USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Mar 1, 2021 4:48 PM ET

タバコフリーニコチン対通常のタバコニコチン:大きな違いは何ですか?


iCrowd Newswire - Mar 1, 2021

タバコフリーニコチンについて多くの議論があります。それは伝統的なタバコよりも安全ですか?それは良い質問であり、幸いにも答えはそこにあります。

2021年2月17日 ほんの数年前にニコチンを考えた人が、タバコだけが思い浮かびました。今、それは間違いなく別の話です。空洞化や電子タバコの現在の人気では、普通の人々でさえ、ニコチンに関しては利用可能な選択肢があることを知るようになりました。多くの大きな問題は、タバコフリーニコチンと通常のタバコニコチンの違いは何ですか?現場の専門家から直接、答えは次のとおりです。

とにかくタバコフリーニコチンとは何ですか?

タバコのないニコチンの考え方は奇妙に見えるかもしれませんが、そうすべきではありません。それはちょうど良い、スマートな科学です。 ほとんどのニコチン(タバコだけでなく、ほとんどのベープジュースでも)はタバコに由来していますが、これは純粋な結果から遠く離れた非常に厄介なプロセスであることが知られています。より多くの不純物とより多くの問題は、使用から感覚的に期待することができます。科学チームはこれに飛び乗り、タバコに由来しないニコチンを開発しました。その結果、タバコニコチン電子液体のような場所で見られるものに代わる清潔で純粋な代替手段です。臭いも味もない。タバコフリーニコチンの合成性質は、タバコのこれらの汚れた性質を完全に取り除きます。

効果は同じですか?

合成ニコチンは、ニコチンユーザーが探していると欲望しているのと同じ効果を持っています, しかし、より純粋な方法で.これがスマートベーピングコミュニティで非常に人気がある理由です。それはまだ中毒性の資質を持っていることを忘れてはならないし、覚醒剤であり、ニコチンの他の形態と同じように、子供から遠ざけなければならない。ニコチンの起源がタバコではなく研究室から来ている場合でも、責任は空洞化を理解し、楽しむことができる重要な部分です。

味。

はい、タバコを含まないニコチンを含む電子液体は、異なるフレーバーで入手可能です。エキサイティングな部分は、これらの味は「古い学校」ベープ液体から残りのタバコの貧弱な残留味で汚染されていないです。多くは、味の後グロスを発見したが、タバコを含まないニコチンは、その問題の解決策を提供します。

タバコフリーニコチンの全体的な利点

空洞化の世界の専門家によると、タバコに由来するニコチンと比較して、タバコフリーニコチンの利点について多くの合意があります。それは純度であり、PHレベルは、非合成源から来る「汚れた」ニコチンよりもユーザーの体にはるかに簡単であると考えられています。味の欠如はまた、悪い味のために悪名高いタバコ源からの電子液体の悪い味を嫌う多くの人のための大きな救済です。タバコのニコチンも臭いが少なく、家の匂いを恐れることなく屋内で使用することがはるかに許容されます。合成ニコチンは、タバコ製品由来のニコチンとは異なり、その効力を維持しながら、非常に長い貯蔵寿命を有する。

道をリードする気化

人気のベープブランドVaporiteは間違いなく高品質のリーダーであり、よくレビューされたタバコフリーのニコチンです。エキサイティングなニュースでは、デスクトップやハンドヘルド気化器などのオプションを提供するだけでなく、別の目を見張るような選択肢もあります。 9月 2020, ヴァポマイトは、タバコ無料ニコチン使い捨て可能なデビューする最初の会社でした.これはすぐにベストセラーの一つとなっています。ユーザーは、使い捨てオプションは便利で手頃な価格の選択肢であり、気化器や他のデバイスと比較すると、多くの場合、彼らと一緒に「外出先で」取ることがより簡単なものであると考えています。 タバコフリーニコチン使い捨ての人気が上昇し続けているのはショックではありません。 詳細については、注文するには 、https://vaporite.net または電子メール sales@vaporite.netでVaporiteをご覧ください。

Contact Information:

sales@vaporite.net



Tags:    Japanese, United States, Wire