USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Apr 5, 2021 12:28 PM ET

軍用個人用保護具市場は11.3%のCAGRで活況を呈し、2027年までに135,826万人に達する


iCrowd Newswire - Apr 5, 2021

熟練市場は、軍事個人保護具市場シェア、予測データ、詳細な分析と予測、2019-2020と題する新しいレポートを発表しました。報告書によると、2019年の世界の軍事用個人用保護具市場は12,020百万米ドルで、2027年までに135,826百万米ドルに達すると予測されており、2020年から2027年にかけて11.3%のCAGRで成長する見込みです。

軍用個人用保護具(PPE)は、戦闘中や訓練中、および敵の銃火災やその他の武器から軍人を保護するために使用される軍事装備の重要な部分と考えられています。これらの保護具はボディアーマー、呼吸マスク、戦術的なベスト、手袋、目の保護、高度な戦闘ヘルメット、呼吸器装置およびフットウェアを指す。軍のPPEはまた、生物学的、放射性、物理的および化学的危険から軍人を保護するために使用されます。これに加えて、市場プレーヤーは、防衛要員を保護するための革新的な技術の助けを借りて、軍の個人的な保護具の面でより多くの安全対策を構築することに焦点を当てています。

世界的な軍事個人用保護具Market@https://proficientmarket.com/sample/1418の無料サンプル PDF を入手

軍用個人用保護具市場:主要企業
調査調査には、世界の軍事個人用保護具市場で事業を展開する大手企業のプロファイルが含まれています。レポートでプロファイリングされた主なプレーヤーには、3Mカンパニー、ハネウェル・インターナショナル、アーマーワークス、イーグル・インダストリーズ、BAEシステムズ、デュポン、DSM、アーマーソース、MSAセーフティ、リビジョン・ミリタリーが含まれます。

世界の軍用個人用保護具市場の推進要因:
軍事・防衛に対する政府の支出と支出の増加は、世界の軍事用個人用保護具市場の成長を促進している大きな要因の一つです。これに伴い、テロの増加、戦争の事例、国境を越えた犯罪活動は、世界の軍事用個人用保護具市場の成長を促進しているもう一つの要因です。

世界の軍用個人用保護具市場の機会:
防衛活動に適した革新的で堅牢で軽量で高効率でコンパクトな保護具の設計と開発に役立つ技術の進歩の増加は、今後数年間で世界の軍事用個人用保護具市場の成長を促進することが期待される主要な要因の1つです。

世界の軍事用個人用保護具市場の抑制:
制服、アクセサリー、その他の保護具の重量が増加すると、軍人は防衛と戦闘状況で困難になり、世界的な軍事個人保護具市場の成長を妨げている主要な欠点または要因と考えられています。

地域賢明、世界の軍用個人用保護具市場分析:
地域に基づいて、軍事個人用保護具市場は北米、南米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東とアフリカに分類されています。北米は、軍事費の増加、不規則な戦争、地政学的紛争の増加により、市場で最大のシェアを占めました。アジア太平洋地域は、世界の軍事用個人用保護具市場でも最大のシェアを占め、ヨーロッパ地域が続いています。

Covid-19:世界の軍事用個人用保護具市場の影響と回復分析:
世界は人口の間で居心地の良い19パンデミックの不確実な上昇によって大きな影響を受けています。コロナウイルスの流行は、ビジネスのすべての分野だけでなく、人間の活動を混乱させ、邪魔しました。世界のほとんどの地域では、様々な活動に関して政府によって設定された完全な制限があり、これは世界的に軍事個人保護具市場のような産業の財政的安定性に大きな影響を与えています。軍事個人用保護具は、増加と普及から居心地の良い19スプレッドをサポートできる製造機器に移行しています。Covid-19危機のために、軍は手袋、呼吸保護、目と顔の保護などの保護具に多くを投資することによって、彼らの感染制御措置を拡大しました。

世界の軍用個人用保護具市場:製品分析
ボディアーマー
タクティカルベスト
戦闘ヘルメット
保護めがね
ライフセーフティジャケット
RPE

タイプに基づいて、ボディアーマーセグメントは、総収益の最大のシェアを占め、それは致命的な武器から保護として軍人によって広く使用されている弾道保護スーツの需要が高まっているためです。

世界の軍用個人用保護具市場:アプリケーション分析
陸軍
空軍
海軍

世界の軍事個人用保護具市場の需要は、政府が地上軍と軍隊の個人保護の改善に焦点を当てているため、陸軍から最も高いです。

世界の軍用個人用保護具市場:地域分析
北アメリカ
米国。
カナダ
メキシコ

ヨーロッパ
英国。
フランス
ドイツ
スペイン
イタリア
ヨーロッパの他の地域

アジア太平洋地域
中国
日本
大韓民国
東南アジア諸国連合
インド
その他のアジア太平洋地域

ラテン アメリカ
ブラジル
アルゼンチン
コロンビア
L.A.の残りの部分。

中東・アフリカ
トルコ
GCC
アラブ首長国連邦
南アフリカ
中東の他の地域

レポートを参照する: https://proficientmarket.com/report/1418/global-military-personal-protective-equipment-market

目次からの主なポイント:

軍用個人用保護具の概要
COVID 19の影響
エグゼクティブサマリー
軍用個人用保護具セグメント(タイプ別)(製品カテゴリ)
世界の軍用個人用保護具セグメント(アプリケーション別)
地域別の世界の軍事個人用保護具 (2015-2027)
ペステル分析
世界の軍用個人用保護具コンクール:メーカー別
会社 (上位プレーヤー) プロファイルと主要データ
世界の軍事個人保護具の地域別収益(2015-2020年)
世界の軍用個人用保護具の種類別収益
世界の軍用個人用保護装置のアプリケーション別分析
軍用個人用保護具製造コスト分析
マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー
世界の軍用個人用保護具予測(2020-2027)
研究成果と結論

Mr. Mr. Mr. 川ナード専門市場 1階, ハリクリシュナビル, サマルスナガー, ニューサンヴィ, プネ- 411027 インド 91-8149441100 (GMT 営業時間) 電子メール: sales@proficientmarket.com

Contact Information:

Mr. Suraj Kawade Proficient Market 1st Floor, Harikrishna Building, Samarth Nagar, New Sanghvi, Pune- 411027 India +91-8149441100 (GMT Office Hours) Email: sales@proficientmarket.com



Keywords:    Military-Personal-Protective-Equipment-Market
Tags:    Extended Distribution, Japanese, News, Research Newswire