USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Mar 31, 2021 3:01 AM ET

バイオ太陽光発電市場規模予測、2025年までに1,850万ドルに達


バイオ太陽光発電市場規模予測、2025年までに1,850万ドルに達

iCrowd Newswire - Mar 31, 2021

世界のバイオ太陽光発電(BPV)市場は、2025年までに1,850万ドルに達すると予測され、2020年から2025年の予測期間中にCAGRは30%増加すると予測されています。バイオ太陽光発電(BPV)は、生物微生物を活用して太陽エネルギーを電気エネルギーに変換するエネルギー生成技術の一種です。環境問題の高まりによるグリーンエネルギー技術開発への投資増加などの要因を分析し、生体太陽電池に焦点を移します。サービス中に環境問題を引き起こすことなくグリーンエネルギーを生み出すシリコン太陽光発電の優位性にもかかわらず、終末期のソーラーパネルは、適切に廃棄またはリサイクルしないと深刻な汚染や健康問題を引き起こす可能性があります。このため、科学者は、環境の終わりに深刻な懸念を持たないバイオ太陽光発電などの完全なグリーンエネルギー技術の開発に向けて行進しています バイオ太陽光発電(BPV)市場セグメント分析 – 材料タイプ別 バイオ太陽光発電(BPV)市場は、材料の種類に基づいてポリマー、ペロブスカイトなどに分類されます。ポリマーベースのバイオ太陽光発電の市場は、2020-2025年の予測期間中に大きな市場成長を目の当たりにすることが予想されます。導電性ポリマーは、エネルギースループットレベルの向上により、発電用のバイオ太陽光発電装置の採用が高くなっています。ポリマーは良好な電荷特性を有するため、研究者はバイオ太陽光発電パネルやデバイス内でハイエンドポリマーを使用してエネルギー利用プロセスを増やし始めました。また、このような太陽光発電材料は、変換のために太陽エネルギーのより多くの量をタップすることができる高純度と厚い吸収層を提供します。研究者はまた、最適化された電力密度と効率レベルを提供することができる太陽光発電装置で使用される様々なポリマーを開発しました。このような要因は、将来的にバイオ太陽光発電システム内でポリマーの高い採用を作成する準備ができています レポートのサンプルの要求 @ https://www.industryarc.com/pdfdownload.php?id=19360レポート価格: $ 4500 (シングルユーザーライセンス)バイオ太陽光発電 (BPV) 市場セグメント分析 – 地域別 アジア太平洋地域は、2020年から2025年の予測期間中、世界のバイオ太陽光発電(BPV)市場が大幅に成長すると予想されています。2019年、中国科学院微生物学研究所の研究者は、電子流量が制約された合成微生物コンソーシアムに基づく新しいバイオ太陽光発電システムの開発を発表しました。さらに、このBPVシステムは、従来の構成のBPVデバイスよりも比較的高い一時セットアップ内で約150mWの発電密度を生成する能力を提供します。このような進歩は、地域全体の市場成長に大きく貢献するのにも役立ちます。 バイオ太陽光発電(BPV)市場ドライバー バイオ太陽光発電システム開発用再生可能材料の利用拡大 バイオ太陽光発電システムの開発に再生可能な製品の採用の増加は、バイオ太陽光発電市場の成長を後押しする主要な要因の一つとして機能しています。様々な商業および産業上の要求により、環境に害を与えることなくエネルギー抽出と製造プロセスをより効率的にし、紛争材料に対する必要性を減らすことに対する需要が高まっています。再生可能製品の使用は、太陽エネルギーを高い可能性で捕捉しながら有益な行動を取り、環境への影響を最小限に抑えます。その一環として、UCリバーサイドの研究者は、グラフェンハイブリッドとバクテリオロドスピンという光栄養タンパク質を統合することにより、再生可能な炭素を使用したバイオ太陽光発電デバイスの開発に向けた試みを発表しました。このタンパク質の使用は、限られた環境への影響の中で自然に電気に太陽放射を変換しながら、より良い可能性を提供するのに役立ちます。さらに、バイオ太陽光発電デバイスを製造するためのカーボンナノ材料の統合は、電力変換速度の向上に役立ち、さまざまな要求の厳しいアプリケーションでより良い代替手段となります。 超低電力デバイスの電源の改良 超低電圧デバイスと同様に、充電および電源の改善に向けた技術の進歩の拡大は、バイオ太陽光発電市場の主要な成長要因の1つとして機能する準備ができています。高・中規模の電力用途で発生する太陽エネルギーの即時使用を排除できるシステムの採用性が高いため、バイオ太陽光発電システムの需要は、予測期間中の低電力および超低電力用途に対してより多くの牽引力を持つ設定されています。