USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Apr 14, 2021 2:25 PM ET

不当な死亡の主張:金銭的補償につながる可能性のある5つの損害賠償


不当な死亡の主張:金銭的補償につながる可能性のある5つの損害賠償

iCrowd Newswire - Apr 14, 2021

予期せぬ死は常に悲劇です。しかし、他人の過失や過失で死亡した場合、生存者は不当な死亡弁護士の助けを借りて不当な死亡訴訟を起こす可能性があります。遺族を補償し、失われた賃金、失われた交際、医療費、葬儀費用などの金銭的損害を取り戻すことを目的としています。 不当な死亡訴訟は刑事告発とは異なる。したがって、事件は民事裁判所で解決され、刑事裁判所は殺人容疑を処理します(もし持ち込まれた場合もあります)。被害者の家族は、彼らが彼らの愛する人の死の責任があると考える不当な死亡弁護士の助けを借りて、任意の人を訴えることができます。 この記事では、不当な死亡訴訟で被害者の家族が利用できるさまざまな種類の損害について徹底的に説明します。

金銭的な報酬の種類

他人の不正行為による事故の後に適用できるさまざまな種類の損害があります。その後、お客様は、発生した損害に対して、障害当事者から補償を受ける権利を有する場合があります。報酬の5つの最も一般的なタイプは、含まれています。

医療費・埋葬費用

あなたの愛する人が他人の過失や過失によって引き起こされた事故で命を落としたとします。その場合、ロサンゼルスの不当な死亡弁護士の助けを借りて、葬儀費用と一緒に医療費を回収することができます。事故の直接の結果であったすべての医療費は、過失のある人によって世話されなければならない。 医療費を回収するためには、医療費、支払い証明、その他の関連書類を含む費用の証拠を不正な死亡弁護士に提出する必要があります。医療費だけでなく、葬儀や埋葬費用も完全に回収されます。 資格があり、精通した人身傷害弁護士をお探しの場合は、キラコシアン法で最高のロサンゼルス人身傷害弁護士を訪問してください

失われた賃金

原告は、彼らが不当な死亡事故の犠牲者でなく、資格のある不当な死亡弁護士と多額の補償を受ける権利があるならば、彼らの愛する人が受け取ったであろう失われた賃金を主張することができます。 時には、故人の家族全員が、その人の収入に依存している。したがって、それは遺族の状況を悪化させます。被害者の予想収益の損失は、生存者にとって悪い状況を悪化させます。したがって、家族が彼らの生活を続けるのを助けるために、プロの人身傷害弁護士のサービスを得ることが重要です。

痛みと苦しみの損害

痛みや苦しみは非経済的損害の領域に落ち、あまり目に見えないと考えられています。しかし、これらの非経済的損害は、時には経済的損害よりも価値があります。 愛、ケア、指導、保護、アドバイス、トレーニング、交際の喪失は大きな時間を数え、訓練を受けた不当な死亡弁護士は、これらの非経済的損害に対する補償を得るのを助けることができます。配偶者やパートナー、子供、両親もコンソーシアムの損失に対する補償を受ける必要があります。 不当な死亡事件では、米国の多くの管轄区域が被害者の家族に痛みと被害を与えます。痛みと苦しみと裁判所によって授与される他のいくつかの非経済的損害は、米国ではかなり一般的です。

継承の喪失

愛する人が誰かの過失のために命を落とした場合、相続請求を失う権利があります。このタイプの損失の計算は複雑で、素人にとっては割れにくい。したがって、あなたが熟練した不当な死亡弁護士のサービスを利用することが重要になります。 相続損失の損害は、通常、受益者の財産に合理的に追加された資産の現在価値として計算されます。一部の州では、原告は、不動産の価値を計算することができるいくつかの証拠を示すために法律で義務付かれています。 金銭的な補償につながる可能性のあるこれらの5つの潜在的な損害に加えて、あなたはまた、いくつかの州で訴訟を起こすために発生した不当な死亡弁護士の手数料とコストを回復することができます。

懲罰的損害賠償

懲罰的損害賠償は、被告が被害者の家族に支払うように裁判所によって命じられた余分な資金として知られています。彼らは、障害のある人の行動が信じられないほど無謀であると判断された場合、または不正行為に邪悪な意図がある場合に支払わされます。 不当な死亡事件では、被害者の家族に損害賠償が科され、愛する人の死後に直面する困難に対する補償が確実に行われます。 懲罰的損害賠償が与えられる可能性のあるケースには、以下のものが含まれます。

懲罰的損害賠償に関する法律は、州によって異なります。被害者の家族に配布できる懲罰的損害の数には一定のパラメータがあります。懲罰的損害賠償とその一定の制限についての詳細を知るために、プロの不当な死亡弁護士に相談してください。

誰が不当な死のために訴えることができますか?

代表者は、愛する人の不時の死のために、苦しむ傾向がある生存者に代わって不当な死亡被害の訴訟を起こすことができます。訴訟を起動する可能性のある人々の中には、以下のものが含まれます。

近親家族

近親者は、米国のどの州でも不当な死亡弁護士の援助を受けて、不当な死亡行動の下で回復することができます。近親者には,配偶者,子供,養子,両親が含まれる。

ライフパートナーと金融扶養家族

死亡した人に依存している人は誰でも不当な死を訴え、経済的および非経済的損害に対する補償を請求することができます。 一部の州はまた、被害者との血縁結婚関係にないが、被害者の死のために金銭的損失を被った不当な死亡弁護士を通じて、人々が不当な死亡行動をもたらすことを可能にする

遠く離れた家族

一部の州を除くすべての州では、遠くの家族が不当な死亡訴訟を起こすことを許可しているわけではありません。これには,兄弟姉妹,祖父母が含まれます。

誰が不当な死のために訴えられるか?

不当な死亡弁護士は、企業、政府機関、従業員を含む不当な死亡訴訟で幅広い人々を裁判所に連れて行くことができます。キラコシアン法の経験豊富な不当な死亡弁護士は、経済的および非経済的損害に対する補償を得るために余分なマイルを行きます。

オーバー・ト・ユー

あなたやあなたの知人が他の当事者の過失や過失のために愛する人を悲劇的に失った場合は、最も資格のあるロサンゼルス人身傷害弁護士にあなたの状況について知らせてください。 遺族との豊富な経験から、私たちのプロの不当な死の弁護士は、愛する人を失った期間は、圧倒的な財政的課題はおろか厳しいことを理解しています。 私たちの精通した人身傷害弁護士は、クライアントの法的権利が保護され、彼らの精神的苦痛と財政的損失を完全に補償されていることを確認します。 事故後の金銭的損害賠償の詳細については、今日までご連絡ください。私たちは、無料の義務なしの相談をスケジュールすることによって、あなたを支援することを喜んでいます。

Contact Information:

https://www.kirakosianlaw.com/contact-us/



Tags:    Japanese, United States, Wire