USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Mar 19, 2021 5:56 AM ET

キヌアシード市場、2026年までに巨大な成長を見|アンデアンバレー, コンルール, ノーザンキヌア, キヌアボル


iCrowd Newswire - Mar 19, 2021

AMAリサーチが発表した最新のインテリジェンスレポートで、 キヌアシード 市場の見通しが2026年に表示されます。詳細な研究は、グローバルキヌアシード市場の急性の特徴に関する最新の洞察を提供するために蓄積されました。このレポートでは、Quinoa Seed市場の主要な要因の詳細な概要と、ドライバー、拘束、過去および現在の動向、規制シナリオ、技術開発などの要因を提供します。景気減速、地域・世界改革、COVID-19インパクトなど、これらの要因を徹底的に分析し、世界市場における将来の成長見通しを決定しています。

キヌアシード 市場の定義:

キヌア種子は食用種で、ガチョウ足属種に属し、B6、B1、葉酸、鉄、マグネシウム、リンを含むタンパク質および様々なビタミンが含まれています。キヌアの種子は主に味が苦いサポニンで覆われており、昆虫や鳥から保護します。農業産業の新しい高度な技術によって、これらのコーティングはキヌアの種を食べる準備が整うために取除くことができる。主にキヌアの種子は朝食シリアルとして消費されます。栄養価、グルテンフリーの性質、機能性食品成分の可能性により、キヌアは世界中の消費者の注目を集めています。

このレポートの主要なプレーヤーには、

アンデアンバレー株式会社(ボリビア),アルターエコ(フランス),COMRURAL XXI(ボリビア),イルパナアンデアンオーガニック食品(ボリビア),英国キヌア株式会社(英国)、ノーザンキヌア(カナダ)、キヌアコーポレーション(米国)、ハイランドファームフーズ(カナダ)、アローヘッドミルズ(米国)、キノアボル(ボリビア)

無料サンプルレポート + すべての関連グラフとチャート @: https://www.advancemarketanalytics.com/sample-report/19239-global-quinoa-seed-market

COVIDの影響と経済の減速による最新の市場動向と変化するダイナミクスを、世界中で最新の状態に保ちます。グローバルキヌアシードマーケットの様々なセグメントと新興地域で利用可能なビジネスチャンスをサイジングすることにより、競争力を維持します。

市場のトレンド:

主要市場プレーヤーによる種子品種への最近の技術研究開発

生産の技術進歩に伴うキヌア種子の国際的需要の増加

拘束:

キヌア種子の限定生産

市場成長の促進要因:

世界的に高い栄養価値食品の需要の伸び

栄養成分とグルテンフリー製品の高含有率に対する消費者の傾向の増加

世界キヌアシード市場セグメントと市場データのブレークダウンは以下の通りです。

タイプ別(有機、無機)、アプリケーション(直接食用、再処理製品、その他)、キヌア種子の品種(ブラックキヌア種子、レッドキヌア種子、ホワイトキヌア種子、その他)

含まれるリージョンは次のとおりです。 北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、オセアニア、南米、中東、アフリカ

国レベルの分割: 米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、チリ、南アフリカ、ナイジェリア、チュニジア、モロッコ、ドイツ、英国(英国)、オランダ、スペイン、イタリア、ベルギー、オーストリア、トルコ、ロシア、フランス、ポーランド、イスラエル、アラブ首長国連邦、カタール、サウジアラビア、中国、日本、台湾、韓国、シンガポール、インド、オーストラリア、ニュージーランドなど

レポート @: https://www.advancemarketanalytics.com/enquiry-before-buy/19239-global-quinoa-seed-market でカスタマイズの問い合わせ

世界のキヌアシード市場の内容表に記載された戦略的ポイント:

