USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Mar 31, 2021 12:35 PM ET

カンディ・テクノロジーズ、2020年通期決算を報告


カンディ・テクノロジーズ、2020年通期決算を報告

iCrowd Newswire - Mar 31, 2021

カンディ・テクノロジーズ・グループ2020年12月期決算発表。

2020年通期ハイライト

カンディの胡小明会長兼最高経営責任者(CEO)は、「COVID-19の普及による世界中の店舗や施設の閉鎖と閉鎖は、2020年に経済の隅々に挑戦しました。中国での事業は2020年3月に完全に再開されましたが、主要な収益源の1つであるEV部品の販売は、パンデミックのいくつかの波によって深刻な影響を受けました。ポジティブな面では、この課題は、当社の専門知識を活用する他の市場機会を探求するために、経営陣と従業員からの執拗な努力とコミットメントをもたらしました。 当社は、毎年数千万台の販売台数の世界市場を持つ電動スクーターと電動自己バランススクーターの製品革新を追求することにしました。当社は、電気モーターやバッテリーパックのメリットを活かしたインテリジェント輸送製品の生産を拡大し、こうしたチャンスを追求しました。その結果、電動スクーター、電動セルフバランシングスクーター、関連部品の収益は2020年に160.5%増加し、EV部品の収益が63.3%減少しました。

「2020年の間、我々は不利な市場状況にもかかわらず、3つの主要な戦略的マイルストーンを達成しました。

まず、金華の施設移転の重要な要素である金華経済技術開発区との不動産買い戻し契約を円滑に締結しました。地方自治体は、3回で約5億2,500万人民元(8,000万ドル)を支払うことに合意しました。最初の2回は3億6,300万人民元(5,500万ドル)を受け取りました。 この土地の現在のすべての工場の建物を取り壊し、新しい施設に移転すると、1億6,200万人民元(2,500万ドル)の最終的な支払いが受け取られます。 移転プロセスの終わりに近づいて、新工場への移転をほぼ完了しました。

「私たちの第二のマイルストーンは、5年以内に30万台の政府認定ライドシェアリング車の試しに成功した」 浙江瑞生技術有限公司は、2021年に3,000台以上の政府準拠EVを納入する計画で、段階的な納入が進行中です。これらのすべてのEVは、中国で承認された3つの充電方法の1つとして中央政府によって認識されている私たちのバッテリースワッピング技術を備えています。 2020年には、バッテリー交換に関する中国政府の政策の追い風に基づき、さまざまな方法で前進しました。例えば、2020年10月に浙江省格子電力サービス会社と契約を締結し、バッテリー交換を純度EVに戦略的に組み込む。このプログラムは、EV部品やバッテリー交換装置の生産・販売を牽引し、純粋なEV事業の成長を牽引できると考えています」

米国市場について、「2020年8月、K23とK27のEVモデルを米国市場に導入するバーチャルローンチイベントを開催し、今年3回目の節目を達成しました。 我々は両方のモデルのための米国環境保護庁(EPA)からクリアランスを得たので、我々の焦点は今、すべての連邦自動車安全基準(FMVSS)要件を満たすためにいくつかの変更に取り組んでいます。また、米国の消費者の嗜好に対応するための機能改善にも取り組んでいます。

「今後は、複数の成長機会があります。 米国での事業構築に専念し、第3層と第4層の都市政府認定EVオンラインライドシェアサービス事業を進めています。不動産買付け契約の資本と1億6,000万ドルの直接配置により、スポーツカー、バッテリースワッピング技術、ライドシェアリングプログラムの開発に必要な研究開発に資金を提供できると確信しています。さらに、残りの株式利息の移転を通じて風勝の所属から最近離脱することで、非競合制限が排除され、中国におけるEV市場をより積極的に追求することができます。 今後の成長を再開できる多くの機会が生まれると考えています」

2020年通期決算

純収益と売上総利益

  2020 2019 Y-o-Y%
純収益 (US$mln) $76.9 $135.7 -43.3%
売上総利益(US$mln) $13.5 $25.4 -47.0%
粗利 17.5% 18.7%

純収益は2019年から43.3%減少しました。この減少は、主にEV部品の販売減少によるもので、COVID-19パンデミックによる生産中断の結果、2020年中に顧客からのEV部品の全体的な需要が大きく影響を受けました。 粗利率は17.5%でしたが、2019年は18.7%でした。この減少は、2019年と比較して利益率の低いバッテリー処理によるものです。

