USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Mar 18, 2021 7:33 AM ET

AICPAは、ダブリンに拠点を置く技術リーダーEasyITによるSOC 2®タイプ2監査試験の正常な完了を発表します


iCrowd Newswire - Mar 18, 2021

オハイオ州ダブリンに本社を置く大手ITマネージドサービスプロバイダーであるEasyITは本日、厳格で選択的なSOC   2- TYPE 2監査試験の完了を公に発表しました。  

SOC、またはシステムおよび組織統制   は、内部統制およびプロセスのさまざまな分野に関する公式監査および検査を通じて作成されたレポートの完全なスイートで構成されています。   統制は、企業の財務情報、信頼性の高い財務報告、および法令遵守の両方の完全性を保証するすべてのメカニズム、ルール、手順を表します。  

すべてのSOC監査は、米国公認会計士協会(AICPA)の認定を受けたCPAによって実施されています。   この認証は、金融機関のすべてのベンダーが採用される前にSOC 2 TYPE 2認定を受けることを義務付けている最近の金融業界の法律に応じて特に重要です。

SOC 1、SOC 2、SOC 3 というラベルの付いた合計 3 つの SOC レポートがあります。

SOC 1 は、財務報告に使用される内部統制の監査です。  

SOC 2 は SOC 1 監査に似ていますが、「トラスト・サービス基準」と呼ばれるものに使用される内部統制に焦点を当てています。   この基準は、セキュリティ、可用性、処理の完全性、機密性、プライバシーに関連するすべての内部統制で構成されます。  

最後に 、SOC 3 レポートは一般的に、SOC 2 TYPE 2 レポートの要約にすぎず、詳細と詳細度が少なくなります。 

これらの各 SOC 監査プロセスでは、会社が適切な制御を行っていると言った場合に TYPE 1 が適用され、会社がコントロールが効果的で意図したとおりに機能することを証明したときに TYPE 2 が適用されます。   SOC 2 TYPE 2認定は、多額の費用、すべての従業員の複数の面接とテスト、透明性とコンプライアンスを保証するすべての制御慣行のオープンで完全な開示を考慮すると、簡単な偉業ではありません。  

EasyITのSOC 2 TYPE 2監査の完了は、SOC 2 Type 1認証が完了してから1年以上後に行われ、現在は金融セクターのすべての分野で働く認定されたライセンスベンダーとして会社の扉を開きます。  

EasyITのカート・ホーフト最高経営責任者(CEO)は、「SOC 2タイプ2試験監査の成功は少なからず努力   でした。当社は、データと情報が組織の最も価値あるビジネス資産の1つであると考えており、業務中に収集された情報の使用と処理に伴うリスクを軽減するために必要な保護を提供するようにEasyITが構築されています。

SOC監査レポートは、組織、ベンダー管理プログラム、社内コーポレート・ガバナンス、リスク管理プロセスの監督を示す上で重要な役割を果たし、規制の監督として使用されます。  

イージートについて:EasyITは、オハイオ州ダブリンに拠点を置く大手マネージドITサービスプロバイダです。   現在までに、EasyITは130万枚以上のサービスチケットを完成させ、5年間のコンシューマーチョイス賞を受賞しています。   EasyITは、プロアクティブなソリューション、一流サービス、および全面的なITサポートへの献身でよく知られています。   EasyITは、透明性の高いアプローチとセキュリティ文化を提供し、最高かつ最も安全なITサービスのみを提供します。https://www.easyit.com/ で詳細を見る  

AICPAについて:AICPAは、米国公認会計士協会で、会計職を代表する世界最大の加盟団体です。彼らの公益に奉仕した歴史は1887年までさかのぼります。今日、AICPAは130の国と地域で431,000人以上のメンバーを誇り、ビジネスと産業、公共の実践、政府、教育、コンサルティングなど、多くの分野を代表しています。   この一流の認定の詳細については、次のサイト https://www.aicpa.org/interestareas/frc/assuranceadvisoryservices/aicpasoc2report.html  

Contact Information:

Kurt Hoeft
EasyIT
www.easyit.com



Tags:    Europe, Japanese, Latin America, Research Newswire, United Kingdom, United States, Wire