にとって貴重なガイダンスの源です。

 

データ ソースと方法論
主な情報源は、管理組織、処理組織、業界のバリューチェーンの分析サービスプロバイダーを含む、世界の量子暗号市場の業界専門家を含みます。すべての主要な情報源は、定性的および定量的な情報を収集し、認証し、将来の見通しを決定するためにインタビューされました。

本研究の一次研究プロセスでは、主な情報源である郵便調査、電話、オンライン、対面調査が、本研究の質的側面と定量的側面の両方を得て検証することを検討しました。二次情報源に関しては、当社の年次報告書、プレスリリース、ウェブサイト、投資家プレゼンテーション、電話会議のトランスクリプト、ウェビナー、ジャーナル、規制当局、全国税関業界協会は、一次重量年齢を与えられました。

 

早期購入者|このプレミアムレポートで最大20%割引を受ける:https://www.advancemarketanalytics.com/request-discount/3292-global-quantum-cryptography-market

 

AMAの研究ではどのようなメリットがありますか?

決定的に、このレポートは、他の研究レポートや情報源をほのめかす必要なしに、市場のあらゆる現実に紛れもない視点を与えるでしょう。私たちのレポートは、関係する市場の過去、現在、そして最終的な運命についての現実を皆さんに提供します。

この記事を読んでくれてありがとう。また、北米、ヨーロッパ、東南アジアなどの個々の章の賢明なセクションや地域の賢明なレポートバージョンを取得することができます。

Contact Information:

Craig Francis (PR & Marketing Manager)
AMA Research & Media LLP
Unit No. 429, Parsonage Road Edison, NJ
New Jersey USA – 08837
Phone: 1 (206) 317 1218
sales@advancemarketanalytics.com

Connect with us at
https://www.linkedin.com/company/advance-market-analytics
https://www.facebook.com/AMA-Research-Media-LLP-344722399585916
https://twitter.com/amareport



Tags:    Europe, Japanese, Latin America, Research Newswire, United Kingdom, United States, Wire