さらに、従来のシリコン系PVの置換は、低および中電力用途向けの高スループットの微生物ベースのバイオ太陽光発電を用いて、予測期間2020-2025の後期段階で勢いを増す予定である。2018年、ケンブリッジ大学生化学・物理学・化学部門の研究者が協力して、太陽電池のより効率的な動作を特徴とする2室のバイオ太陽光発電システムの開発に取り組みました。この2室のアプローチを使用して、システムは電荷の散逸を最小にするとともに、充電ユニットと電力供給の両方のプロセスのための性能を同時に最適化するように設定されています。BPV細胞のスループット向上のためのこのような研究活動は現在進行中であり、2020-2025年の間にバイオ太陽光発電市場を牽引するように設定されています サンプルレポート@https://www.industryarc.com/pdfdownload.php?id=19360バイオ太陽光発電(BPV)市場の課題短い寿命基準をダウンロード 寿命が短いほど、バイオ太陽光発電市場の成長を妨げる大きな課題となっています。バイオ太陽光発電デバイスは、デバイスの安定性が低く、低レベルの発電を提供する懸念を抱く傾向があるため、さまざまな要求の厳しいアプリケーションで採用が少なくなっています。また、太陽電池の外に電子を移動させながら、容量が弱い光合成微生物を用いるために、他のタイプの光起電に比べて電力密度は一般的に低い。こうした要因は、本質的にバイオ太陽光発電市場の成長抑制に寄与する。 市場の状況 製品の発売に伴うパートナーシップと買収は、バイオ太陽光発電(BPV)市場におけるプレーヤーの重要な戦略です。バイオ太陽光発電(BPV)市場の主要なプレーヤーには、スイス環境技術AG、バイオソーラー社、ノボザイム、エコドゥナAG、T.O.Uミレニアムエレクトリック株式会社、上海新生社テクノロジー株式会社などがあります。 パートナーシップ/製品の発売/買収 2017年6月、ロンドンのインペリアル・カレッジとセントラル・セント・マーティンの研究者は、太陽光からのエネルギー収穫に光合成を利用するシアノ菌という微生物を用いたバイオソーラーパネルを開発しました。このパネルは、紙ベースの糖尿病モニター、大気質センサーなどのアプリケーションを提供します。 2019年9月、中国科学院は、40日以上動作できる電子流量が制約された合成微生物コンソーシアムをベースにBPVシステムを開発しました。 キーテイクアウト ポリマーセグメントは、高いエネルギースループットレベルを提供し、充電能力を強化しているため、バイオ太陽光発電市場の予測期間中に市場が大幅に成長すると予想されています。 APAC地域は、研究開発活動への高い投資と、より高い電力要件を引き起こす研究開発活動により、2020年から2025年の予測期間中にバイオ太陽光発電市場の大きな成長をマークすることが予想されます。 環境規制や環境にやさしいデバイスの活用に向けた政府の取り組みとともに、世界的なエネルギー需要の高まりは、バイオ太陽光発電(BPV)で大きなシェアを引き起こす成長要因の一部です。 市場。 関連レポート : A. 薄膜太陽電池市場 https://www.industryarc.com/Research/Thin-Film-Solar-Cell-Market-Research-504672 B. アフリカ太陽エネルギー市場 https://www.industryarc.com/Report/19053/africa-solar-energy-market industryARC について: IndustryARCは主に最先端の技術と新しいアプリケーション市場調査に焦点を当てています。当社のカスタムリサーチサービスは、市場の世界的な需給ギャップにおける絶え間ない流動に関する洞察を提供するように設計されています。当社の強力なアナリストチームは、お客様のビジネスにさまざまな選択肢を提供し、迅速にクライアントの調査ニーズに対応することができます。その他のカスタム要件は、当社のチームと話し合い、コンサルティングサービスについて詳しく話し合うためにsales@industryarc.com電子メールをドロップすることができます。

Contact Information:

Venkat Reddy
Sales Director
Email: venkat@industryarc.com
Website: https://www.industryarc.com
Phone: ( 1) 970-236-3677



Tags:    Japanese, Latin America, North America, Research Newswire, South America, United States, Wire