営業利益(損失)

営業費用は1,270万ドルでしたが、2019年は2,450万ドルでした。この減少は、主にコスト削減プログラムと予算管理の強化による一般管理費の削減によるものです。 また、不動産取得契約に関連する長期資産の処分に対して1,420万ドルの利益を計上しました。 2020年6月には、73,333平方メートルの土地利用権が地方自治体に譲渡され、関連する利益が認められました。

損失

  2020 2019 Y-o-Y%
営業費用 (US$mln) $12.7 $24.5 -48.1% 営業利益(US$mln) $0.75 $0.91 -17.1% 営業利益率 1.0% 0.7%
  2020 2019 Y-o-Y%
純損失(US$mln) ($10.4) ($7.2) 44.6%
加重平均普通株式あたりの損失 ($0.19) ($0.14)
加重平均希薄化株当たりの損失 ($0.19) ($0.14)

純損失は1,040万ドルでしたが、2019年の純損失は720万ドルでした。純損失の増加は、主に2019年に存在した株式の売却益がないことに起因する。

通年2020電話会議の詳細

当社は、2021年3月30日(火)午前8時(米国東部標準時.M北京時間8:00.M北京時間)に決算について話し合う電話会議とライブウェブキャストを予定しています。経営陣は、質疑応答セッションが続く準備された発言を提供します。

電話会議のダイヤルインの詳細は次のとおりです。

コールのライブオーディオウェブキャストは、http://www.kandivehicle.com の当社のウェブサイトにあるカンディの投資家情報ページにアクセスすることでもアクセスできます。ウェブキャストのアーカイブは、ライブコールの後、当社のウェブサイトで入手できます。 

カンディ・テクノロジーズ・グループについて

神華経済開発区に本社を置くカンディ・テクノロジーズ・グループ(KNDI)は、各種車両の研究開発・製造・販売に取り組んでいます。カンディは、100%子会社の浙江カンディ・ビークルズ(以下「カンディ・ビークルズ」)と浙江カンディ・スマートバッテリー・スワップ・テクノロジー・コーポレーション、SCオートスポーツ(d/b/a Kandi America)を含む子会社を通じて主要事業を行っています。カンディ・ビークルズは、中国を代表する純粋な電気自動車部品およびオフロード車メーカーの一つとしての確立を行っています。

KNDIの詳細については、当社のコーポレートウェブサイト http://www.kandivehicle.com をご覧ください。当社は、ウェブサイトに重要な情報を定期的に掲載しています。

セーフハーバー声明

本プレスリリースには、「将来の見通しに関する記述」を含む特定の記述が含まれています。ここに含まれる歴史的事実の記述以外のすべての記述は、「将来の見通しに関する記述」です。これらの将来の見通しに関する記述は、多くの場合、既知および未知のリスクや不確実性を含む「信じる」、「期待される」または同様の表現などの将来の見通しに関する用語の使用によって識別されます。当社は、これらの将来の見通しに関する記述に反映される期待は合理的であると考えていますが、仮定、リスク、不確実性を伴い、これらの期待は誤りであることが判明する可能性があります。このプレスリリースの時点でのみ述べるこれらの将来の見通しに関する記述に過度に依存してはいけません。当社の実際の業績は、証券取引委員会に提出され、SECのウェブサイト(http://www.sec.gov で入手可能な当社の定期的な報告書で議論されているリスク要因を含む)の結果として、これらの将来の見通しに関する記述で予想されるものと大きく異なる可能性があります。当社またはその代理人に帰属するすべての将来の見通しに関する記述は、これらのリスク要因によって完全に修飾されています。当社は、適用される証券法に基づく場合を除き、これらの将来の見通しに関する記述を更新する義務を負いません。

ツイッターで私たちをフォロー: @ Kandi_Group

連絡先:

カンディ・テクノロジーズ・グループ
ケワ・ルオさん
+1 (212) 551-3610
IR@kandigroup.com

ザ ブルーシャツ グループ
ゲイリー・ドヴォルチャック氏、CFA
gary@blueshirtgroup.com

Contact Information:

Kandi Technologies Group, Inc.
Ms. Kewa Luo
1 (212) 551-3610
IR@kandigroup.com



Tags:    Europe, Japanese, Latin America, Research Newswire, United Kingdom, United States, Wire