USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Apr 19, 2021 4:54 PM ET

ロサンゼルスでハラスメント弁護士を雇う前に知っておくべき8つのこと


ロサンゼルスでハラスメント弁護士を雇う前に知っておくべき8つのこと

iCrowd Newswire - Apr 19, 2021

あなたの性別、性別、人種、または職場の他の要因のために嫌がらせを経験することは、ロサンゼルスの労働者にとって苦痛で恐ろしい経験です。したがって、インシデントが発生した後に正しい進め方を知ることは困難です。最良のアプローチ?ロサンゼルスの ハラスメント弁護士 を雇い、法的な助けを借りてください。

露骨な申し出、身体的行為、望ましくないジョーク、または口頭でのコメントは、セクシャルハラスメントの明白な兆候を提供します。しかし、進行中の微妙な出来事を伴う条件はまた、ハラスメントの主張に盛り上がることを与えます。

あなたやあなたの知人がハラスメントの標的となっているかどうかを確認する最良の方法の1つは、ロサンゼルスの知識豊富なハラスメント弁護士からの指導を追求することです。彼らは、利用可能な法的救済策とあなたの基本的権利を特定するのに役立つ法的専門知識を使用します。彼らはまた、あなたの潜在的な主張を投資し、進め方に関する戦略を立てることによって、彼らのサービスを提供しています。

しかし、ハラスメント弁護士を雇う前に知っておかなければならないいくつかの重要な要因があります。それ以上の気持ちを込めずに詳細を見てみましょう。

1. ハラスメントの定義を知る

ハラスメントには、望ましくない進歩をするような不適切な行動だけが含まれるわけではありません。私たちは最も一般的に、ハラスメントをあなたの外見に関する望ましくない進歩や不適切なコメントに結び付けますが、男性か女性かにかかわらず、性別に基づく差別的な行動で構成されています。

異なるシフト、異なる仕事を与えられている場合、または女性であることの機会や昇進のために引き継がれている場合、これはセクシャルハラスメントとも見なされます。

2. 会社の方針を認識する

各企業は、ハラスメントの申し立てをしたい場合にどのような措置を講じればいいかを労働者に伝えるハラスメントに関する設定されたポリシーを持っています。このポリシーとプロセスは、従業員契約、ハンドブック、または別のドキュメントから簡単に入手できる必要があります。

このポリシーは、誰に通知するか、どのような証拠を提供する必要があるか、適切な手順が講じられていない場合に何を行うべきかなどの情報で構成する必要があります。ポリシーに段階的に従います。

3. 辞職は訴訟の可能性を撤回する可能性がある

嫌がらせを受けた場合は、できるだけ早く会社を辞めたいかもしれません。しかし、ロサンゼルスの管轄区域に従って、もはや会社の従業員ではない場合は、彼らのポリシーに関する嫌がらせの申し立てを行うことはできません。そして、請求がなければ、法的手続きを行わない可能性は明らかです。それでも辞めることを選択した場合は、訴訟を起こし、ハラスメント弁護士の助けを借りて証拠を遵守した後に行ってください。

4. 守り方を知る

多くの女性は、彼らがさらに差別されたり、職を失うことを恐れて、嫌がらせの申し立てを行いません。ハラスメントの申し立てでは、あなたの会社がタイトルVIIの下であなたに反撃することは実際には違法です。

タイトルVIIはまた、あなたがハラスメント事件で同僚や他の従業員をサポートしている場合、あなたを守るので、あなたがそれの直接的な一部ではない場合でも、証人の証言を与えるか、事件の調査に貢献することを躊躇しないでください。

5. 貴社は調査が必要です

ハラスメントの申し立てを延期する場合は、雇用主の責任で調査を進める必要があります。これは、職場全体が調査手順に従事する必要がある可能性があることを意味します。また、嫌がらせをした人は、たとえ雇用主が匿名であることを保証したとしても、あなたがそれらを報告したことを知っている可能性があることを意味します。

