USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Feb 26, 2021 4:21 PM ET

ミラー・コルゼニク・ソマーズ・レイマン、パートナーとしてマシュー・リーシュを加えてコアメディア防衛実務のディープベンチを拡大


iCrowd Newswire - Feb 26, 2021

Logo2021年2月25日 ニューヨークデイリーニュースの長年のニュースルーム弁護士で、トリビューン・パブリッシング・カンパニーの元顧問補佐であるマシュー・リーシュは、ニューヨークのオフィスのパートナーとしてミラー・コルゼニク・ソマーズ・レイマンLLPに加わったと、同社が本日発表した。 メディア企業、ジャーナリスト、著者を社内弁護士として、また私的な業務の両方で20年以上の経験を持つリーシュ氏は、修正第1条と知的財産関連の訴訟の幅広い範囲を処理し、出版前のレビューを行い、一般的なアドバイスや助言を提供します。 彼のキャリアの過程で、彼は定期的に名誉毀損や著作権訴訟からメディアクライアントを擁護し、記者に仕えた召喚状を押しつぶし、裁判所の手続きや文書へのアクセスを求める動議を持ち込み、公的記録紛争を訴訟し、記事を精査し、写真の使用に関する質問から商標紛争に至るまで、多くの事項について助言しました。 リーシュ氏は、メディア法や修正第1条の問題について頻繁に講演し、執筆し、CUNYジャーナリズム大学院の非常勤教授としてジャーナリズムの学生にメディア法を教えてきました。 MKSRパートナーのデビッド・S・コルゼニクは、「マットがパートナーとして私たちに加わることは、メディア法、知的財産、修正第1条の原則の擁護に対する我々の共通のコミットメントを肯定します。それは、Mattのプロフェッショナルなコミットメントが長年にわたって行われてきたものであり、それが最初からこの会社の主要かつ事実上排他的なコミットメントでした。 「MKSRはメディア法分野で優れた評判を得ています」とリーシュ氏は言いました。 「私は、会社とメディア法弁護士のその恒星グループに参加することに非常に興奮しています。 詳細については、www.MKSR.Law をご覧ください。

お問い合わせ先:

デビッド・コルゼニク dkorzenik@mkslex.com 212-752-9200

Contact Information:

David Korzenik
dkorzenik@mkslex.com
212-752-9200



Tags:    Japanese, Legal Newswire, United States, Wire