USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Mar 16, 2021 2:00 AM ET

第1四半期調査:商業用不動産幹部が現在および将来の市場状況について楽観的な見方を表明


第1四半期調査:商業用不動産幹部が現在および将来の市場状況について楽観的な見方を表明

iCrowd Newswire - Mar 16, 2021

本日発表された不動産円卓会議の2021年第1四半期経済センチメント調査によると、商業用不動産業界のリーダーは、COVID-19パンデミックが様々な資産クラスに及ぼす影響を引き続き認める一方で、2021年の残りの期間の現在および将来の市場状況に対する楽観的な見方を表明しています。報告書は、産業および集合住宅セクターの成長の可能性を概説し、ホスピタリティと小売業は政府の制限と健康ガイドラインのために課題に直面し続けています。

「パンデミック不動産所有者、経営者、投資家、貸し手は、それぞれ住宅およびビジネステナントに対する危機の影響を軽減することに焦点を当ててきました」と、不動産円卓会議社長兼CEOのジェフリー・D・デボアは述べています。「業界は、ストレスの下でテナントとのリースを再構築し、連邦政府のレンタルやその他の支援を提唱し、救済へのアクセス方法に関するテナントの教育を支援し、健康関連の建物運営プロトコルに大幅な改革を提供し、建物に再参入する安全で効果的な方法を確保するための詳細なガイダンスを発表しました。DeBoer氏は、「当社のQ1指数は、過去12ヶ月間非常に困難であるにもかかわらず、業界リーダーは状況がポジティブな傾向にあると楽観的であることを示しています。一般的な需給市場バランス、機能する資本市場、低いレバレッジは、ワクチン接種の取り組みの増加と相まって、楽観的な見方の強い上昇を引き起こしました。もちろん、予防接種が全体的に停滞したり、国家政策立案者が業界に新たな税金や規制上の負担を課したりした場合、このすべてが取り消される恐れがあります。

円卓会議の2021年第1四半期センチメント指数は59で登録され、前四半期から15ポイント上昇しました。 [総合指数は、現在および将来のインデックスを平均することによって1から100のスケールで採点され、50を超えるスコアは正と見なされます。今四半期の現在の状況指数44は前四半期から17ポイント上昇し、今四半期の将来状況指数は74ポイント増加し、前四半期と比較して13ポイント増加しました。2010年第3四半期に、前回のフューチャー・コンディション・インデックスが74に登録されたのは10年以上前でした。

レポートのトップラインの調査結果には、次のものがあります。

  • 2021年第1四半期の不動産円卓会議センチメント指数は、2020年第4四半期から15ポイント増加した59点を記録しました。回答者は今後の状況について楽観的な見方を示し続けました。ただし、見通しは資産クラスとポートフォリオの組み合わせに大きく依存しています。

  • 産業および集合住宅セクターは、世界的なパンデミックに対して最も弾力性があり、パンデミック後の環境で成功を収めるのに最も適していると考えられました。小売業やホスピタリティ部門は、公衆衛生対策や政府の規制に起因する課題に直面し続けています。

  • 取引量が少ないため、過去1年間の資産評価の可視性が限られています。発生した取引の中で、産業資産は価値が増加し、市場全体を反映していますが、集合住宅はCOVID以前の価値に対してわずかな割引で取引されています。

  • 不動産市場内の資本フローは、パンデミックのセクター固有の影響を受けています。ほとんどの回答者は、特に産業および集合住宅分野において、高品質の資産のためのアクセス可能な資本市場を挙げました。しかし、リースや開発エクスポージャーを伴う不利な不動産タイプや戦略は、機関の公平性や資金調達を確保することがより困難になっています。

DeBoerは、「円卓会議は、経済回復を加速し、将来のパンデミックまたは同様の脅威が発生した場合に回復力を強化する超党派の連邦措置を進めるために政権と議会と協力することに引き続きコミットしている:労働者と家族に直接救済を提供し、住宅およびビジネステナントの両方に賃貸援助を提供し、雇用者が実施する重要な健康と安全対策のコストを相殺するための一時的な税制上の優遇措置と、企業の法的責任の保護措置は、期待を明確に定義し、雇用者が職場復帰を促進するために非常に必要な確実性を生み出す」

第1四半期調査のデータは、シカゴに拠点を置くFPLアソシエイツが円卓会議に代わって収集しました。

Contact Information:

http://www.rer.org



Tags:    Europe, Japanese, Latin America, Research Newswire, United Kingdom, United States, Wire