USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Apr 1, 2021 3:29 AM ET

ピアツーピア(P2P)2027年までの貸出市場技術目論見書 – オンデッキキャピタルピアフォーム、プロスパーマーケットプレイス、ソーシャルファイナンス、アップスタートネットワークによるビジネストレンド


iCrowd Newswire - Apr 1, 2021

ピアツーピア(P2P)レンディングは、異なる個人がオンラインプラットフォームの助けを借りてお金を貸し、借りることを可能にする債務ファイナンスの手順です。ピアツーピアローンに請求される利息の額は、従来のプライムローンと比較して少ないです。投資家はローンの一部のみを取得し、複数の買い手間でローンの金額を夕食します。ピアツーピア融資の需要の高まりは、より簡単な融資方法の結果として大幅な後押しを得ると予想されます。

自分のビジネスを開始する傾向と適切な資金の不足と学生ローンの需要の増加は、ピアツーピア融資市場の成長を促進する重要な要因の一部です。しかし、銀行などの他の貸出オプションに引き付けられた借り手は、ピアツーピア市場の成長を抑制することができます。異なる要因に基づいてローン金額を計算し、ローンを返済するための借り手の財務能力を見積もるさまざまなソフトウェアの採用は、世界的なピアツーピア融資市場の成長を促進しています。

https://www.theinsightpartners.com/sample/TIPRE00008062 でサンプル コピーを取得する

ピアツーピア(P2P)貸出業界レポートは、年間(2017年&2018年 – 歴史的年、2019年-基準年、2020-2027年予測期間)の包括的なバリュー市場分析を提供するために、グローバルおよび地域レベルでの調査を提供します。ピア・ツー・ピア(P2P)レンディング市場調査レポートは、現在の動向、市場成長の原動力、抑制に関する幅広い調査です。各市場セグメントは、地域(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南・中米)ごとに幅広く分析され、グローバル・レベルと地域レベルに関する情報を提供します。

この市場の主要なプレーヤーのいくつかは次のとおりです。

世界のピアツーピア(P2P)貸出市場は、展開、組織の規模に基づいてセグメント化されています。 本研究におけるセグメンテーションは、詳細な二次研究と広範な一次研究の後に確定されました。さらに、市場はまた、広く使用されている市場固有の用語を理解するために、業界の主要な参加者によって提供される技術に基づいてセグメント化されています。このように、我々は、研究のセグメントを組み込み、市場のセグメンテーションを確定しました。

この調査は、グローバルおよび地域レベルのピア・ツー・ピア(P2P)貸出市場(ドライバー、抑制、機会、課題)、市場規模の予測、価値、地域別、セグメント別の市場シェアの予測に影響を与える主な要因に関する詳細な情報を提供します。地域の市場ポジション。セグメントと成長のための国の機会;新製品開発、強みと弱み、ブランドポートフォリオ;マーケティングおよび流通戦略現在の競争と見通しからの課題と脅威。主要企業プロファイル、SWOT、製品ポートフォリオ、成長戦略。

インサイト・パートナーズ・ピア・ツー・ピア(P2P)貸出市場調査レポートのシナリオには、以下が含まれます。

このレポートでは、最終レポートの世界および地域レベルでのこの市場へのCOVID-19の影響に関する分析の詳細な章も取り上げています。

このレポートのコピーを https://www.theinsightpartners.com/buy/TIPRE00008062 に並べ替えます。

我々について:

インサイト・パートナーズは、アクション可能なインテリジェンスのワンストップ業界リサーチプロバイダーです。私たちは、シンジケートおよびコンサルティング研究サービスを通じて、お客様の研究要件に対するソリューションを得るのを支援します。私たちは生命科学、技術、ヘルスケア、製造、自動車および防衛、食品飲料、化学品等の専門家です。

Contact Information:

The Insight Partners
533, 5th Floor,
Amanora Chambers, East Block, Amanora Township,
Kharadi Road, Hadapsar, Pune-411028
Email :sales@theinsightpartners.com
Phone : 1-646-491-9876



Tags:    Europe, Japanese, Latin America, Research Newswire, United Kingdom, United States, Wire