USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Apr 16, 2021 10:05 PM ET

ボディローション市場 2021年、業界分析、規模、シェア、成長、動向、2027年までの予測


ボディローション市場 2021年、業界分析、規模、シェア、成長、動向、2027年までの予測

iCrowd Newswire - Apr 16, 2021

ボディローション市場 2020-2026

ボディローション市場の今後の動向、成長ドライバー、課題」というタイトルの新しい市場調査がフュージョンマーケットリサーチで取り上げられました。

形容

ボディローション市場のこの世界的な研究は、既存の市場動向、ドライバー、制限、および指標の概要を提供し、また重要なセグメントのための視点を提供しています。このレポートでは、市場の製品およびサービス需要の成長予測も追跡します。研究アプローチには詳細なセグメントレビューもあります。世界のボディローション産業の地域調査は、北米、ラテンアメリカ、アジア太平洋、ヨーロッパ、および近東アフリカでも行われています。このレポートでは、地域市場の成長パラメータと、地域の成長を支配する主要なプレーヤーについて言及しています。

無料サンプルレポート@ @ https://www.fusionmarketresearch.com/sample_request/2015-2025-グローバルボディローション – 市場- タイプ別、エンドユースと地域別の研究 -(COVID-19バージョン)

世界のボディローション市場シェア、メリット、ボリューム、地域、ドライバー、機会、トレンド

ボディローションは、肌に潤いを与えることで肌の質を向上させるのに役立つコンディショナーと見なされることが多い。フュージョン・マーケット・リサーチ(FMR)の新しいレポートによると、2019年の市場価値は504億5000万米ドルに関して、世界市場規模は2025年までに800億5000万米ドルに達すると予測されており、2020年から2025年にかけて8.01%のCAGRで成長している。近年、汚染や皮膚問題の増加により、パーソナルケア市場の需要が増加しています。 最近の傾向に従って、パーソナルケアセクションでのボディローションの適用は、スキンケア意識のために堅牢なブーストを見ています。皮膚の滑らか化、皮膚の傷の軽減、栄養、日焼けからの皮の保護などの主な利点は、化粧品業界の発展における成長因子です。調査報告書では、18-29歳までの世界中の人口の42%が日常的に皮膚栄養を使用しています。一方、上記の30~59~60歳の年齢層は、それぞれ平均35%と23%のスキンクリームを使用しています。FMRによる分析データによると、市場は化粧品セクションの下で世界地域の量の45%を保持しています。気候や地理の性質上、市場は年齢、肌の種類、香りなどの様々なセクションに分布していることが分かります。

パーソナルケアは毎日のルーチンの一部であり、個人は化粧品が非常に有用であり、皮膚に栄養を与えるのに役立ち、有害な放射線から身体を保護し、皮膚の水分補給に役立ちます。ビタミンA、B、C、Eなどのボディケアローションに重要なミネラルオイルやビタミンが存在するなどの他の機能のために、市場の成長を高めています。しかし、ミネラルオイルや香料などの化合物の存在により、アレルギー反応が観察され、ココナッツオイルの使用などのホーム修復オプションに人口がシフトし、市場成長率が減速するケースもあります。特に皮膚科製品に関連する様々な製品の導入のような機会は、市場の成長を後押しします。さらに、自家製の救済策や他の鉱物油の使用のような代替品のようなオプションは、市場の成長のための課題になります。

分析によると、パーソナルケアセクションは、特に北米とヨーロッパ地域の分散市場を持っています。北米は、主要企業の存在により、2019年中に2019年に20億米ドルの収益を生み出すという点で最大の市場です。個人の衛生状態の増加や、日焼けやほこり、自然に見つかる花粉粒などの皮膚疾患に関連する症例により、市場は今後5年間の地位を維持する見込みです。欧州は、パーソナルケア部門に向けた研究開発資金に貢献している企業の進化により、同じ期間に市場規模が2番目に大きい市場株主であると考えられています。しかし、アジア太平洋地域は、2020年から2025年の間にxx%の概算CAGRで最も速い速度で成長する傾向があります。パーソナルケア製品セクションの化粧品のユーザーの増加に。米国企業の最近の発表の一つで、メルロースキンケアは、赤ブドウから利用できる抗酸化特性を含むすべての年齢層のための新しいボディローションを導入しました。肌の中に水分をそのまま保ち、肌の早期の腐敗を防ぐアンチエイジングボディローションとして導入されています。

世界のボディローション市場-競合情勢

ボディローション市場は、断片化した市場をもたらす優れたプレーヤーの数が多いです。主要なプレーヤーのリストは次のとおりです。

世界のボディローション市場- セグメンテーション

フュージョンマーケットリサーチは、タイプ、アプリケーション、流通チャネル、エンドユーザー、地域に基づいて世界のボディローション市場をセグメント化しました。

世界のボディローション市場の見通し(売上高、10億米ドル、2020-2025年)

世界のボディローション市場の市場の見通し(収益、10億米ドル、2020-2025年)

世界のボディローション市場流通チャネルの見通し(売上高、10億米ドル、2020-2025年)

世界のボディローション市場のエンドユーザーの見通し(売上高、10億米ドル、2020-2025年)

世界のボディローション市場地域の見通し(売上高、10億米ドル、2020-2025年)

チェックディスカウント@ https://www.fusionmarketresearch.com/request_discount/2015-2025 -グローバルボディローション – 市場- タイプ別、エンドユースと地域別の研究 -(COVID-19バージョン)

続ける。。。

お 問い合わせ

sales@fusionmarketresearch.com

PH : (210) 775-2636

お 問い合わせ

sales@fusionmarketresearch.com

PH :
(210) 775-2636

Contact Information:

CONTACT US

sales@fusionmarketresearch.com

PH :
+(210) 775-2636



Keywords:    Body Lotions, Body Lotions Industry, Body Lotions Market Trends, Body Lotions Industry Trends, Body Lotions Market Growth, Body Lotions Market Size, Body Lotions Manufacturer, Global Body Lotions Industry, Global Body Lotions Market Trends
Tags:    iCN Internal Distribution, Japanese, News, Research Newswire