USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Mar 24, 2021 12:17 AM ET

トリロジー不動産グループは、新しい規制A債券提供を開始します


トリロジー不動産グループは、新しい規制A債券提供を開始します

iCrowd Newswire - Mar 24, 2021

シカゴに本拠を置く不動産投資・不動産管理会社であるトリロジー不動産グループ(「トリロジー」)は本日、5,000万ドルの規制A+債券提供であるトリロジー・マルチファミリー・インカム&グロース・ホールディングスが証券取引委員会(SEC)によって完全に適格であり、現在はオープンしてサブスクリプションを受け取っていると発表しました。

Trilogyは、主に米国全土の対象市場で既存のクラスAおよびクラスBの集合住宅不動産資産を取得するために収益を活用するつもりです。債券は4つのシリーズで発行され、唯一の違いはそれぞれの満期日です。各債券は、毎月支払われる5%の現在の年間クーポンと、ホールド期間中の年間偶発的利息5%の追加のアップサイドに起因する10%の年間の潜在的リターンを提供します。

Trilogyの最高財務責任者であるマット・ライター氏は、「投資家は低利回り環境で魅力的な収入を求めており、固定所得投資の機会セットを拡大することに興奮しています。「このサービスを構築して、現在の収入、トータルリターン、定義された用語、透明性、流動性、およびすべての主要な清算会社を通じた電子購入の容易さなど、複数の面で共鳴するように細心の注意を払いました。

JOBS法に基づいて2015年にSECによって設立された規制A + Tier II製品は、企業が12ヶ月以内に最大5,000万ドルの有価証券を売却することを可能にします。さらに、定期的な財務申告と年次監査済み財務諸表が必要です。三部作の集合住宅収入&成長ホールディングスは、債券保有者に代わって債券契約を監督する第三者の管財人として、監査された年次財務とUMBを提供するためにビッグフォー会計事務所に従事しました。

ライターは続けて、「一般的な勧誘債券の提供として、金融仲介者がすべての投資家に集合住宅資産の有望な機会へのアクセスを提供できることを嬉しく思います。

Trilogyは7つの民間投資ファンドと適格な機会ゾーンファンドを後援し、最近、独立したブローカーディーラーと登録投資アドバイザー(RIA)流通チャネルを介して個人投資家への投資提供を拡大し始めました。2002年以来、Trilogyのプリンシパルは、2020年に6億7,000万ドルの買収と資金調達活動を含む40億ドル以上の取引量を完了しました。

アレテ・ウェルス・マネジメントは、このオファリングのマネージング・ブローカー・ディーラーとして機能します。

トリロジー不動産グループについて
トリロジー不動産グループは、集合住宅や商業用不動産に焦点を当てた垂直統合不動産投資および不動産管理会社です。トリロジーは、8年連続でトップの不動産管理会社の一つとして認識されており、epIQ指数で「A」評価を持っています。2002年以来、Trilogyのプリンシパルは40億ドルの取引量を正常に完了しました。Trilogyは、不動産サイクルのタイミングと、米国各地の主要市場における優れた不動産投資の調達と管理に関する実証済みの専門知識を持っています。

連絡先:

ジェニファー・フランクリン

 

スポットライトマーケティングコミュニケーション

 

(949) 427-1385

 

jennifer@spotlightmarcom.com

Contact Information:

Jennifer Franklin



Tags:    Japanese, United States, Wire Real Estate