第1章:ヌアシード 市場の研究・研究範囲の導入、市場推進力製品の目的

第2章: 独占サマリー – キヌアシード 市場の基本情報。

第3章:市場ダイナミクスの表示 – キヌアシードの動向と課題

第4章:キヌアシード市場要因分析ポーター5つの力、サプライチェーン、PESTEL分析、市場エントロピー、特許/商標分析を提示します。

第5章: タイプ、エンドユーザー、地域別の市場規模の表示 2015-2020

第6章: 競合環境、ピアグループ分析、BCGマトリックス、企業プロファイルから構成される キヌアシード 市場の大手メーカーの評価

第7章: 主要国別のセグメント、国別、および売上高シェアと売上高を持つメーカー別に市場を評価する(2021-2026)。

第8章および第9章: 付録、方法、およびデータ ソースの表示

最後に、 キヌアシード マーケットは、意思決定の枠組みの中で個人や企業のための重要なガイダンスの源です。

データ ソースと方法論
主な情報源は、管理組織、処理組織、業界のバリューチェーンの分析サービスプロバイダーを含む 、グローバルキヌアシード マーケットの業界専門家です。すべての主要な情報源は、定性的および定量的な情報を収集し、認証し、将来の見通しを決定するためにインタビューされました。

本研究の一次研究プロセスでは、主な情報源である郵便調査、電話、オンライン、対面調査が、本研究の質的側面と定量的側面の両方を得て検証することを検討しました。二次情報源に関しては、当社の年次報告書、プレスリリース、ウェブサイト、投資家プレゼンテーション、電話会議のトランスクリプト、ウェビナー、ジャーナル、規制当局、全国税関業界協会は、一次重量年齢を与えられました。

早期購入者向け|このプレミアムレポートで最大20%割引を受ける :https://www.advancemarketanalytics.com/request-discount/19239-global-quinoa-seed-market

AMAの研究ではどのようなメリットがありますか?

決定的に、このレポートは、他の研究レポートや情報源をほのめかす必要なしに、市場のあらゆる現実に紛れもない視点を与えるでしょう。私たちのレポートは、関係する市場の過去、現在、そして最終的な運命についての現実を皆さんに提供します。

この記事を読んでくれてありがとう。また、北米、ヨーロッパ、東南アジアなどの個々の章の賢明なセクションや地域の賢明なレポートバージョンを取得することができます。

著者について:

アドバンス・マーケット・アナリティクスは、マーケット・リサーチ・インダストリーのグローバルリーダーであり、世界の企業の収益の80%以上に影響を与える高成長の新たな機会について、フォーチュン500企業に定量化されたB2B調査を提供します。

当社のアナリストは、業界の完全な概要を提供する市場動向とダイナミクスの詳細な統計と詳細な分析で高成長調査を追跡しています。私たちは、業界の要因と市場の力に関連する重要な洞察と相まって、広範な研究方法論に従い、お客様にとって最高の価値を生み出します。当社は信頼性の高いプライマリおよびセカンダリデータソースを提供し、アナリストやコンサルタントは、お客様のビジネスニーズに適した有益で使えるデータを導き出します。この調査により、お客様は、グローバルなフットプリント拡大からサプライチェーンの最適化、競合他社のプロファイリングからM&Asまで、さまざまな市場目標を達成することができます。

お 問い合わせ:

クレイグ・フランシス(PR&マーケティング・マネージャー)
AMAリサーチ&メディアLLP
第429号、パーソナージュ・ロード・エジソン、ニュージャージー州
ニュージャージー州アメリカ合衆国 – 08837
電話: +1 (206) 317 1218
sales@advancemarketanalytics.com
で私たちとつなぐ

https://www.linkedin.com/company/advance-market-analytics
https://www.facebook.com/AMA-Research-Media-LLP-344722399585916
https://twitter.com/amareport

 

Contact Information:

Contact Us:

Craig Francis (PR & Marketing Manager)
AMA Research & Media LLP
Unit No. 429, Parsonage Road Edison, NJ
New Jersey USA – 08837
Phone: 1 (206) 317 1218
sales@advancemarketanalytics.com
Connect with us at
https://www.linkedin.com/company/advance-market-analytics
https://www.facebook.com/AMA-Research-Media-LLP-344722399585916
https://twitter.com/amareport



Tags:    Europe, Japanese, Latin America, Research Newswire, United Kingdom, United States, Wire