ハラスメントがオフィスの他の人に受け入れられないコメントをしない限り、彼らは間違いなくそれをまとめることができるようになります。

6. あなたの嫌がらせは必ずしも終了するとは限りません

ロサンゼルスのハラスメント弁護士を通じてハラスメントの申し立てを行ったからといって、ハラスメントが解雇されるとは限りません。イベントが非常に一貫しているか、厳しい場合を除き、あなたの嫌がらせ者はおそらく終了するつもりはありません。それにもかかわらず、あなたの雇用主は、そのようなタイプのハラスメントの発生を止めるために追加の予防措置を講じる必要があります。

これには、特別なトレーニングプログラム、ハラスメントを別の場所に移す、またはあなたとあなたの嫌がらせ者を分割することが含まれている可能性があるため、建物内で向き合ったり通信したりする必要はありません。

7. 1回限りの出来事は訴えるには十分ではないかもしれない

幸いなことに、孤立したイベントは、おそらくケース全体を構築するのに十分ではありません。しかし、これは会社の方針を通じてハラスメント事件を報告すべきではないことを示すものではありません。今回はおそらく孤立した事件ですが、再発犯罪に変わる可能性があります。ハラスメントの発生に対処するための文書を持つことは、ケースにとって重要です。

ハラスメント事件の報告は、オフィスの他の同僚が同じことを行っている可能性があるかどうかわからないため、不可欠です。

8. 自分に 合ったことを 行う

あなたの雇用主が適切な方法で職場であなたを安全に保っていると思うなら。雇用 機会均等委員会 に会社を報告したり、ロサンゼルスでハラスメント弁護士を雇ったりすることに関しても、そうすることを恐れてはいけません。

性別による差別や嫌がらせを受けた場合は、事件を明るみに出し、適切な措置を講じることができるように、必ず必要な措置を講じてください。自分を守るために何をする必要があるかを知ることは、職場でのセクシャルハラスメントに終止符を打つ第一歩です。

ロサンゼルスでハラスメント弁護士を雇う前に質問する

被害者であること、あるいは性犯罪の告発者であることは非常に深刻です。セクシャルハラスメントの申し立てはしばしば真剣に受け止められ、性犯罪の罪を犯していると、主張が正しいかどうかに関係なく、あなたの社会的評判を台無しにする可能性があります。

セクシャルハラスメントを経験したことや告発されたことがある場合は、公正な裁判の権利を擁護し、あなたの評判の損害をカバーするのに役立つハラスメント弁護士を求めることが重要です。

あなたのケースのためにロサンゼルスの暴行弁護士にインタビューする際には、デューデリジェンスを行い、次のすべての質問をし、最終的には、最適な弁護士を選択する方が良いです。

採用前にハラスメント弁護士に次の質問をする:

ロサンゼルスでハラスメント弁護士を雇う方法は?

ロサンゼルスの誰もが差別や嫌がらせのない職場に値します。 キラコシアン法では、 ハラスメントを見落とした雇用主に対処することで、ハラスメントの被害者を支援し、個人を告発します。

私たちの法律事務所はロサンゼルスに中心にあります。創設弁護士グレッグ・キラコシアンは、一般の人々に優勢な組織を引き受けるためにサービスを提供することによって、献身的かつ熱心に法律を実践しています。これには、以下が含まれます。ロサンゼルス地域の業界は、スタッフを守るのではなく、ハラスメントの報告を無視します。

あなたの側にグレッグを持って、あなたはあなたの雇用主のラップを取り除き、あなたが経験した害の補償を得る高いチャンスを持つことになります。

ハラスメント法に関する法的オプションを学び、弁護士との無料の最初の相談をスケジュールするには、キラコシアン法(213)986-5389までお電話ください。

これらのブログは、純粋に教育目的を意図しています。法的事項に関する一般的な情報のみが含まれています。彼らは法的助言ではなく、そのように扱われるべきではありません。法的な問題について具体的な質問がある場合は、弁護士に相談する必要があります。

Contact Information:

please call Kirakosian Law at (213) 986-5389.



Tags:    Japanese, United States, Wire